楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    一人暮らしで家電レンタル!デメリットを5つ正直に説明します!

    一人暮らしで家電レンタルするデメリットをお考えですか?

    ここでは、一人暮らしで家電レンタルする際のデメリットを5つご説明していますのでぜひ参考にしてくださいね!

    一人暮らしで家電レンタルするなら

    かして!どっとこむ

    が1番コスパがいいです。

    オシャレさではCLASには劣りますが、

    引っ越し費用を極力抑えながら必要家具を揃えたい人におすすめです。

    \セットで安いのはここ!/

    Contents

    一人暮らしで家電レンタルするデメリット5つ

    一人暮らしで家電レンタルするか悩んでいる方は多いかと思います。

    結局、家電レンタルしても買った方が安くなるのであれば意味がありません。

    まずは一人暮らしで家電レンタルするデメリット5つを挙げたいと思います。

    【一人暮らしで家電レンタルするデメリット】

    ・汚れや傷が気になる

    ・タイミングによっては定価よりも高くなる

    ・新品がくるとは限らない

    ・途中解約は高額な解約料金が発生する場合も

    ・同じ家電でもショップにより価格が異なる

    パッと見で「あーね…」と思う内容ではないでしょうか。

    1つ1つ、一人暮らしで家電レンタルするデメリットを説明していきます。

    一人暮らしで家電レンタルするデメリット①汚れや傷が気になる

    一人暮らしで家電レンタルするデメリットとして最初に思うことは、

    汚したらまずいんじゃね?ということです。

    例えば、冷蔵庫をなぎ倒して故障させてしまったり、テレビにペンキを塗って見れなくしてしまったりと、無茶なおこないは当然後々請求がきてしまいます。

    ですが、つまずいて少しへこませてしまった、こぼして汚してしまったなど、生活している中で起きてしまう傷や汚れはどのレンタルショップでも全て保証内となっているので安心してください。

    レンタルショップによっては買取を行っているところもあるのでレンタル料との差額を支払うことで自分のものにすることも可能です。

    レンタルのメリットは「どんなものかを購入前に試すことができる」ところなので、気になる家電があればつまみ食いのように試すことができるのがレンタルの醍醐味ですね。

    一人暮らしで家電レンタルするデメリット②タイミングによっては定価よりも高くなる

    これはレンタルショップによります。

    例えば、かして!どっとこむだと家電4点セットを「中古」「2年」で選択すると、合計金額が67,350円ととてもリーズナブルな価格でレンタルすることが可能です。

    しかし、バチェラーでお馴染みのCLASの場合だと3点セットで1ヶ月単位で6,930円・設置費8,800となるので、2年間だと合計175,120円となります。

    ※かして!どっとこむとCRASでレンタルする内容は近いものにしています。CRASはテレビがない3点セットとなっています。

    買った方が安くない??

    CLASは長期レンタルに向いていない短期サブスクに特化したレンタルショップとなっています。

    1ヶ月単位ならCLASの方がお得になるものも多いので、オシャレな家具や家電を揃えたい場合はおすすめです。

    一人暮らしで家電レンタルするデメリット③新品がくるとは限らない

    かして!どっとこむの場合は中古か新品かをあらかじめ選ぶことができますが、多くのレンタルショップでは中古か新品かを選ぶことができません。

    しかし、中古でも新品同様の商品が届くようにはなっていますので、使用感などを感じることはないかと思います。

    それに、新品の家電をレンタルするとどうしても高くなってしまいますので、費用を抑えたい方は中古でレンタルできて、新品がきたらラッキーていどに考えておくといいですね。

    一人暮らしで家電レンタルするデメリット④途中解約だと高額な解約料金がかかる場合がある

    レンタルもサブスクもあらかじめ期間を決めて借りることになるのですが、このレンタル期間の途中で解約してしまうと高額な支払い請求がきてしまうことがあります。

    自分がどのくらい借りたいのかを明確にしておかないと余計な費用がかかってしまうので注意が必要です。

    ちなみに、レンタルとサブスクの違いはこのようになってします。

    ※かして!どっとこむはレンタル・CLASはサブスクです。

    一人暮らしで家電レンタルするデメリット⑤同じ家電でもレンタルショップにより価格が異なる

    例えば、掃除機で有名なダイソンを3ヶ月間レンタルした場合を比較すると、

    ・CLAS合計16,500円

    ・Rentio合計19,500円

    ・DMMレンタル合計21,600円

    ※かして!どっとこむにダイソンはありません。必要最低限のものを安くレンタルできることに重きを置いています。

    このように、レンタルショップによって価格に違いがあることもデメリットと言えますね。

    一人暮らしで家電レンタルするデメリットはこんなところでしょうか。

    しかし、初めて一人暮らしをする時に費用を抑えて住むことができるのはレンタルのメリットだと思います。

    購入するよりもかして!どっとこむでレンタルする方がコスパは本当に良いですし、CLASでダイソンなどの有名な家電や美顔器などの美容家電を失敗しないか購入前にレンタルするにも賢い方法だと思います。

    \オシャレで短期から!/

    \それなりだけど商品点数№1!/

    \セットで安いのはここ!/

    一人暮らしで家電レンタルするデメリットを払拭するには?

    ここまで、一人暮らしで家電レンタルするデメリットを書いてきましたが、レンタルショップによって価格や商品が異なることは把握していただけたかと思います。

    ですが、家電をレンタルできるショップは何十社とあり、どこで何がレンタルできるのかがイマイチつかめないと思います。

    次は各ショップの特徴を把握していただき、保証や金額、品揃えを考慮した上でおすすめのレンタルショップをご紹介しますので参考にしてください。

    一人暮らしで家電レンタルするならここ!

    上の表は私がおすすめするレンタルショップとなっています。

    家電だけでなく家具もレンタルできる4つのショップですが、なぜこの4つに絞ったかというと明確な理由があります。

    それは、

    安い・早い・短期可能・オシャレ・種類が豊富・サービス手厚い

    このような理由からです。

    本当は無印をはぶいた3つのショップをおすすめしてもいいのですが、無印のサブスクは気になっている方もいるかと思い表にしました。

    他のレンタルショップをおすすめしている方はたくさんいますので、聞いたことがあるレンタルショップがない場合もあるかと思いますが、家電や家具をレンタルしたいのであればこの4社からで十分です。

    中には傷や汚れは保証内と記載しつつ、いざトラブルがあるとすぐに請求書を送ってくるレンタルショップもあるので注意が必要です。

    特徴がそれぞれ違うので細かく説明していきたいと思います。

    一人暮らしで家電レンタルするなら【かして!どっとこむ】

    初めての一人暮らしで極力費用を押させたいとお考えの方にはかして!どっとこむ以外選択肢はありません。

    そのくらい必要最低限の家具や家電のレンタルが安いです。

    オシャレなものはありませんが、使えれば何でもいい、恥ずかしくない見た目ならそれでいい、と思われるならセットや長期でレンタルすることで格安で借りることが可能です。

    一部離島を除き全国配送となっており、配送料や設置費なども全て無料です。

    最短翌日には配送してくれるので、急な引っ越しでバタバタしている時にも助かります。

    デメリットとしては品揃えがシンプルなので、オシャレさを追求されたい方には向いていないかと思います。

    また、かして!どっとこむはレンタルとなっているので、初めに利用期間を決めて料金を一括で支払わなければならずサブスクと比べると初期費用がかかります。

    \セットで安いのはここ!/

    一人暮らしで家電レンタルするなら【CLAS】

    CLASは有名な商品や高級家具・高級家電などを数多く取り揃えているので、ハイクラスなインテリアを楽しむことができるレンタルショップとなっています。

    見た目がオシャレで雰囲気がいい、そしてお値打ちという家具や家電も豊富ですので、一人暮らしで費用を抑えたい方にも向いています。

    また、サイト内には一人暮らしの部屋をイメージしやすいように、インテリアコーディネートの参考になる写真が豊富に使われているのでとても参考になるかと思います。

    それに、CLASには最低契約期間を設けていないので、必要なくなったら1ヶ月未満でも返送可能です。

    1ヶ月未満でも1ヶ月分のレンタル料+商品毎送料+オプションでの設置料金はかかります。

    CLASはオシャレな家具や家電で揃えたい方にはピッタリのサブスクショップとなっていますが、デメリットもあります。

    2022.9.29以降からランクアップ制度が定められたことにより、3ヶ月未満の無料配送がなくなってしまいました。

    送料は商品により異なるため、大型の冷蔵庫などですと送料だけで1万円以上かかる場合もあります。

    ※目安としては商品のレンタル料の1~2ヶ月分の配送料です。それでも、他のサブスクショップよりお値打ちなものが多いです。

    ただ、ランクアップ制度により使用できるポイント配布、同時レンタル数の上限撤廃、設置料や時間指定配送の無料など、他のサブスクショップにはないメリットも増えています。

    3ヶ月以上借りられる方は配送料は無料です。

    短期間でしか必要ない、お試しで使ってみたい、と思うような家具や家電が豊富ですので「あ、これ気になってた!」とCLASを見れば一人暮らしがワクワクすること間違いありませんよ。

    \オシャレで短期から!/

    一人暮らしで家電レンタルするなら【airRoom】

    airRoomの最大の特徴は商品点数が最大級という点です。

    取り扱っている家具や家電はオシャレなものが多く、気に入れば買取をすることも可能となっています。

    1年・2年などの長期レンタルを想定していて、オシャレで月額を安く抑えたい方にはおすすめのレンタルショップです。

    ただairRoomにもデメリットがあり、レンタルショップなので最低契約期間は3ヶ月となっています。

    また、サイトがやや使いにくく、お届け先住所の登録を先に済ませておかないと注文手続きに進めなかったり、都度ページを更新しないとオプション料金が表示されなかったりと、分かりづらい部分があるので初めてレンタルする際は少々ストレスかもしれません。

    \それなりだけど商品点数№1!/

    一人暮らしで家電レンタルするなら【無印良品】

    無印は誰もが知っているショップですが、残念ながら家電のレンタルはおこなっていません。(IKEAのレンタルは法人向けサービスのみ)

    無印は家具のレンタルを1年からおこなっています。(キッズ・ベビー用品は3ヶ月)

    家具をレンタルする場合のデメリットもあり、最低契約期間が1年であることや買取する場合は買取手数料が発生すること、商品点数が非常に少ないことが挙げられます。

    このように、レンタルショップと比べてみると違いがあることが分かります。

    簡単に解説しますとこのような感じですのでぜひ活用してみてくださいね!

    かして!どっとこむ

    ・セットや長期レンタルで必要最低限のものを安くレンタルしたい方向け

    CLAS

    ・メジャーな商品やハイクラスでオシャレな家具・家電を1ヶ月~半年程度試したい方向け

    airRoom

    ・オシャレな家具・家電を3ヶ月~2年程度試したい方向け

    一人暮らしで家電レンタルするメリット6つ

    一人暮らしで家電レンタルするデメリットやおすすめのレンタルショップをお伝えしてきましたが、家電レンタルにはメリットも沢山あります。

    【一人暮らしで家電レンタルするメリット】

    ・気になる家電を試すことができる

    ・初期費用が抑えられる

    ・捨てる手間や手数料がない

    ・使い勝手がいい

    ・いらない家電を収納する必要がない

    ・定期的に模様替えができる

    一人暮らしで家電レンタルするメリット①気になる家電を試すことができる

    ダイソン、ドラム洗濯機、空気清浄機、スチームアイロン、プロジェクター、食洗器、圧力鍋、美顔器などなど、買った時に失敗することを恐れるあまり手を出せずにいるあれこれを、気兼ねなく試すことができるのがレンタルの最大のメリットです。

    家電は購入すると大きな買い物なので絶対に後悔したくありませんよね。

    レンタルであれば気になった家電を実際に試してから判断することができるので、非常に賢い方法と言えるでしょう。

    一人暮らしで家電レンタルするメリット②初期費用が抑えられる

    冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビの4つだけでも新品を購入するとなると20万円以上は必要です。

    その点、レンタルであれば購入の半額程度の値段で借りることが可能。

    買ってから部屋に合わなかった、使い心地が悪かった、いらなかったと悩んでも後の祭りですので、費用を抑えながら一人暮らしに必要かどうかを検討できるのも嬉しいポイントです。

    一人暮らしで家電レンタルするメリット③捨てる手間や手数料がない

    一度購入してしまったらいらなくなった場合、廃棄処分をしなくてはなりません。

    当然費用もかかりますし、手間や労力を費やします。

    家族が近くに住んでいるのであればまだしも、遠くで一人暮らしするのであれば全て一人でおこなうのは至難の業となってしまいます。

    レンタルであれば返すだけ。面倒な手続きなども必要ないので簡単です。

    一人暮らしで家電レンタルするメリット④使い勝手がいい

    レンタルは一人暮らしや転勤などの期間限定の暮らしに最適です。

    自宅からあれこれ持ち出すよりも、新しい部屋に直接運んでもらう方が手間もかかりませんし、新しい家具や家電を買い揃えるよりも費用を抑えることができます。

    それに、引っ越し費用もばかになりません。ベッドや机などを運ぶとなると10万~20万円程度はかかってしまい、余計に費用が必要になってしまいます。

    大型の家具や家電はレンタルし、車で運べるものは自分で運ぶなど、引っ越しの際に身軽な状態で動くことができるのもレンタルのメリットですね。

    一人暮らしで家電レンタルするメリット⑤いらない家電を収納する必要がない

    ヒーターや扇風機などの季節性の高い家電などは時期が過ぎれば押し入れにしまわなければならず場所を取ってしまいます。

    せっかく一人暮らしをするのであればオシャレで雰囲気のいい部屋に住みたいですよね。

    レンタルならいらなくなったものは返却できるので、収納スペースを圧迫することなく自分の理想の部屋に近づけることが可能です。

    一人暮らしで家電レンタルするメリット⑥定期的に模様替えができる

    1度家具や家電を購入して部屋をコーディネートしてしまうとしばらくは買い換えることができませんよね。

    レンタルであれば好きな時に好きなものを試すことができるのもメリットです。

    夏は涼しく、冬はあたたかく部屋を彩るなどの季節に合わせたコーディネートや、レトロな感じからシックな感じへイメージチェンジといった、気分に合わせた模様替えができるのでモチベーションも高まります。

    憧れの自分になるにはまずは雰囲気からです。部屋をあなた色で染めてくださいね。

    一人暮らしで家電レンタルするデメリットまとめ

    ここでは、一人暮らしで家電レンタルするデメリットについて書いていきました。

    確かに一人暮らしで家電レンタルするにはデメリットもありますが、メリットの方が多いと思います。

    これからの新生活や新たに部屋をコーディネートしたい方に、家具や家電のレンタルはピッタリですのでうまく活用してみてください。

    一人暮らしは実家暮らしと勝手が違い、不安や寂しさを感じることが多いです。

    そんな時に部屋を明るく自分好みにしておくと、気持ちを落ち着かせいつもの自分でいることができます。

    絶対にレンタルした方がいい!とは言いませんが、レンタルはあなたの一人暮らしの支えとなってくれるはずですよ。

    \オシャレで短期から!/

    \それなりだけど商品点数№1!/

    \セットで安いのはここ!/

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents