楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    ポーラのリンクルショットはほうれい線に効果あり!圧倒的浸透力!!

    ポーラ リンクルショット 効果ない

    ポーラのリンクルショットがほうれい線に効果があるのか気になっていませんか?

    ここでは、リンクルショットのほうれい線への効果について徹底的に調査しましたので参考にしてくださいね!

    Contents

    ポーラのリンクルショットはほうれい線に効果あり?

    先に結論を申し上げますと、ポーラのリンクルショットは現存するどの化粧品よりもほうれい線に効果があります。

    ポーラ独自開発の有効成分である「ニールワン」はリンクルショットにしか含まれておらず、このニールワンは世界で初めて「真皮」まで届かせることに成功した歴史的にとてもすごい成分なのです。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    よく、シワ化粧品に「乾燥による小じわを防ぐ」と記載されていますが、目尻の笑いジワや口元のほうれい線などのシワは乾燥による小じわではなく、肌の深層部分である真皮から刻まれてしまった深いシワに該当します。

    確かに保湿成分などで乾燥を防ぎ、笑いジワやほうれい線を目立たなくすることは可能ですが、そのような化粧品では真皮シワに対して改善や予防をする効果はないと言って良いでしょう。

    これでは老化とともに増えてしまうシワへは「付け焼き刃」「焼け石に水」状態となってしまいます。

    後ほどご説明しますが、厚生労働省が認めたシワを改善する効果がある有効成分はニールワン・レチノール・ナイアシンアミドの3つとなっています。

    ビタミンCやビタミン誘導体などもコラーゲンの生産促進やターンオーバーを促進してくれますので一応シワ改善効果はありますが、ビタミンCはどちらかと言うとシミやくすみへの効果の方が強いです。

    ニールワンはこの中でも1番シワ改善効果の高い有効成分ですので、ほうれい線に悩んでいる方にとってはまさに救世主となってくれる世界で唯一の成分となっています。

    \お得なハーフセットや限定キット発売中/

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    シワの原因は?

    ポーラのリンクルショットがなぜほうれい線に効果があるのかをお伝えする前に、シワの原因について簡単にご説明したいと思います。

    シワの主な原因はコラーゲンやエラスチンの減少と、紫外線による活性酵素の増産です。

    活性酵素というのは老化とともに増えてしまう酵素のことで、この酵素が増えていくことで肌の老化(シミ・くすみ・シワ・ターンオーバーの遅延など)が進んでいくことになります。

    紫外線を浴びると活性酵素が体内で増えてしまうので、老化が早まってしまいます。

    この紫外線対策として有効なのがビタミンCやビタミン誘導体などを含んだ化粧品です。

    例えばメラノCCにはビタミンC誘導体が含まれていますが、ビタミンC系には抗酸化作用というものがあります。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    抗酸化作用と言うのは紫外線から肌を守ってくれる作用のことで、その点で言えばメラノCCなどのビタミンC系が含まれている化粧品もシワへの効果はあります。

    また、ビタミンC系はコラーゲンの生産促進やターンオーバーも促進してくれますので、内部から間接的にシワ改善へと導いてくれる成分となっています。

    ですが、ニールワン・レチノール・ナイアシンアミドなどのようにシワ改善効果は厚生労働省に認められておらず、この3つの有効成分に比べると効果は穏やかです。

    次にコラーゲンやエラスチンの減少です。

    笑ったり怒ったりすると顔の筋肉が収縮しますが、シワは筋肉が収縮することの多い目元や口元へ集中します。

    このメカニズムは表情を動かした際に生じる摩擦に真皮に存在している好中球エラスターゼが反応し、真皮に存在しているエラスチンという弾力繊維(たんぱく質)を破壊してしまうことが主なシワの原因となっています。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    好中球エラスターゼは身体の防衛機能のようなもので、雑菌やウイルスが体内に侵入した際にその侵入してきた雑菌などのたんぱく質を破壊することで活動を弱らせるために生まれるものです。

    ですが、わずかな筋肉の収縮でもこの好中球エラスターゼが反応してしまい、破壊されてしまったエラスチンが蓄積することによりほうれい線などの深いシワを刻んでしまうのです。

    コラーゲンやエラスチンは真皮で生成されていますので、シワの根本的原因を改善させるならば真皮まで成分が到達しなければ意味がありません。

    現存しているほとんどの化粧品は肌の表面である角質層までしか成分が届かない為、シワ改善を誤認させたものか、乾燥による小じわを防ぐといったあいまいな効果を記載しているのでシワ改善効果は非常に低いものとなっています。

    ポーラのリンクルショットがほうれい線に効果がある理由

    ポーラのリンクルショットがなぜほうれい線に効果があるのかについてご説明したいと思います。

    リンクルショットがほうれい線に効果がある理由①ニールワン

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    なぜポーラのリンクルショットがほうれい線に効果があるのかと言うと、リンクルショットには破壊されてしまうエラスチンと似た構造のニールワンが含まれているからです。

    ニールワンがエラスチンの代わりに好中球エラスターゼと反応することによってエラスチンを守ってくれます。

    ニールワンが身代わりとなってエラスチンを減らさないようにすることで、エラスチンの減少というシワの原因である1つを排除することができるのです。

    リンクルショットがほうれい線に効果がある理由②コンドロイチン硫酸

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    リニューアル前のリンクルショットにはニールワンのみが含まれていましたが、リニューアル後のリンクルショットにはニールワンの働きを高めてくれるコンドロイチン硫酸を増やす効果のある成分が新たに配合されています。

    コンドロイチン硫酸とは身体全体に存在している体内の成分のことで、傷が治る時に増加する成分です。

    傷とシワは肌表面に溝を作ると言う部分は同じですが、シワの溝の部分にはコンドロイチン硫酸は少なく、あくまで傷ができた時に生産される成分となっています。

    コンドロイチン硫酸は繊維芽細胞というコラーゲンやエラスチンの生産をする細胞を呼び寄せるので、傷が早く治るようにコラーゲンやエラスチンを傷の箇所に増産させると言った特徴があります。

    また、好中球エラスターゼを放出する好中球が真皮に集まるのを抑制する効果も兼ね備えています。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    コンドロイチン硫酸は体外では生産できないので、ポーラではコンドロイチン硫酸を増やす効果のある成分である油溶性カモミラエキスと油溶性アルニカエキスを配合した複合エキを新たに配合しています。

    これによりニールワンの働きを高め、コラーゲンやエラスチンを増産させると言った相乗効果が期待でき、その効果は従来のリンクルショットの2倍ものシワ改善効果があるとされています。

    【コンドロイチン硫酸の効果】

    ・好中球エラスターゼの量が少なくなる

    ・コラーゲンやエラスチンが増産される

    ・ニールワンの効果を高める

    その他にも肌の細胞修復に効果のある植物性エキスを多数配合しているので、ニールワンだけでは補えなかったコラーゲンやエラスチンの増産も兼ね備えたまさにシワ改善化粧品の王様と言えるでしょう。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    ポーラのリンクルショットがほうれい線に効果がある理由③高い評価

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    成分的な話ではないのですが、リンクルショットがほうれい線に効果がある理由の1つとして口コミの評価が高いことが挙げられます。

    アットコスメでは口コミ件数約770件の内、7段階評価で5.3というかなりの高評価を得ています。

    しかもこれはリニューアルしてからの口コミ件数となっており、以前のリンクルクリームでは1000件近くの口コミ件数があり、高い支持を得ていました。

    シワ改善化粧品はどうしても肌に合わないことがあるので評価が分散してしまうことが多いのですが、その中でもリンクルショットの評価はトップクラスとなっています。

    ちなみに、アイケア・アイクリーム1位の豆乳イソフラボンのリンクルアイクリームにはレチノールが配合されているので、小じわなどの浅いシワへの効果が早いことから高評価を得ています。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    しかし、ほうれい線などの深いシワには効果が薄いため将来的に増えてしまうシワへの改善にはリンクルショットの方が効果は高いです。

    豆乳イソフラボンのリンクルアイクリームの口コミとポーラのリンクルショットの口コミ内容を比較してみるとこのような違いがあります。

    豆乳イソフラボン・アイクリーム

    ・肌にハリが出た

    ・乾燥が抑えられた

    ・小じわが目立たなくなった

    ポーラ・リンクルショット

    ・ほうれい線が薄くなった

    ・目元のシワが改善された

    ・肌がしなやかになった

    ・肌がふっくらした

    同じシワを改善させるエイジング目的の化粧品ではあるものの、効果の違いがあるのでどういったシワを改善したいかによって使い分けると良いかと思います。

    \お得なハーフセットや限定キット発売中/

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    ポーラのリンクルショット以外にほうれい線に効果がある化粧品は?

    ポーラのリンクルショット以外にもほうれい線に効果のある化粧品は存在します。

    それは先程の厚生労働省が認めたシワ改善効果のあるニールワン・レチノール・ナイアシンアミドが含まれている化粧品です。

    ニールワンはリンクルショットにのみ配合されていますが、他のレチノール・ナイアシンアミドは様々な化粧品に配合されている成分となっています。

    レチノールはほうれい線に効果ある?

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    レチノールには6つの種類があり、それぞれ効果や刺激が異なります。

    レチノールはビタミンAの正式名称で、コラーゲンやエラスチンの生成を促進する効果や肌のターンオーバーを早める効果があります。

    しかし、成分は角質層までしか届かないので、深く刻まれてしまったシワへの効果は低いです。

    レチノールの中でもパルミチン酸レチノールやプロピオン酸レチノールはより効果が低いので、しっかりと効果を感じたいのであればピュアレチノールや純粋レチノールと呼ばれるレチノールがおすすめです。

    この純粋レチノールが配合されている化粧品は非常に数が少なく、おすすめなのはエリクシールのスポットクリアセラムです。

    このスポットクリアセラムはアットコスメでも美容液ランキング6位に入っており、この上位互換であるエリクシールのシュベリエルエンリッチドリンクルクリームはアイケア・アイクリームランキングで2位に入っています。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    シュベリエルエンリッチドリンクルクリームの方が価格が高く、肌に良いとされる有効成分がスポットクリアセラムよりも配合されていますが、シワ改善効果はどちらも変わらないのでお求めやすい価格のスポットクリアセラムの方が使いやすいかと思います。

    ナイアシンアミドはほうれい線に効果ある?

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    ニールワン・レチノール・ナイアシンアミドの3つのシワ改善有効成分の中でもっとも刺激が少なく効果が穏やかなのがナイアシンアミドです。

    ナイアシンアミドはビタミンB3のひとつで別名はニコチン酸アミドと呼ばれています。

    表皮だけでなく真皮にも成分が到達可能なことから厚生労働省にシワ改善効果が認められてはいますが、効果グレード評価というどのような効果があったか明記される評価軸においてそのデータが非公開になっているので、シワを改善する詳細なメカニズムが明らかになっていない成分です。

    その為、他の2つの有効成分よりも効果が穏やかであると推定されるので、できてしまったシワへの効果は低いものと考える方が良いでしょう。

    しかし、美白作用も兼ね備えているのでこれからできてしまうシワ・シミ予防には効果的な成分となっています。

    ナイアシンアミドが配合されている化粧品で有名なものが極潤と無印のエイジングクリームです。

    どちらの化粧品にもナイアシンアミドが含まれているので、20代・30代のこれからのシワやシミへの予防として取り入れていくには良いかと思います。

    ですが、40代・50代などの今あるシワに悩んでいる方にとっては物足りない効果となってしまうので、その場合はニールワンやレチノールが配合された化粧品を使用した方が効果を感じやすいです。

    どれが1番ほうれい線に効果があるの?

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    ↑タップできます。

    ポーラのリンクルショット・エリクシールのスポットクリアセラム・極潤や無印のエイジングクリームの中で、ポーラのリンクルショットが1番ほうれい線に効果が高いです。

    リンクルショットは現存している化粧品の中で1番シワ改善効果が高く、ニールワンという成分はポーラ限定の独自成分ですので他社も真似することはできません。

    使い続けた分だけシワが改善されていくので継続的な使用が望ましいですが、リニューアルしたリンクルショットであれば、レチノールのように即効性を感じることもできるようになっています。

    デメリットとしては他と比べると価格が高いこと、シミやくすみへの効果は低いことが挙げられます。

    ですので、夜はリンクルショット、朝はメラノCCなどと他の化粧品と組み合わせて使用されるのも良い方法だと思います。

    ニールワン・レチノール・ナイアシンアミドを併用することは可能ですが、ビタミンCはレチノールとの相性が悪いので、混ぜることのないよう朝・夜など分けて使用してください。

    リンクルショットのメディカルとジオの違い

    リンクルショットにはご説明してきたメディカルセラムの他にジオセラムという美容液があります。

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果

    記事冒頭でシワの原因は真皮のコラーゲンやエラスチンの減少ということを書いていますが、エラスチンが減少してしまう原因は筋肉の収縮により好中球エラスターゼがエラスチンを破壊してしまうことだとご説明しました。

    メディカルセラムはこの出現してしまった好中球エラスターゼと反応することでエラスチンの減少を抑制する効果があるのですが、ジオセラムは肌を柔軟にすることにより好中球エラスターゼを出現させないように作用する美容液となっています。

    表情に合わせてしなやかに動く肌になるよう肌の柔軟性に着⽬したモーショSリキッドや、しなやかに動く肌をサポートするNEREリキッドを配合しているので、好中球エラスターゼが出現しない肌へと導く美容液がジオセラムです。

    ただ、ジオセラムはすでにできてしまったシワへの効果は低いので、これからできてしまう潜伏ジワの予防として使用するには最適ですが、ほうれい線や目じりのシワにはメディカルセラムの方が効果が高いです。

    ですので、ジオセラムの後にメディカルセラムと併用するのが最もシワ改善へと繋がります。

    ポーラのリンクルショットのほうれい線への効果まとめ

    ここでは、ポーラのリンクルショットのほうれい線への効果について書いていきました。

    リンクルショットは世界で初めてシワ改善効果が認められたニールワンという成分が配合されている優れた化粧品です。

    リニューアル前のリンクルショットではほうれい線などの深く刻まれているシワへは継続的に使用しなければ効果を感じることが難しかったのに対し、リニューアル後のリンクルショットであればニールワンの働きを高める効果のあるコンドロイチン硫酸を呼び寄せる植物性エキスが多数配合されているので、即効性を感じることが可能となっています。

    浅いシワから深いシワまで気になるシワ全てに対応できるリンクルショットであれば、老化とともに増えてしまうシワや、それに伴うストレスやプレッシャーなどから解放され心身ともにエイジングできることと思います。

    リンクルショットはシワに悩んでいる方に最適な化粧品ですので、ぜひ1度試してみてくださいね☆

    \お得なハーフセットや限定キット発売中/

    ポーラ リンクルショット ほうれい線 効果
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents
    閉じる