楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    ビーグレンを買ってはいけない5つの理由!絶対に改善したい方へ!

    ビーグレンはを買ってはいけない理由を5つ書いています!

    ビーグレンだけでなく絶対に肌トラブルを改善したい方に向けて書いていますのでぜひ参考にしてくださいね!!

    Contents

    ビーグレンを買ってはいけない理由①肌が黄ばむ?

    早速ですが、ビーグレンを買ってはいけない理由の一つ目としてCセラムについて解説していきたいと思います!

    ビーグレンCセラムは、美白美容液として優秀だけれど使い方を間違えると美白どころかお肌が黄ばむ原因にもなってしまいます!

    美白したいのにお肌が黄ばんでくるなんて・・やってらんないよーー!もしかしたら、副作用?そう感じている人もいるかも知れないですネ。

    ビタミンCの特徴を理解してから使わないと、黄ばむこともあるかも知れません。

    今まで他のメーカーのビタミンC美容液を使っていたけど、黄ばむことはなかったのにどうして?って感じている人もいるかも知れません。

    それは、ビタミンCの種類や濃度による違いが大きいんじゃないかと思います。

    元々、ビタミンCは紫外線の影響を受けやすい美容成分。

    Cセラムがエアレスチューブになっていることを考えても、不安定な成分だということがわかると思います。

    お顔に塗った後、何も塗らないでいれば、紫外線の影響をモロに受けますよね。

    ビタミンCを塗った後紫外線をじかに浴びると、お肌は黄色く黄ばんでくるんです!

    ビーグレンのCセラムは、ピュアビタミンC。しかも濃度は7.5%。

    かなり濃度が高いゆえ、紫外線を浴びると黄ばみやすいんです。

    夜に使う分には良しとしても、朝に使う場合はCセラムの後にUV効果がある化粧下地やファンデーションを。

    ファンデーションを使わない日は日焼け止めクリームを。

    これは必須事項!

    UV対策がしっかりできていれば、お肌が黄ばむこともありません!

    他のメーカーのビタミンC美容液では何でもなかったのに・・って感じている人は、多分濃度の違いじゃないかと思います。

    でも、濃度は低くてもビタミンCが入っていれば黄ばみはあるはず。気付かない程度に黄ばんでいるのかも知れません。

    実感度が高いアイテムほど、使用法は大切。美白するはずなのに黄ばむなんて、笑えないですもんね。

    中には、副作用だと思い込み「ビーグレンは買ってはいけない」って言う人もいるとかいないとか・・。

    正しい使用法を守れば結果はついてきます。

    Cセラムは毛穴トライアルとエイジングケアトライアルに入っています。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレンを買ってはいけない理由②乾燥する

    超乾燥砂漠肌の私…ホワイトケアセットに始まり、小じわクリームトータルリペアアイセラムをプラスして使っているんだけど晩秋~冬はちょっと物足りないな~温かい季節は感じないんですけど、空気が乾燥する冬になるとお肌が突っ張るような乾燥を感じるように。

    夏は湿気に騙されてしまうわけで、お肌の乾燥具合は夏も冬も同じなんですけどね。

    やっぱり冬は乾燥ぴきぴきが辛い。このままじゃあ無理じゃね?ヤバくね?ってことで、ビーグレンでお肌が乾燥する!そう感じた時の私の使い方をご紹介します。

    お手入れ法・使い方は2つ。

    ・QuSomeモイスチャーゲルクリームをプラスする

    ・スキンケアオイルをプラスする

    ①キューソームモイスチャーゲルクリームをプラスする

    ビーグレンCセラムは、どんな肌悩みにも対応してくれるスペシャルアイテムなんですけど、その性質上、乾燥しやすい美容液なんですよ。

    ピュアビタミンCが7.5%の濃度ですからね。正直、潤いが物足りません。

    Cセラムの後に、QuSomeモイスチャーリッチクリームを塗ってもびみょー。

    そこで、プラスしたのがQuSomeモイスチャーゲルクリーム。

    ビーグレンアイテムの中では、ちょっと地味で目立たない存在ゆえ、使い方も良くわからない・・・っていう人も多いんじゃないかと、
    でもこれが超保湿ゲル!

    私も使い込むのは遅かったですが、使い始まったら手放せなくなりました。

    Cセラムの後にプラス。お顔全体に塗って、しっかりとハンドプレスします。

    ハンドプレスしていると、手触りが違ってくるので、これが浸透の合図。

    ものすごっく乾燥しいるときは、お風呂上りにQuSomeモイスチャーゲルクリームを塗って、ラップパックをすると◎

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ラップで密閉されることでお肌が柔らかく、更に浸透しやすくなります。これを何日か続けます。

    写真の目元は、ローションを染み込ませたコットンです。コットンなしでラップパックするだけでもOKです。

    どうしてローションを染み込ませたコットンを使っているのかっていうと、目の下に直にラップをのせると密着してしわしわ~っとなりやすいから。

    そのままクセになることはないんですけどぞぞーっとしたので、ラップが直接お肌に触れない様にコットンをのせてます。

    継続していると、ラップパックなしで、塗るだけでも乾燥を感じなくなりますよ。

    ②スキンケアオイルをプラスする

    この方法は、QuSomeモイスチャーゲルクリームを使う前にやっていた方法です。

    QuSomeモイスチャーゲルクリームの在庫がない時にもやっています。

    ある時、お風呂でお顔のオイルマッサージをしたんです。

    お風呂から出た後、オイルがついたままのお顔に普通にビーグレンでいつものスキンケアをしたらば、いつもよりお肌の調子が良く乾燥を感じにくかったんですよ。

    いいかも~お肌がしっとりして丁度いい♪・・・って思っていたんだけど、でも、ここでちょっと疑問が。

    美容オイルを塗ったら、いくら浸透技術を使っているビーグレンとはいえ、浸透するのかな?

    ってことでカスタマーセンターに聞いてみました。

    美容オイルを塗ると、確かに浸透力は落ちるそうです。でも、お肌のターンオーバーはキチンと潤った状態でこそできるもの。保湿は大切!ターンオーバーが整っている状態が、一番浸透力を発揮するため、使ってお肌の調子がいいのならそのままでいいとのこと。

    お肌は一番に潤わないと美肌はあり得ない!のです。

    もし、手元に美容オイルがあるのならば、最初にこの方法を試してみてもいいと思いますよ。

    そして、クリームに美容オイルを混ぜて使ったら・・・どう?という疑問が。

    また、カスタマーセンターに聞いてみました。

    美容オイルを混ぜてご使用いただく場合は製品との相性などもございますので、少量からお試しいただき肌に違和感などがある場合は混合しての使用をご中止ください。また、美容オイルを混ぜた状態での保管はお控えいただきたいです。

    追記として

    製品の浸透を考えるとリッチクリームの後に、美容オイルをご使用いただくのがベストでございます。

    そうだよね~最初は1滴混ぜて使っていたけど、浸透のことを考えてラインの最後に美容オイルを使うことにしました。

    ビーグレンのスキンケアアイテムは、ほとんどがお肌に浸透してしまうので肌上にぬるぬるが残らないのよね。

    なので、美容オイルをクリームの後に塗っても、いや~なぬるぬる状態にはならないのです。

    美容オイルは混ぜる時は少な目がポイントです。

    美容オイルを使う時の方法をまとめると↓

    ・お風呂から上がり、スキンケアをする時に、一番最初に美容オイルを1滴お顔に伸ばす。(入浴中に塗っても◎)

    ・その後、化粧水・美容液・クリームなどを塗り、最後にも美容オイルを重ねる。

    この方法はお肌が揺らいでくる秋口から始めると、冬のお肌は乾燥しにくく安定して過ごせます。

    ビーグレンを使っていて、乾燥する!と感じたら美容オイルを併用して使う方法、QuSomeモイスチャーゲルをプラスする方法、やりやすい方から始めてみるといいと思いますよ。

    ビーグレンホワイトセットに限らず、しわケアセットを使っている場合でもたるみケアセットを使っている場合でも乾燥を感じた時はやってみてくださいね。ビーグレンを買ってはいけないと懐疑的になるのではなく、しっかりと対処法を見つけることが美白への近道となります☆

    ビーグレンを買ってはいけない理由③ビタミンC誘導体って効果なし?

    毛穴の詰まりにビタミンC誘導体!一般的にはそう言われているし、多くの化粧品にも使われていますよね。

    でも!ビタミンC誘導体よりもいいビタミンCがあったら、絶対使いたいですよね。

    私がアンチエイジングに目覚めたのは40代半ば。

    そのころは、ビタミンC誘導体のことすら知りませんでした。

    アンチエイジングに目覚めて出会ったのがビーグレン!とは言っても、ビーグレンを知ってから使い始まるまでには、かなり時間がたっていたんですけどね。

    アメリカ?怪しい・・・(笑)

    使い始まるまでには、1年位かかったかな~ところが!使い始まったらすっかりはまってしまったんです。

    それは、毛穴の詰まりがみるみる変わっていったから!更にはシミにも!

    その時に出会ったのがビタミンC美容液Cセラム。

    それをきっかけに、ビタミンCのことも調べ始めたわけです。

    そして、化粧品で使う場合一番いいのは、ビタミンC誘導体ではなくピュアビタミンCが最強だということも理解したんです。

    ビタミンCは、何十年も前から肌に良い・・と言われていますけど、そのままでは肌の中には浸透しない上、肌表面に刺激を与え化粧品にするには不安定な成分なんです。

    一般的な化粧品メーカーのビタミンC製品は、浸透させるためにビタミンCを誘導にしていますよね。

    でも、誘導体に含まれるビタミンCの量は1/150・・・聞いた話です。

    ビタミンC誘導体の吸収率が高いという科学的根拠はないという話も。

    誘導体になったビタミンCの濃度はとても低く、皮膚内で全てのものが分離するかどうかも科学的に証明されていないんだとか。

    浸透技術を使用して、ピュアビタミンCをそのまま肌奥まで届けることを可能にしたのが、ビーグレンCセラム。
    そのため効果が早くて高い!

    これだけ聞くと、全てのメーカーがピュアビタミンCを使えばいいのに・・って思いますよね。ところが、そう簡単にはできない技術なんだそう。

    ピュアビタミンCは水溶性。そのままでは、皮脂膜に守られている人肌には浸透しにくいという欠点があります。

    水溶性のものを浸透させることは難しく、それゆえ誘導体というカタチが必要なんですネ。

    今でこそ、ビーグレン以外にも浸透技術を使っているメーカーはありますが、すべてのメーカーが使っているわけではないんです。

    成分を浸透しやすくするために使われているのがビタミンC誘導体というカタチ。

    化粧品の中で安定して保っていられるから使われているんです。

    ビーグレンCセラムは、水溶性のビタミンCを油溶性の特殊カプセルに詰め込み、肌奥まで届けることを可能にした数少ないビタミンC。

    7.5%という高い濃度のまま、肌内部へ届けることができるんです。

    毛穴が詰まってしまう原因の一つに、皮脂が過剰に出てしまうということがあります。

    ビタミンCは、過剰な皮脂を抑えることができるアンチエイジング成分。

    洗顔料で毛穴を洗い流し、皮脂をコントロールすることで、毛穴は軽やかになっていくんです。

    ビタミンC誘導体というカタチは一般的だし、美白成分としては厚生労働省のお墨付きの成分です。

    でも、使い比べてみると一歩進んだ水溶性ビタミンC美容液の効果は納得です。

    ビーグレンを買ってはいけないのではなく、ビーグレンのようにビタミンC誘導体の効果を十分に生かしきれない化粧品を買ってはいけないのです。

    Cセラムで毛穴ケアをしたい人は、トライアルセットから始めるのがおすすめです。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレンを買ってはいけない理由④シミが濃くなった!

    ビーグレンでシミケアを続けているのに、シミが濃くなった!感じたことはありませんか?

    これもビーグレンを買ってはいけないと思わせてしまう理由の一つです。

    不安になってシミケアを辞めてしまう人もいますよね。でも、それはとってももったいないことなんです。

    実はこれが好転サイン!っていうこともあるから。

    私も長いことシミ美白ケアを続けていますけど、勘違いってあるんです。

    シミ美白ケアを始めると、まず最初にお顔全体が明るくトーンアップしていくんです。

    シミ美白ケアをしている人はシミばっかり目が行ってしまうので、遠目に見るとシミが濃くなったように勘違いしてしまうんです。

    濃く点々とあるシミはとても根が深いゆえ、そうそう簡単に薄くなったり消えたりすることはありません。

    また、お肌はターンオーバーをしていますよね。

    ターンオーバーしているということは、肌奥にあったシミが、だんだん肌表面に上がってくるということです。

    奥にあったものが上へ上がってくるわけですから、濃くなってくるように見えてしまうんです。

    シミを薄くしたり消したり・・・早くしてほしいですよね。でも、お肌は生もの。

    取り外しができないので、長い目で見ることも大切ですよ。

    シミばかり意識してしまうと、それがストレスになり、ストレスが原因でシミが濃くなったりくすんだり・・・ないとは言い切れませんのでご注意を!

    シミが薄くなったり消えたりするには、何種類かのパターンがあります。

    ①シミが小さく分解されてから薄く、消えていく

    シミにヒビが入ったようになり、それから薄くなっていきます

    ②シミの端っこから薄く、消えていく

    最初は丸かったシミが、端から薄くなっていくので、丸い形からいびつな形へ変わっていきます。
    月が欠けていく感じですね。

    ③シミ全体の輪郭がぼやけて薄く、消えていく

    全体的に薄くなって消えていくタイプです。

    お肌がターンオーバーすることでメラニンがない部分も肌上にあがってくるので、ヒビが入ったようになったりぼやけてきたりその人のシミの状況で違いがあるようです。

    若いお肌ならターンオーバーも早く、30日以内で行われるのが一般的ですよね。

    でも、40代・50代・・・と年齢を重ねるにつれ、ターンオーバーも、35日・40日・45日・・・長くなっていきます。

    シミが気になる年齢は私も含め40代以降が多いと思います。

    シミ美白ケアは最低でも1か月!40代以降は2~3か月続けて使うと、何かしらの変化はあると思います。

    焦らずじっくり取り組むのが、シミ美白ケアのポイントです。間違ってもビーグレンを買ってはいけないと途中で使用を中止してしまうこことは避けてください。

    せっかく改善してきているのに非常にもったいないです!

    シミの好転サインを見逃さず、勘違いをしないで美白ケアを続けてくださいね☆

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレンを買ってはいけない理由⑤浸透しない・べたべたする

    ちゃんと浸透していた化粧水。

    ある時、あれ?浸透しにくい、、、べたべたする、、、感じることってありませんか?

    お肌っていつもいい状態でいることって難しいんですよね。

    特に40代以降のお肌は揺らぎがち。毎日同じスキンケアをしているのに、べたべたして浸透しないのはどうして?

    ビーグレンがべたべたして浸透しない原因と対処症・使い方をご紹介します。

    ビーグレンの化粧水が浸透しない原因

    化粧水が浸透せずにべたべたする原因は2つ。わかりやすく言えば、お肌の状態がとても良いか、それともとても悪いかです。

    お肌の状態がとても良い!というのは肌の水分量がたっぷり飽和状態で、外から補う必要がない場合のことです。

    みずみずしくて、ハリもあってふっくら。乾燥とは無縁でしわの1本も見当たらない状態ならば、外から化粧水を塗っても浸透せずに、肌表面でべたべた。

    つまり、肌状態がとても良いので、化粧水さえも必要ないよ~とお肌が教えてくれているわけです。

    10代や20代前半に多いかと思います。

    そして、もう一つの原因は、年齢を重ねれば重ねるほどでてくる症状。

    化粧水の浸透がよくないな~って感じる時のお肌は、古い角質が残っている場合が多いんです。

    その古い角質がいつも肌上に残っているから、浸透せずに、これがべたべたの原因に。

    それは、毎日同じスキンケアをしているからなのかも知れませんし、新しい肌細胞が生まれにくくなっているからなのかも知れません。

    年齢を重ねた肌を健やかに保つための方法は2つ。

    ・体の中から新しい肌細胞を生み出し、健やかに保つこと。

    ・外から、健やかな肌作りをサポートし、スムーズさを補う事。

    体の中から美肌を生み出す

    何かしらトラブルがあると、化粧品に原因を求めてしまいがちですけど、実は体の中から!という部分が一番大事。

    健康な素肌は、体の中から生み出されるものだから。これはお肌のターンオーバーにも関わっています。

    健やかな肌であればターンオーバーもスムーズに行われますが、実際は100%うまくいっている人はいないんじゃないかと。

    肌細胞の生まれ変わりに関わっているアミノ酸は必要だし、細胞力を高めるためのEGFやFGFなどのグロースファクターも必要だし、活性酸素の増殖を抑える抗酸化力が高いビタミンCやビタミンEも必要だし、酵素だって必要。

    あげればきりがないくらい、足りないものがあるのが40代なんですよ。

    これらを毎日体に摂りいれ続けると、少しずつお肌が変わっていき化粧水が浸透しやすくなっていきます。

    私はプラセンタサプリメントを長年継続しています。

    抗酸化力が高くグロースファクターも持っているし、ビタミンもミネラルもアミノ酸も持っているというパーフェクトなサプリメントです。

    美白にもしわにもたるみにも!エイジングケアならなんでもこなしちゃう神秘のサプリメントです。

    スキンケアで化粧水を浸透させる方法

    スキンケアで一番最初にしたいのは残ってしまった古い角質を、そ~っと取り除くことです。とは言っても、そう簡単にぺろんとはがれるものではありませんよね。

    おすすめなのが、ビーグレンクレイウォッシュを使ったクレイパック。

    洗顔料なので、別個にパックを買う必要がないんですよ。お肌が柔らかい時がいいので、私は入浴中にやってます。

    入浴中なら、スチーム効果もあって、毛穴も緩やかになるので、一緒に毛穴をきれいにすることもできちゃうんです。
    使い方はとても簡単。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    温まってお肌が柔らかくなったら、まずはクレイウォッシュで洗顔します。

    流したら再度クレイウォッシュを手に取り、軽く泡立ててと言っても、ほとんどあわは出ないのでできた泡だけでOK。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    泡をお顔にのせておくだけ。私は、この時軽くマッサージをしてから、1分位放置してます。後は流すだけ。

    無理やり汚れを落とすのではなく、クレイの吸着力を使っているので、お肌を傷める心配もなし!肌表面がつるつる♪

    頬を両手で包み込むと、お肌がしっかりして密度が高まったような感触に♪

    お肌の調子がいい時でも、週に1~2回はクレイパックをしています。

    クレイパックをしていると、古い角質が溜まりにくくなり、肌そのものが滑らかになるんです。

    化粧水の浸透も良くなっていくと思います。

    お肌はとてもデリケート。ストレス・気温や湿度・環境の変化・・・こういったものに、敏感に反応するんです。

    春は花粉・夏は汗・秋~冬は気温や湿度の低下・冷暖房。イライラすることが多くストレスも。考えてみると、思い当たることがあるんじゃないかと思います。

    ビーグレンを買ってはいけないと思いこむのではなく、化粧水の浸透が悪い、べたべたすると感じた時は試してみてください☆

    化粧水の効果的な使い方

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    化粧水は手で使う方法とコットンを使う方法があります。

    コットンを使って化粧水を塗る場合、デメリットもあるので注意が必要です。

    <化粧水をコットンで塗る時の注意点>

    ・コットンでパッティングをしすぎる
    ・コットンのケバ立ちが肌刺激になる
    ・こすってしまい、摩擦が色素沈着の原因になる

    一番気を付けたいのが、パッティングのし過ぎ。

    タレントさんが100回パッティングがいい!と言えば、真似をしてみたくなりますよね。

    でも、コットンはパッティングをすればするほどケダだって来て、もわ~っとしてきます。

    これが肌刺激になる事もあるんです。

    コットンを使う場合は叩くのではなく、抑える感じで優しく使うのがおすすめ。

    <化粧水を手で使う時の注意点>

    ・刺激を与えないのが鉄則

    ・ハンドプレスで馴染ませるのがおすすめ

    化粧水を手で塗ると体温で温まりやすくなり、浸透力が高まるほか肌状態を手で感じることができます。

    手のひらで叩いてしまう人もいますよね。手で化粧水を塗る場合でも、刺激を与えないのが鉄則です。

    ですので、ハンドプレスで馴染ませるのがおすすめです。

    ビーグレンでは、手で塗る方法を推奨していますので、優しく包み込むように化粧水を付けていくと良いかと思います。

    ビーグレンを買ってはいけない理由まとめ

    ここでは、ビーグレンを買ってはいけない理由を5つほど書いていきました。

    ビーグレンは買ってはいけないのではなく、買ってからの正しい使い方や知識が必要になる化粧品です。

    ビーグレンは長年多くの方が支持している効果の高い化粧品となっています。

    どうしても改善しなかった肌トラブルもビーグレンであれば良くなるかもしれません。

    お得なトライアルセットや返金保証もついていますので是非一度試してみてくださいね!

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents