楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    一人暮らしにベッドはいらない?不要派と必要派の意見まとめ!

    一人暮らしにベッドはいらないのでしょうか?

    ここでは、一人暮らしにベッドはいらないのか、不要派と必要派の意見をまとめましたのでぜひ参考にしてくださいね!

    一人暮らしでベッドが必要かどうか迷っているのであれば1度レンタルすることをおすすめします。

    レンタルなら買って後悔することもありませんし、引っ越しの際の手間や費用もかかりません!

    CRASは短期で格安でベッドを借りることができ、airRoomは豊富な種類からベッドを選ぶことができますよ☆

    \オシャレで短期から!/

    \商品点数№1!/

    Contents

    一人暮らしにベッドはいらない!不要派の意見

    いざ一人暮らしを始める時に本当に必要な物かどうか迷ってしまうのがベッドですよね。

    実家では布団だった方も一人暮らしをするとなると「ちょっとベッドっていいよね~」と胸を高鳴らせることと思います。

    ですが、一人暮らしをするにあたって「ベッドはいらない!」と不要派の意見が多数ありますのでまずはそちらを紹介していきます。

    【一人暮らしにベッドはいらない不要派】

    ・場所を取る

    ・だらけてしまう

    ・引っ越しの際に手間

    ・費用が高い

    ・ソファで十分

    一人暮らしにベッドはいらない不要派の意見としてはこのようなものが目立ちます。

    一人暮らしにベッドはいらない不要派①場所を取る

    ベッドと聞くだけでも布団よりも大きいイメージがありますが、2~3畳ほどのスペースを取ってしまうベッドは一人暮らしには大きくて邪魔になるという意見が不要派には1番多かったです。

    確かにその通りで、寝ることよりも他のことににおもきを置きたい人にとっては、寝具が大きいと生活スペースが圧迫され快適に過ごすことができません。

    限られたスペースをどのように活用したいかによって、ベッドはいらないと感じることもあるようです。

    一人暮らしにベッドはいらない不要派②だらけてしまう

    次に多かった不要派の意見としては、だらけてしまい動く活力がなくなってしまうなどの行動派の意見が目立ちました。

    きっちり生活をしたい方、休みの日でもアクティブに動きたい方などはベッドがあると行動の邪魔になるからいらない!といった感じで、一人暮らしでもだらけることなく自分を律することができるしっかり者にはベッドはいらないと感じることが多いようです。

    一人暮らしにベッドはいらない不要派③引っ越しの際に手間

    実家からベッドを持ち出そうとすると引っ越し業者に何十万と支払わなければならず余計な費用がかかることや、ベッドがいらなくなった時の処分や解体など、多くの手間がかかることが不要派の意見としてありました。

    わざわざ実家からベッドを引っ越し業者に頼んで配送してもらうのであれば、本当に配送料が高くなってしまいますので正直実家のベッドはもういらないと思います。

    せっかく一人暮らしをするのですから、新しい寝具で新しい生活を始めてみたいものですしね。

    それに、一人暮らしをやめることになった時に、「ベッドどうする??」と悩むこともしばしば…。実際には粗大ごみとして回収してもらったり、分解して家庭ごみに出したりと方法はいくらでもあるのですが、物が大きいだけに困ってしまうこともあるようです。

    一人暮らしにベッドはいらない不要派④費用が高い

    ベッドをいざ買うとなると、シングル・セミダブル・ダブルのどれかを選ぶことになるかと思いますが、ベッドって高いですよね。

    安いものだと身体が痛くなりがちなので、最低でも3万円以上のものでないとぐっすり眠ることができないかもしれません。

    また、どうせならスマホスタンドやコンセント付きのものを買った方が使い勝手がいいので選び出すと余計に費用がかかってしまいます。

    不要派の意見としては「布団で十分!」「マットレスでよくない?」など、わざわざ高い費用を支払ってまでベッドにする必要性がないという意見がありました。

    一人暮らしにベッドはいらない不要派⑤ソファで十分

    ベッドがあればソファはいらない、ソファがあればベッドはいらないなど、どちらかがあるのであれば2つもいらないという意見もありました。

    一人暮らしにソファはいらないのか、こちらも意見がわかれるところですが、ソファがあるのであればベッドはいらない人が多い印象を受けます。

    ただ、ソファで寝落ちしてしまうと身体を痛めてしまうので、私的には寝るのであればベッドの方がいいと思うのですが、ベッドよりもソファが落ち着くという人は以外に多いです。

    一人暮らしにベッドはいらない不要派の意見はこのような感じです。

    言われてみれば「そーだね…。」と思うことばかりなのですが、本当にベッドがいらないのか「不要派の人の性格」を考えるとベッドがいらないのはこのような人だと思います。

    【ベッドがいらない不要派の人の特徴】

    ・毎日アクティブに動きたい方

    ・自分を律することができる方

    ・寝具よりも他に費用を使いたい方

    ・寝具はなんでもいいという方

    このような方は一人暮らしにベッドはいらない不要派だと思います。

    一人でもだらけることなく真面目にキビキビ行動する、そんな方にはベッドは不要なようです。

    正直、私のような休日はずっと家でゴロゴロしていたい派にとってベッドはかけがえのない物なのですが、ソファがあるのであればベッドはいらないという意見はなにげに分かる気がします。

    次に、一人暮らしにベッドは必要派の意見をまとめました。

    \オシャレで短期から!/

    \商品点数№1!/

    一人暮らしにベッドはいらない?必要派の意見

    一人暮らしにベッドは必要という意見はいらない不要派と同じくらい多く、好みやライフスタイルによって人それぞれなのだと感じます。

    一人暮らしにベッドは必要派の意見をまとめました。

    【一人暮らしにベッドは必要派】

    ・快適スペース

    ・片づける必要がない

    ・オシャレ

    ・床冷えしない

    ・収納スペースが増える

    一人暮らしにベッド必要派の意見としてはこのようなものが目立ちます。

    一人暮らしにベッドは必要派①快適スペース

    一人暮らしを始めると自分だけのスペース・空間で好きなことをしてもいいのですから、自由な快適スペースが欲しいですよね。

    テーブル、ソファ、コタツなどなど自分のスペースとなり得る家具は沢山ありますが、寝落ちしてもOK!というベッドはまさに快適空間の王様だと思います。

    予定がない日はベッドの上で一日中過ごしている。なんて話はよく耳にすることで、男性よりも女性の方がベッドがないと過ごしていけないと思う人が多いようです。

    狭い部屋に住んでいるからといってベッドをなくしてしまうと、かえって自分の空間がなくなってしまい居心地が悪くなることもあるようです。

    くつろぐことが家の役割ですので、空間をうまく使うよりも大きなベッド1つあればあとは何もいらないと考える人も多いのです。

    一人暮らしにベッドは必要②片づける必要がない

    布団は毎日畳まなくてはいけないと感じるものですが、ベッドであれば万年しきっぱなしで大丈夫ですよね。

    面倒くさがりな性格の人や、片づけることが苦手な人にとってベッドは、自分のライフスタイルを損なうことなく快適に過ごすことができる必要家具となっているようです。

    また、布団を畳んでも片づけるスペースがないという意見もあり、どのみちしきっぱなしなのであればベッドの方がいいと考える人も多いようです。

    一人暮らしにベッドは必要派③オシャレ

    ベッドがあるとインテリアとして部屋がすごくオシャレになります。

    布団やマットレスと違い「オシャレな一人暮らし」を演出するのにベッドはピッタリの家具なのです。

    誰も部屋にいれないのであれば見た目は気にしなくていいかもしれませんが、部屋の見た目は性格や気分に影響するのではないかと私は思っています。

    部屋が汚いと性格も雑になりがちで気分屋になることがあるように思いますし、部屋が綺麗であれば余裕のあるおだやかな性格になると個人的には思っています。

    部屋は自分の心を移す鏡という言葉があるように、普段からオシャレに部屋を装飾していると、知らない内に自分自身の魅力もアップすることがあるようです。

    一人暮らしにベッドは必要派④床冷えしない

    床に直接布団やマットレスを敷くと寒いです。

    特に女性は冷え性の方が多く、床冷えは良質な睡眠に大きく関わってくる問題です。

    床暖房や暖房付き寝具もあるのですが「あ、あついぃぃぃ~。」と深夜目が覚めることが私は多かったので、ベッドにしてからは快適でした。

    暑がりな方は逆に布団の方が寝心地がいいと感じることもありますが、床に直接敷いてしまうと寝ている間に汗をかいてしまい、敷きっぱなしだと床にカビが生えてしまうこともあるので注意が必要です。

    一人暮らしにベッドは必要派⑤収納スペースが増える

    ベッドの下というのは以外にも収納スペースになることが多く、ベッドによっては収納付きのものもあるのでベッドが部屋のスペースを取るからといって必ずしも邪魔になるとは限りません。

    洋服やタオル、美容家電などなど、すぐに使用するけど置きっぱなしだと汚く見えてしまう小物などを収納するのにベッドの下はとても便利です。

    よく、ベッド下に人がいる…というホラー話がありますが、私も「え、誰か住んでる??」と思うくらいポテチが落ちていたり、ドライヤー・コテ・服などが散乱して置いてあったりと、自分なのに誰か住んでる説を本当に悩んだことがありました。

    なので、ベッドの下をうまく使って部屋を綺麗に見せることができると、気分が上がり余裕のある暮らしができると思います。

    一人暮らしにベッドは必要派の意見にはこのようなことがありました。

    必要派の人の性格を考えるとこんな感じではないでしょうか。

    【一人暮らしにベッドが必要な人の特徴】

    ・ダラダラしたい方

    ・面倒くさがりな方

    ・自分だけの空間を楽しみたい方

    ・部屋をオシャレしたい方

    ・すぐに使うものを隠したい方

    誰しも一人暮らしを始めるとなると分からないことも多く、何が必要で何がいらないかを判断するのは非常に難しいです。

    結局、

    ベッドがいるのかいらないのか分からない…。

    と感じてしまっている方もいるのではないでしょうか。

    ベッドが必要派といらない不要派ではそれだけ意見がわかれてしまうものなので、「1度試してみる」ことが自分に必要なのかどうかを判断するには最適な方法だと思います。

    ベッドを買う前に、レンタルで試してみるのはいかがでしょうか。買って後悔しても遅いのでまずはお試しという感じです。

    ベッドをレンタルできるショップは以外にも何十社とあり、それぞれレンタル期間や料金などが異なるため、ベッドをレンタルするならここ!というレンタルショップをご紹介したいと思います。

    一人暮らしでベッドをお試しするなら【CLAS】か【airRoom】

    一人暮らしでベッドをお試しするのであればCLAS かairRoomがおすすめです。

    CLASの特徴

    CLASでは一般的にベッド(フレームとベッドがセットになっているもの)のラインナップは少なく、フレーム単品・マットレス単品をそれぞれレンタルする必要があるのですが、人気なのは足つきマットレスというアイテムです。

    装飾すればベッドと差異はありませんし、サブスクショップなので1ヶ月から借りることができます。

    それに、圧倒的に他のショップよりも借りる費用が安く、足つきマットレスシングルで1,540円+3ヶ月未満であれば配送料7,920円、セミダブルだと2,090円+3ヶ月未満であれば配送料となっていますが、3ヶ月以上だと送料は無料となるので、実質4,620と6,290円で借りることができます。(購入だと平均2万円以上)

    ベッドのレンタル費用はどのショップも高く、「買った方が安くない??」と疑問に感じることが多い中、CLASだけは格安で試すことが可能です。

    ベッドのある生活がどんなものなのか、自分に本当に必要かどうかを判断するにはピッタリのサブスクショップとなっています。

    airRoomの特徴

    airRoom はオシャレなベッドが豊富に取り揃えてあるため、自分に合ったベッドを見つけることができます。

    ベッド以外にも生活家具や家電など、1万点以上の品揃えから一人暮らしをより快適にするアイテムを選ぶことができるので、「これ試してみたかった!」「必要かどうかわからない」など、買う前に判断材料としてレンタルすることができるショップとなっています。

    レンタルショップの中でもアイテム数が1番多く、オシャレな家具や家電を取り扱っているので見栄えも最高です。

    気に入れば買取もできるので、そのまま自分のものにできるのも嬉しいポイントです。

    ただ、ベッドのレンタル期間は最低6ヶ月となっているので、短期で試してみたいと思う方には不自由かもしれません。(他のアイテムは3ヶ月のものが多い)

    それに、6ヶ月レンタルするとなると安くても毎月5,000円くらいなので(フレームとマットレスセット)実質買うのと相違ないかもしれません。(引っ越しの際の手間はない)

    また、airRoomのサイトはやや動作が遅く、住所などをあらかじめ登録しておかないとレンタル手続きに進めなかったり、都度画面を更新しないと取り着けなどのオプション料金が表示されなかったりと不便なこともあるのでストレスを感じるかもしれません。

    ですが、これだけベッドを豊富に取り揃えているレンタルショップは他にないので、一人暮らしの期間が決まっている方や、種類を見て決めたい方にはピッタリのレンタルショップとなっています。

    レンタルショップには他にも「かして!どっとこむ」「レンティオ」「フレクト」「サブスクライフ」「かりとこ」「DMMいろいろレンタル」などなど沢山ありますが、ベッドを格安でレンタルするならCLASがおすすめです。

    \4,620円で試してみる/

    \商品点数からベッドを選んでみる/

    ○○がいるなら絶対にベッドが必要な理由!

    初めて一人暮らしをする方の多くは大学に進学したり、仕事で一人暮らしをすることになった方だと思います。

    彼氏や彼女は現在いますか?今後作る予定はありますか?または欲しいと思いますか?

    彼氏や彼女とイチャイチャするのであればベッドは必須です!!

    いざそのようなことになったとして、男性の方であれば布団だとひざが超痛いです。

    ラブホテルなどは全てベッドですので布団の恐ろしさを知らない方も多く、フローリングの上で膝立ち30分を想像してもらうと分かるように、膝が割れます…。

    これから彼女を作るつもりなのであればベッドがないとあなた自身辛いですし、そういった行為に誘うのもベッドがあればスムーズです。

    また、女性も同様ベッドであれば身体が痛くなりにくいですし、「音」が床にダイレクトでない分響きにくいです。

    それに、ムードは大切ですよね。布団でいざっ!となっても「なんかな~。」ってなります。

    せっかく自分だけの王子様とともにするのですから、ベッドで腕枕をしてほしいですよね。

    今後誰も部屋に入れるつもりはない!と考えている方にはベッドはいらないかもしれませんが、彼氏や彼女を作ってイチャイチャライフを楽しみたい方にとってはベッドは必須アイテムだと思います。

    ちなみに、私は彼氏はできませんでしたがいつでもダブルベッド完備でした。

    一人暮らしにベッドがいらない・不要まとめ

    ここでは、一人暮らしにベッドがいらないのか、不要派と必要派の意見をまとめました。

    ベッドは人によって好みがあるので絶対にいらない、絶対に必要と断言できるものではありません。

    ですので、まずは試してみるのがいいかと思います。

    CRASであればベッドだけでなく家具や家電も格安でサブスクできるので、あなたのライフスタイルに合わせたインテリアコーディネートを楽しむことができます。

    家具や家電は買って後悔することも多いです。

    サイズが合わなかったり、必要なかったり…。

    今流行りのサブスクで賢く一人暮らしを始めましょう!

    \オシャレで短期から!/

    \商品点数№1!/

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents