結婚

お見合いを成功させる方法とは!?第一印象や服装など!!

遠距離恋愛 あるある

お見合いを成功させる方法について書いています!

お見合いを成功させる方法には第一印象や服装など色々ありますが、ここでは更に詳しく掘り下げたいと思います!

もくじ
  1. お見合いを成功させるための方法 ①【第一印象が大切】
  2. お見合いを成功させるための方法 ②【顔が明るく見える色の洋服を選びましょう】
  3. お見合いを成功させるための方法 ③【相手の人柄が分かるような会話をする】
  4. お見合いを成功させるための方法 ④【自分を飾り過ぎずいつもの自分を出すようにする】
  5. お見合いを成功させるための方法 ⑤【出来るだけいつもの自分を見せる努力をする】
  6. お見合いを成功させるための方法 ⑥【意気投合したら次に会う約束をする】
  7. お見合いを成功させるための方法 ⑦【身だしなみは常に意識しておく】
  8. お見合いを成功させるための方法 ⑧【相手の話を聞く姿勢が大事です】
  9. お見合いを成功させるための方法 ⑨【指定された場所によって着る服は調整する】
  10. お見合いを成功させるための方法 ⑩【姿勢や立ち振る舞いも気を付ける】
  11. お見合いを成功させるための方法 ⑪【洋服や靴に汚れはないか再度チェックしておく】
  12. お見合いを成功させるための方法 ⑫【挨拶で印象が第一印象が決まる】
  13. お見合いを成功させるための方法 ⑬【笑顔はかなり好感度アップに繋がる】
  14. お見合いを成功させるための方法 ⑭【会話は相手の目を見て笑顔で話しましょう】
  15. お見合いを成功させるための方法 ⑮【相手の良い所を見つけてさりげなく褒める】
  16. お見合いを成功させるための方法 ⑯【お見合い相手の条件は最小限に絞る】
  17. お見合いを成功させるための方法 ⑰【プロフィール等は直筆の方が印象が良い】
  18. お見合いを成功させるための方法 ⑱【お見合い写真は2・3枚用意しよう】
  19. お見合いを成功させるための方法 ⑲【着席位置は真正面ではなく対角線に座ると良い】
  20. お見合いを成功させるための方法 ⑳【会話は自分ばかり話さず相手の話も上手く聞き出す】
  21. お見合いを成功させるための方法21【相手の話に同意・共感をすると好印象】
  22. お見合いを成功させるための方法22【会話は人の批判や無理に同意を求めてはダメ】
  23. お見合いを成功させるための方法 23【気に入ったら素直に気持ちを伝える】
  24. お見合いを成功させる方法まとめ

お見合いを成功させるための方法 ①【第一印象が大切】

人は何と言っても第一印象が非常に大切な要素になってきます。

初対面の人には、この第一印象をどのように与えるかで、相手の自分に対するイメージが決まってしまうこともあります。

ですから、お見合いをする際には自分がどのように見られているのかを意識しながら接するようにしましょう。

人の第一印象は見た目もそうですが、それだけではありません。

立ち振る舞いや声、服装、喋り方、匂いなどなど、人と会った時に感じる雰囲気が全て第一印象に含まれると考えるようにしてください。

顔が良ければ人に良い第一印象を与えるとは必ずしも限りませんし、他の要素についてもそうです。

どこも良いところがないよりかは良いですが、総合的にレベルを上げておかなければ、お見合いの際に相手に良い印象を与えることはできないでしょう。

とは言っても、見た目に自信がなくても内面でそれをひっくり返すことは可能です。

喋り方が穏やかで面白い人であれば、他の部分のマイナス点を取り返すことができたりカバーしてくれたりするはずです。

人に対する第一印象というのは、元々その人が持っている要素が大きく作用するものですが、努力と意識次第では変えることもできます。

ですので、お見合いの際には十分に意識するようにしてください。

事前に写真を見ていたり、プロフィールで相手を少し把握していることもあるでしょうが、その印象のみで決めてしまわないこと、そしてその写真やプロフィールだけで人柄を決められていないことを意識するようにしましょう。

お見合いは会ってみるまで相手のことはほぼわかっていないと考え、第一印象を良くするような努力を怠らないようにしてくださいね。

日頃からの意識も大事なのかもしれませんよ。

お見合いを成功させるための方法 ②【顔が明るく見える色の洋服を選びましょう】

顔の印象は洋服で変わります。

もっと言うと洋服の色を工夫するだけで、人としての印象を変えることができてしまうのです。

お見合いの時に、好きな洋服を着るのではなく、できるだけ顔や表情が明るく見える洋服をチョイスするようにしましょう。

それだけでお見合い相手に与える印象は確実に変わりますし、常に柔らかい表情を意識することもできるのではないでしょうか。

顔が明るく見えるものは、基本的には明るい色の洋服です。

明るい色の洋服を身に纏えば明るい印象と共に穏やかさも演出することができるでしょう。

普段暗い色の洋服ばかりをチョイスして着ている人は、お見合いの時だけは明るい色の洋服を選んでみてはどうでしょうか。

黒や紺のスーツが必ずしもダメというわけではありませんが、やはりお見合いでは堅いイメージを与えてしまうことになると思います。

その分、例えば男性であればネクタイやシャツなどで明るい印象にすることはできますが、全体的に明るい色で自分自身を囲んだ方が、明るい人という印象をお見合い相手に与えることができるでしょう。

洋服を選ぶ時はただ明るい色を選択するというよりも、個人個人に合った色、つまりパーソナルカラーを意識して洋服を選ぶようにするとベストです。

人それぞれ、肌の色が異なります。

微妙なものなのですが、その微妙な色の変化で似合う洋服やお化粧が変わってくるものなのです。

それをパーソナルカラーと呼び、少し勉強することで自分にマッチした色を知ることができるので、お見合いを絶対に成功させたいと考えている人はパーソナルカラーについて調べてみるといいでしょう。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ③【相手の人柄が分かるような会話をする】

お見合いでの会話には、どんな話題を出せばいいのか検討もつかないという人も多くいるかもしれません。

まずは基本的な情報交換をすることになるとは思いますが、次第に場が和んできたら、自分の人柄、そして相手の人柄がわかるような会話をするように心がけてください。

お見合いは将来の伴侶を探す場です。

そこでの会話がこれからのふたりの展開の鍵を握っているわけですから、自分の人柄を相手に伝えると同時に相手の人柄も知っておかなければならないのです。

人柄というのは、会話の至るところで掴み取ることができます。

趣味や特技などもそうですし、家族や友人、仕事の話などもそうでしょう。

趣味を聞けばアウトドアタイプなのか、それともインドアタイプなのかがわかりますし、一人で過ごすのが好きなのか、みんなでワイワイ一緒に過ごすのが好きなのかもわかります。

お見合いで趣味の話は定番ですが、趣味が合うとか合わないとかと同時に相手の人柄もわかる話題なので、その辺りも意識して会話をしてみましょう。

家族や友人の話は、人柄を物語る大事な話題になりますが、お見合いの席ではあまり深くまで踏み込んで聞いたりしてはいけません。

プライベートな要素が強く、お見合いの席で家族のことをしつこく聞いてしまうと『結婚に家族構成が重要な人なのか?』と思わせてしまう原因にもなります。

話題にたまたま家族や友人の話が出てきたら、さりげなく聞いてみるようにすれば、家族や友人を大切にしている人なのかどうかなどの人柄を掴むことができるでしょう。

お見合いでの会話は、あくまでも自然に。

そんな中で相手の人柄がわかるような話題で会話をすることが求められるのです。

と同時に自分の人柄もできるだけ伝わるように心がけるようにしてください。

お見合いを成功させるための方法 ④【自分を飾り過ぎずいつもの自分を出すようにする】

人生を決めるお見合いだとは言っても、気取り過ぎたり自分を飾り過ぎるのは、避けた方がいいでしょう。

自分を飾ることだけを意識してお見合いに臨むと大抵失敗します。

話している相手は、やはり気付いてしまうものなのです。

嘘をついているとまでは思われなくても、

気取っているな』とか
格好つけているな』とか
猫を被っているような気がする』とか、

そういった印象を与えることになってしまうと思います。

あくまでも、いつもの自分を出すようにお見合いの席では心がけてください。

気に入られたいと思っても無理に気取る必要はありませんし飾る必要もありません。

それは相手に嘘をついていることになり、お見合い後にしんどくなってしまいます。

そう、飾った自分をもし相手が気に入ってお付き合いをすることになった場合は、その飾った状態を維持しなければならず、自分で自分の首を絞めることにも繋がってしまうのです。
結婚することになれば尚更です。

こんな人だとは思わなかった

という言葉の連続となり、結婚できたとしてもお互いのことを思いやる幸せな結婚生活が待っているとは考えられません。

いつもの素の自分を好きになってもらうことに意味があるわけですし、お見合いで見せなければならないのはその部分なのです。

嫌われたくない、結婚したい、そういう気持ちはわかりますが、いつもの自分と違う自分を演じてしまうと失敗することが多いので、無理はしないようにしましょう。

お見合いは自分を知ってもらう場なので、その事を意識して臨むようにしてください。

異性に気を遣うことは大事ですが、それはマナーとして行うものであって自分を隠すものではありません。

お見合いという初対面の場で、自分を全て曝け出してしまうのも違いますが、自然体ということを忘れないようにする必要があるでしょう。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑤【出来るだけいつもの自分を見せる努力をする】

本当のあなたはどこにいますか?

お見合いでは、恐らくみんながお見合い相手に対して、こういった質問を心の中でしていると思います。

敢えて意識しなくても結婚相手になるかどうかを見極める為に、顔を合わせているわけですから、必然的にこういった目で相手のことを見る事になるでしょう。

それに明確に応えなければなりません。

つまり、お見合いの席ではいつもの【本当の自分】を見せることを心がけなければならないのです。

『本当の自分なんて自分でもわからない』という哲学的なお話は必要ありません。

そういった難しいことではなく、いつもの自分を見せればいいだけの話です。

友達といるような自分でお見合いに臨むのは難しいでしょう。

何年もお付き合いをした恋人と一緒にいるようにお見合いの席で振る舞うのも難しいかもしれません。

そこまでフランクな態度でお見合いに臨む必要はありませんが、言葉遣いは丁寧なままで、自分の私生活や物事に対する思いや考え方を示す必要があるのです。

隠し事をするのは避けましょう。

相手に質問をされたら、できるだけそれに真摯に答えることが求められます。

お見合いは合コンなどと違い、相手のことを知るという事を目的として設けられているわけですから、質問されたら隠さずにありのままの自分を知ってもらえるように努力をしましょう。

ある物事に対する意見や考え方で世間とは違う考えを持っていても嫌われることを恐れずに相手に伝える必要があるのではないでしょうか。

お見合い初日で、そこまでコアな話をしなければならない場面があるかどうかはわかりませんが、相手が積極的でどうしても確認しておきたい価値観などがあれば質問されたり話題に出されたりすることもあるでしょう。

そんな時も包み隠さず、いつもの自分を相手に見せ、その上でお付き合いをしてくれるかどうかの判断を仰ぐようにしましょう。

お見合いでは自分を見せる努力も必要なのです。

お互いに自分を見せ合って、結婚相手として適しているかを判断する場がお見合いであると考えておいてください。

お見合いを成功させるための方法 ⑥【意気投合したら次に会う約束をする】

お見合いは、あくまでもその後に続くかどうかの判断をする第一日目。

ここは全ての始まりであり、決して終わりではないと心得ておきましょう。

お見合い初日を上手くこなせば、それはそれで喜ばしいことです。

しかし、ただスタートしたに過ぎず、これからも相手とのお付き合いが続いていくことになるはずです。

その為の用意もしっかりと行いお見合い初日を終わらせるようにしてください。

もし相手を気に入れば、そして相手も気に入ってくれたようでしたら次に会う約束をしてしまいましょう。

お見合いの方法によっては仲介してくれる人がいて、その人を通して連絡を取り合い次に会う約束をすることになる場合もあります。

ですが、もし個人の裁量に任されるようなお見合いであるならば、できればその場で次の約束を切り出した方がいいでしょう。

男性が次に会う約束を率先して行ってください。

その場で女性に『考えさせてください』などと返事を保留される場合もあるかもしれません。

しかし、それを恐れていては次のデートは果たせません。

少なくとも男性が女性を気に入ったのであれば、お見合い初日の別れ際にでも次に会う約束をして欲しい旨を伝えましょう。

もちろん女性から提案しても良いと思います。

女性からそういった申し出があって、嫌な思いをする男性は限りなくゼロに近いですから、女性から次に会う約束を促しても大丈夫でしょう。

お見合いでは、付き合いを未来へ繋げることが最大の目的になります。

ということは次に会う約束をしなければ未来へと繋げることができず、そこで全てが終わってしまうこともあるのです。

勇気がいりますが、気に入った相手を逃さない為に、そして相手のことをもっと良く知る為にも次に会う約束をするようにしましょう。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑦【身だしなみは常に意識しておく】

お見合い当日、家から出る前に鏡をよく見るようにしてください。

鏡には、その時の自分がそのまま映ります。

身だしなみが崩れていればそこに気が付くことができ直すことができます。

前からだけではなく、後ろ姿もできるだけ確認しておきましょう。

スーツの裾や袖にタグが着いていたり、買った時のまま糸が通してあったりすればそれほど恥ずかしいことはありません。

頭から顔、そして足元まで鏡を見てチェックをし、身だしなみが完璧に整った状態でドアを開けてお見合いに臨むようにしましょう。

さらに、待ち合わせの場所に到着する前に駅でもお店でも良いのでトイレに入り身だしなみの最終チェックを行うようにしてください。

家から出た時の身だしなみのままとは限りません。

移動の際に何かが洋服に付いたり、髪の毛が乱れてしまったりした可能性もゼロではないので、お見合いが始まる直前に今一度チェックすることを怠らないようにしましょう。

お見合いでは、異性が初めて会うわけですから否が応でも身だしなみには目がいきます。

男性が女性の服装や髪型を気にするのは当然のことですし、女性が男性の服装や髪型を気にするのも当然のことです。

身だしなみは、その人の第一印象を左右するポイントになるので、お見合い当日は家を出てからお見合い相手と別れるまで常に気にしておくようにしてください。

飲食店では途中でトイレに立ちもう一度身だしなみが崩れていないかのチェックを行うことも必要になるでしょう。

何度もトイレに立つのは相手にも失礼ですが、お見合いは最後まで気が抜けないので、せめて身だしなみについては常に意識しておくようにしてください。

お見合いを成功させるための方法 ⑧【相手の話を聞く姿勢が大事です】

話を聞く姿勢・態度で相手の人柄がわかります。

ということは、話の聞き方を意識しておくことで相手に良い印象を与えることができるということです。

聞き上手な人っていますよね。

お見合いをする時には、話し上手になることに力を注ぐ人もいますが、是非聞き上手になることも意識しておいてください。

相手の話を聞くのが上手な人はよく頷きます。

自分の話にたくさん頷いてくれる人は嬉しくありませんか?

無反応の人よりもよっぽど好感を持つと思います。

自分がされて嬉しいことはお見合いの時に自分も相手もしてあげるようにしましょう。

相手が話している時はそれをしっかりと聞き、そして頷く。同調してあげることがひとつのポイントになるのです。

話の途中で茶々を入れたりするのは、お見合いの席では絶対にやってはいけない行為です。

話を途中で遮られたり、ツッコまれたりするほど不快なものはありません。

気心が知れた仲であれば笑いに変わるかもしれませんが、初対面の人にそんなことをされたら誰でも気分を害してしまいます。

結論を急がせるのも避けましょう。

話というのは人によって、組み立て方が異なります。

それを知った上で相手の話を聞くことがお見合いでは大事なことになり、それができる人が聞き上手な人であると言えるのです。

話を聞く時にはそれに集中するようにしてください。

食事をしながら話をする時でも相手が一生懸命話していれば食べる手を止め、しっかりと話を聞いているという姿勢を相手に見せることが必要になるでしょう。

お見合いの基本です。聞く姿勢をしっかりと取り、そしてそれを相手が話している間は貫くようにすれば悪い印象を与えることはありません。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑨【指定された場所によって着る服は調整する】

お見合いでは身だしなみが成功と失敗を分ける場合がありますから、非常に気を遣いながら着ていく洋服などを選んで欲しいのです。

ですが、どんな勝負服であっても着ていく場所が、その洋服とマッチしていなければ意味がありません。

お見合いには必ず一張羅を着ていくという考え方ではなく、場所によって切る洋服を調製するようにしましょう。

お見合いでは、多くがスーツで望むと思います。

女性はスーツとまではいかなくても派手過ぎず、しかしカジュアルになりすぎない格好で望むこともあるでしょう。

その格好であれば、大抵どの場所でも大丈夫だとは思いますが、例えば比較的カジュアルなカフェで待ち合わせを行った場合、あまり気取った服装ですと浮いてしまう可能性があります。

カジュアルな雰囲気でお見合いをする場合にはカジュアル過ぎる格好はいけませんが、少しラフな場所でも耐えうるような格好で出向いた方がいいでしょう。

そういった場所でのお見合いには、さすがに着物は似合いません。

日本庭園が望めるような場所であれば着物を着てお見合いに臨むこともあるとは思いますが、街中で会うにはやはり着物は不釣り合いなので避けるようにした方がいいでしょう。

お見合いとは言っても例えば映画を観るなどの予定がある場合には、動きやすい格好を選ぶべきではないでしょうか。

女性であればヒールも少し低めのものを履き、移動しやすい格好で行くと男性も過剰に気を遣わずに済みます。

男性もあまりにも堅い格好をしてしまうと街中で目立ってしまうので、お見合いは待ち合わせの場所などによって着ていく服を調整するようにしてください。

お見合いを成功させるための方法 ⑩【姿勢や立ち振る舞いも気を付ける】

姿勢や立ち振る舞いというのは性格が表れます。

紳士的な心の持ち主が足を前に投げ出して背もたれに寄っかかりながら座らないのではないでしょうか。

おしとやかな心を持った女性が足を開いて座ったり大股で早足で歩いたりはしないのではないでしょうか。

このように、性格はある程度姿勢や立ち振る舞いに反映するので、お見合いをする時には自分が紳士淑女であることを相手に印象づける為に姿勢や立ち振る舞いには気を付けるようにしてください。

この姿勢や立ち振る舞いは育ちも出てきます。

小さい時にあまりそういった教育を受けていない人は、どうしても座り方や立ち方に家柄が出てきてしまいますし、それは数日で直せるものでもありません。

しかし、常に意識をしていることで、多少の修正をすることはできるのです。

せめてお見合いの時だけは姿勢や立ち振る舞いに最大限気を遣って過ごしてみてください。

男性は偉そうな態度を取らず、動きもあまり大きくなりすぎないように気を付けましょう。

落ち着いた振る舞いで女性と一緒に歩く時も女性の歩く速度に合わせることを意識する必要があります。

女性は動きをなるべく小さくし、猫背になってしまう癖がある人は意識して背筋を伸ばすようにしてください。

ヒールの音が出ないように歩き歩幅も抑えながら歩きましょう。

お見合いでは、最初から最後までこれら姿勢や立ち振る舞いを気を付けなければなりません。

一瞬のスキで姿勢や立ち振る舞いが荒いものになってしまったせいで、お見合いがおじゃんになることも否定はできないので、常に気を付けておくようにしましょう。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑪【洋服や靴に汚れはないか再度チェックしておく】

お見合いに挑む時は、服装には十分に気を付けると思います。

洋服はもちろん靴にも気を配り、お見合いという戦場に身を投じるとは思うのですが、洋服や靴に汚れは無いか、または破れていたりしないかというチェックはしつこいほど行うようにしましょう。

洋服や靴はお見合いの前日までには、完璧に用意しておくようにしてください。

これはお見合いをするからには最低限しなければならないことです。

その上でその洋服に穴が開いていないか、ほつれていないか、汚れが付いていないかなどを入念にチェックしておくようにすることが大切です。

靴も汚れていないか、革がはげていないかなどのチェックを行っておきましょう。

靴の内側にも目を向けておいてください。

お見合いの一週間前にチェックした洋服や靴がお見合い当日も同じ状態を保てているとは限りません。

かならず前日と当日にもチェックをしておきましょう。

さらに、お見合い当日に待ち合わせに向かう途中にもチェックをするようにしましょう。

街中にトイレは山ほどあります。

待ち合わせの場所に行く前にトイレに入り、今一度洋服や靴に汚れがないか確認しておきましょう。

待ち合わせの場所に行くまでに、交通機関を使ったり外を歩いたり人と触れたりする機会があると思います。

その時にどんな汚れが付くかわかりません。

雨の日などは特に靴の汚れには気を付けましょう。

トイレ等で汚れを拭き取るような措置をすることでお見合い相手の前に綺麗な姿で現れることができるのです。

お見合いの時はしつこいほど洋服や靴の汚れなどをチェックしておいてください。

お見合いを成功させるための方法 ⑫【挨拶で印象が第一印象が決まる】

挨拶は人と人が接する上で最も最初に行う行為です。

そして、この挨拶が相手の印象を決定付けます。

お見合いでは結婚相手になるかもしれない相手と出会うわけですから、最初の挨拶には特に気を配るようにしましょう。

挨拶が上手くできないだけで悪い印象を持たれてしまったら損です。

過剰な挨拶は必要ありませんが、お見合いにおいては悪い印象を与えないことだけは意識するようにしてください。

偉そうな態度は御法度です。

あまりにもへりくだった挨拶も避けた方がいいでしょう。

そして言葉をハッキリと発さないのもお見合いの挨拶としては不合格です。

大体この三つを意識していれば、そこまでおかしな挨拶にはならないのではないでしょうか。

お見合いでは、まず自己紹介をします。

男性が自己紹介をした後に女性が自己紹介をし、そこで初めて相手を確認できたことになります。

名前を言った後に『今日は宜しくお願い致します』程度でいいので挨拶しておきましょう。

二人きりのお見合いで街のカフェなどで待ち合わせをしている場合は、待ち合わせまでの道のりを簡単に労う言葉をかけてもいいのではないでしょうか。

それによって気が遣える人だという印象を与えることができます。

特に男性は女性に対して、感謝などの言葉を常に忘れないようにしましょう。

挨拶で相手に良い印象を与えておけば、お見合いの半分くらいは成功したも同然です。

もちろんお見合いの内容自体も大事ですが、挨拶の件で良い印象を与えるとその後の会話で極端に悪い印象を与えることは非常に少ないと言えるのです。

それだけ初対面の最初の段階が重要になってくるので、挨拶は丁寧に行うように心がけるようにしてください。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑬【笑顔はかなり好感度アップに繋がる】

笑顔を作るのが苦手な人っていますよね。

特に男性は苦手な人が多いのではないでしょうか。

お見合いをするのであれば、自然な笑顔ができるように練習をしておきましょう。

笑顔は練習次第でいくらでも出せるようになります。

毎日鏡を見て自分がどのように笑ったらどのような顔になるのかをチェックしておくと自然に笑顔が出るようになります。

お見合いの最中は、絶対に笑顔を忘れないようにしてください。

相手の話によって、笑顔の作り方を変えてもいいでしょう。

面白いと思った話にはそれなりに反応し大きな笑顔を作るのもいいのではないでしょうか。

普通に話している時でも、ニコニコとした笑顔を忘れないようにした方が相手に与える印象はグッと良くなります。

例え同じ内容、同じテンポで話をしていたとしても笑顔があるのとないのでは、相手に与える印象がかなり変わってくるのです。

面白くない話でも笑顔で会話をしていれば自然と楽しくなり、一緒にいることに楽しさを感じるようになるのが人間というものです。

相手に好印象を与えたければ、笑顔という要素は絶対に外すことができません。

逆に、常に笑顔でいるだけで好感度がアップし、相手に『もう一度会いたい』と思わせることも可能になるのです。

お見合いでは、この『もう一度会いたい』と思わせることが非常に重要になってくるので、お見合いを成功させたいと思うのであれば笑顔の練習をし、当日いかんなく発揮できるようにしておきましょう。

できるだけ自然な笑顔が出るように、面白いことがあって笑った時があれば、その時に鏡を見てどんな顔をしているのかチェックしたり、毎日笑って笑顔を顔に定着させておくようにしてください。

お見合いの時に、必ず役に立ちますから。

遠距離恋愛 連絡頻度
お見合いで男性・女性別の注意点とは!?成功するポイントも詳しく解説!!お見合いで男性・女性それぞれの注意点とはどのようなものがあるのでしょうか?またお見合いで男性・女性が成功するポイントについても詳しく解説していますので是非参考にしてくださいね!...

お見合いを成功させるための方法 ⑭【会話は相手の目を見て笑顔で話しましょう】

お見合いは男性と女性が顔を合わせて話をする形が主流です。

今ではネットも普及してきましたから、もしかしたらネットの中だけで行うお見合いもあるかもしれません。

ですが、それは例外として考えると、やはり実際に会って話をすることで関係が始まると考えられます。

誰かと話をする時の基本は相手の目を見て話をすること。

これは社会に出れば、いえ、学生として生活している時から心がけて欲しいものなのです。

お見合いという大事な場においては、特に意識し実践しなければならないでしょう。

人の目をずっと見て話すという行為が苦手な人もいます。

それはそれで仕方ありません。

誰かと目が合っているとプレッシャーを感じてしまうのは、人として当たり前の事ですから何も恥じることはないのです。

しかし、お見合いで相手の目を全く見ずに会話をすれば、それはそれで印象が良くありません。

少なくとも目を合わせている時間の方をより多く取るように意識して会話をしてください。

目をずっと見ているとプレッシャーを感じてしまうのであれば、時々目線を外しても構いません。

食べている料理に目をやったりすれば、自然に目線を外すことができるでしょう。

相手の目と目の間を見たり、鼻に目線を外すことも有効です。

これであれば相手にとっては大きく目線を外したと感じにくいですから、ずっと目を合わせて会話をしていると思わせる効果もあります。

お見合いでは相手の目を見て、そして笑顔を忘れずに話すことです。

自分にプラスの印象を抱いて欲しいのであれば、会話の時はこのことに気を付けてみてください。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑮【相手の良い所を見つけてさりげなく褒める】

褒められて嫌な人はいません。

それは男性でも女性でも同じことが言えます。

お見合いをしている時は、相手の良いと思えるところを見つけて、さりげなく褒めてあげるようにしてください。

それだけで相手は喜んでくれるはずです。

自分に対しても良い印象を抱き、お互いに好印象のままお見合いを進めることができるのではないでしょうか。

相手の良いところは探そうと思えば、その相手がどんな人であろうと見つけることができるはずです。

良いところが全く無い人なんていませんから、会話をしたり、一緒にいる間にそれを見つける努力もしてみましょう。

お見合いで男性が女性を褒める場合は、やはり見た目から入るといいのではないでしょうか。

お見合いの為に、それなりにオシャレをしてきている女性が多いですから、洋服が似合っているだとか、アクセサリーが可愛いだとか褒めるととても喜ぶと思います。

笑顔を褒めても喜んでくれるでしょう。

女性が男性を褒める場合も服装や時計などを褒めてもいいのですが、話が面白いとか仕事熱心な人は素敵だとか、内面に近い部分を褒めてあげるとより喜ぶのではないでしょうか。

お見合いの時は、男性は話を盛り上げようと必至になったり、工夫をしたりします。

その部分を褒められると安心するはずです。

嘘をついたり、過剰に褒めたりしてはいけません。

自分で自分の良い部分・悪い部分というのはある程度わかっているものなので、嘘をつけばすぐにバレてしまいます。

過剰に褒めることは『わざとらしい』という印象を与えてしまうので、お見合いでは気を付けなければならない部分です。

あくまでも本当に良いと思ったところを、さりげなく褒めるようにしてあげてください。

お見合いという場では、このさりげなさの積み重ねが最後に大きな効果を出すと覚えておきましょう。

お見合いを成功させるための方法 ⑯【お見合い相手の条件は最小限に絞る】

お見合いをするには、相手が必要ですが、あまり相手を選んでいるとお見合いをしてくれる相手自体がいなくなってしまう可能性があります。

理想には、多少妥協するようにし、そして相手の条件は最小限に絞り込む努力も行いましょう。

お見合いは両者が顔を合わせる日のみ頑張ればいいと思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

相手にどんな人を求めるのかを考えている時点から始まっているのです。

お見合いの相手に対して条件を多く出せば、それに見合う人のみにしか会うことができません。

必然的に会える人の数も減ってきてしまうでしょう。

せっかく良い出会いがあるかもしれないのに、自らそのチャンスを潰してしまっているのです。

非常に勿体ないことなので、最初は相手をあまり選ばずに、機会があればどんどん会ってみるようにしてみてください。

絶対に譲れない条件というのはあると思います。

男性が女性に対して出す条件として、『結婚したら仕事を辞める』ですとか『料理が作れる』ですとか『子供を作ることに積極的』ですとか、色々とあると思います。

ですが、これだけはというもの以外は妥協してみましょう。

女性が男性に対して出す条件としては、『年収がある一定以上ある』ですとか『家族と同居しない』ですとか『長男ではない』などがあるでしょうか。

これもはじめから細かく条件を出すのではなく、必要最低限のものだけにし、最小限の条件のみを提示するようにしてください。

まずは会わなければ始まりません。

会って『違う』と思えば断ればいいのです。

お見合いはそれの繰り返しですし、プロフィールを受け取った時点ではあまり乗り気ではなかったけど話してみたら楽しいし面白いし、必須だと思っていた条件を満たしてはいないけど、それをカバーするだけの魅力があった、という場合もあるかもしれません。

まずは条件を最小限に絞り、お見合い自体を重ねていってみてくださいね。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑰【プロフィール等は直筆の方が印象が良い】

お見合いをするかもしれない相手にプロフィールを送る場合、可能であれば直筆で書くようにしましょう。

字はその人の人柄を表す場合があります。

あまりにも字が汚くコンプレックスになるほどの字しか書けない場合は、直筆ではなくコンピューターで打ち込んでも良いとは思います。

ですが、特別綺麗ではなくても普通に誰でも読める程度の字が書けるのであれば、直筆でお見合いプロフィールを書き相手に送ってみましょう。

直筆でお見合い用のプロフィールを書くことで、まずは気持ちが伝わります。

このお見合いに懸けているのだということがわかりますし、プロフィール自体にも信憑性が出てくるのではないでしょうか。

機械で打たれた文字はやはり冷たい気がしてしまうことがありますし、本当に本人が書いたのかどうか疑いたくなってしまうことも多々あります。

そこまで疑わしかったり、感受性が豊かな人も決して多くはありません。

しかし、直筆で書けばそういった人が相手の場合でも問題ありませんし、もしそういった人が相手ではなくても本気度は伝わるのではないでしょうか。

字に自信がない人は、少し練習するようにしてください。

字は工夫をすることで形を改善することができますし、丁寧に書こうとすることでその思いが字に乗っかります。

そうすると不思議と素敵な字になったりもするので、最初に何度か練習をし、気持ちを載せるように努力してみましょう。

お見合いのプロフィールを直筆で書けば、100%そのお見合いが上手くいくというわけではありませんが、できることはしておいてください。

相手に与える印象を良くする為には色々な努力をすることが必要です。

とても小さいことであまり効果がないように思えることにこそ力を注いでおくと、その気持ちを受け取ってくれる人が必ず現れますから、そういったことを意識してお見合いに臨むようにしてみましょう。

出会い 増やす方法 行動
結婚式の二次会の会費について!二次会は参加するだけで大きな意味がある!結婚式の二次会の会費について書いています!結婚式の二次会は参加するだけで大きな意味があるんです!...

お見合いを成功させるための方法 ⑱【お見合い写真は2・3枚用意しよう】

お見合いをしてくれそうな相手がいたら、写真を送ることになると思いますが、このお見合い写真は数枚用意しておくようにしましょう。

形式によっては1枚しか送れないこともあるかもしれませんが、それでも良く撮れたものを数枚用意しておくといざという時に使えるのではないでしょうか。

2~3枚送れるようでしたら、送るようにしてください。

それで何が変わるのかと思うかもしれませんが、初めて見る人の顔というのは写真では意外とイメージが掴みにくいものです。

たった1枚の写真では本人と会った時に写真と実物とのギャップが大き過ぎて戸惑うということも無いとは言えません。

実際にお見合いをする前に数枚送っておけば、そのギャップを少しは埋めることができるでしょう。

写真写りが悪いと自負している人なら、尚更複数枚送った方がお見合い写真の場合には効果があるのではないでしょうか。

お見合い写真は、それを見て会う会わないを決定されてしまう重要な存在です。

例え1枚しか送れないとしても、複数枚用意しておき、時と場合によって使い分けることができれば会うところまでは持っていける可能性が上がるかもしれません。

表情や服装などを少し変えて撮影しておくと、より使い分けができていいのではないでしょうか。

もし仲人の人に写真を渡せるのであれば、スナップ写真のようなものも渡しておくといいでしょう。

かしこまった雰囲気の写真もお見合い写真としては必要ですが、普段の楽しい雰囲気などの写真も送ることで会う前に人柄が伝わり好感度をアップさせることに繋がると考えられます。

色々なタイプの写真をお見合いをする時には用意しておくようにしましょう。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 ⑲【着席位置は真正面ではなく対角線に座ると良い】

お見合いをすると向かい合って座ることになると思います。

喫茶店などで待ち合わせをして、そこでお見合いを行う形になる人たちもいるかもしれません。

そんな時は少し座る位置を気にしてみてください。

多くの男女は恐らく向かい合って座るでしょう。

真正面に相手がくるように座ると思います。

もちろんそれでいいのですが、できれば少し対角線上になるように、つまり、相手が真正面ではなく、少し斜めにくるように座るといいでしょう。

人は真正面にいる人に敵対心を感じる生き物です。

心が通っている者同士であればそういった感情を持つことも少ないのですが、お見合いでは初めて男女が会うわけですから、やはり相手に敵対心を持ってもらわない方がいいわけです。

さらに真正面に座る人には警戒したり、不安を感じたりするという作用もあるので、そういった雰囲気を出さない為にも真正面ではなく少しズラした位置に座るよう努力してみてください。

極端に斜めに座ってしまうと不自然で逆に違和感を与えてしまうので、軽く外す程度で大丈夫です。

真正面に座ると相手に対して警戒したり不安に思ったりするというのは、人間に本来備わっている本能のようなものです。

今の時代では少しずつなくなっているようですが、それでも無意識に真正面にいる相手に敵対心を感じてしまうことがあるので、お見合いではこの座る位置が心をリラックスさせるかどうかを左右すると言えるでしょう。

自分も相手もリラックスしてお見合いを進めていけるように、是非座る位置を工夫してみてください。

お見合いを成功させるための方法 ⑳【会話は自分ばかり話さず相手の話も上手く聞き出す】

会話はバランスです。

お見合いの時の会話はバランスを間違えると一方は楽しくても一方はあまり面白くなかったという印象を持つことになってしまうので、気を付けるようにしてください。

お見合い時の会話において、心がけて欲しいのは、自分ばかり話すのではなく、相手の話も聞き出すということ。これがバランスよくできなくてはならないのです。

自分のことばかり話さないように意識すると何にも話せなくなってしまうかもしれません。

男性は特に会話をリードすることも考えつつ、しかし自分ばかり話さないように注意を払いながらお見合いを進めていってください。

女性も話好きな人が多いと思いますが、自分ばかり話をするのではなく、話を聞くことにも力を注ぐようにしましょう。

それと同時に相手の話も上手く聞き出さなければならないのですが、これも強く意識し過ぎると質問ばかりしてしまうので気を付けなければなりません。

質問を投げかけるのは構いませんが、矢継ぎ早に質問を飛ばすのは、お見合いではやってはいけないこととされているので、男女共に注意するようにしましょう。

適度な量の質問をして、その中から相手の話を上手く聞き出さなければならないのです。

慣れていない人が初対面の人に対して、しかもお見合いという場でこういったテクニックを遣うのは決して簡単ではないかもしれませんが、会話は自然さを心がければまず問題ないと言えるでしょう。

バランスさえ気にしていれば大きな失敗をすることはないはずです。

お見合いは会話のバランスが大事、ということを覚えておいてください。話すところは話す、聞くところは聞くというメリハリを付けると共に、相手が話しやすい雰囲気を作ることも心がけましょう。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法21【相手の話に同意・共感をすると好印象】

お見合いで相手と話をしている時に、良い印象を与えるにはどうしたらいいのでしょうか。

会話の内容も大切なのですが、それよりも相手の話に同意したり共感をすると相手に対して好印象を与えることができます。

これは本当に簡単なことです。

ですが、かなり有効な手段なので、相手に良い印象を持って欲しいと思っている人はお見合い中に実践してみましょう。

人は誰かに認められたいという気持ちを持っています。

自分の言っていることは全て正しく、そしてそれに同意してくれる人を常に求めているのです。

お見合いをしている時も当然その気持ちが働いているはずです。

特に意識しなくても人間とはそういった生き物なので、お見合いではそういった本能を利用し自分の好感度を上げてみましょう。

それが相手の話に同意・共感をすることとなのです。

会話をしている時、聞き役になっている間は相手の話していることに頷いたり、『わかります、それ』というような言葉を発してみましょう。

私もそうです』とか『私も前から思っていました』とか『そうですよね』という言葉も非常に単純で簡単な言葉なのですが有効に作用します。

たったこれだけを発するのみで相手に好印象を与えることができてしまうのです。

相手の話に共感しつつ、自分も同じ意見だということを話し始めるのも効果があるでしょう。

共感し合うとそこにしかない連帯感が生まれ、お見合いの席をより盛り上げることにもなります。

お見合いにもかかわらず初めて会ったような感じがしないところまでいくこともあるかもしれません。

そうなればお互いに非常に良い印象を与え合うこととなり、これからの関係も非常に良好に発展していくのではないでしょうか。

お見合いを成功させるための方法22【会話は人の批判や無理に同意を求めてはダメ】

お見合いの最中の会話には注意点が幾つもあるのですが、その中に『人の批判をしてはいけない』というものがあります。

人としてできるだけ避けなければならない行為なのですが、しかし人は人の批判をして自分を正当化するという悲しい習性を持っている生き物でもあります。

心の中で人を批判することはあっても、それをお見合い中に口に出してしまうことだけは避けましょう。

人の批判や悪口を聞いて良い気分がする人もいないわけではありませんが、お見合いの席では少なくともそういった人はいないでしょう。

未来の結婚相手を探す場がお見合いです。そんなところで人の批判をしてしまうような人は結婚相手としては選ばれないのではないでしょうか。

お見合い相手の批判はもちろんですが、友人や仕事相手、過去の恋人なども含めて、何人たりとも批判するのはやめるべきです。

さらに、お見合い中は相手に無理に同意を求める行為もやめましょう。

話していることに共感して欲しいという気持ちはわかりますが、それを相手に強制してはいけません。

お見合いの最中の会話はあくまでも自由度を保ち、相手に答えを求めたり同意することを求めてはいけないのです。

そういった態度はお付き合いを始めた後や結婚後に必ず弊害を生むと相手に思わせてしまうことにもなるので、例えお見合い相手の反応が弱かったとしても無理矢理返事を貰おうとするのはやめるようにしてください。

お見合いの時は、何よりも相手の考えている事や話していることを尊重することが大切です。

意見や考え方が違うのは人間であれば仕方ありません。

お見合い相手とそういった相違があっても何ら不思議なことではなく、そしてそれは決して関係を悪化することには繋がらないので、お見合いをしている最中は少なくとも相手に合わせ、そして批判等を決してしないように心がけましょう。

お見合い 成功 方法

お見合いを成功させるための方法 23【気に入ったら素直に気持ちを伝える】

お見合いをして、もし相手のことを気に入ったら、そのことを素直に相手に伝えるようにしてください。

気持ちは相手に言葉にして伝えないと届きません。

黙っていては相手の方も『私じゃダメだったのかな・・・』と思い、お互いに良い印象を抱いていたにも関わらず破談ということにもなってしまいかません。

ですので、恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、素直な気持ちを伝えるようにしましょう。

仲人の人がいたとしてもできるだけ自分で伝えることを心がけてください。

その方が気持ちが伝わるはずです。

何もお見合い当日に『お付き合いしてください』と言う必要はありません。

相手が慎重なタイプの人だったらその言葉にビックリしてしまうこともあるでしょう。

もちろん決して発してはいけない言葉というわけではありませんが、お見合い初日にはできるだけそういった直接的な告白は避け、もう少し柔らかい表現を心がけましょう。

最も適しているのはお見合いの日、別れる時に『またお会いしたいです』などと伝えることです。

また会いたいと伝えるのは良い印象を抱いたからこそであり、それを相手に伝えることで相手もその場で素直な返事を聞かせてくれるかもしれません。

次に会う約束をするキッカケにもなりますから、もし相手のことが気に入ったのであれば、こういった言葉を積極的に使い気持ちを伝えるようにしましょう。

私からはお断りしないので』という言葉もいいのではないでしょうか。

自分は既に心を決めたということを伝えることで、相手は安心して交際をするかどうかの判断をすることができます。

お見合いをした時にはどちらか一方が勇気をだして気持ちを伝えることが全てを上手く進める事に繋がるのです。

お見合いを成功させる方法まとめ

ここでは、お見合いを成功させる方法について書いていきました。

お見合いを成功させる方法は色々ありますが、あまり緊張せず自然体で臨むことがもっともお互いを知ることができるので、まずは緊張しないことを心掛けて下さいね!

恋活アプリのおすすめランキングはこちら

私が実際にいい人と出会えた恋活アプリをランキング形式にて発表しています!

あなたにもいい出会いがありますように♡

♡恋活アプリランキング♡

ABOUT ME
ゆずぽんず
ゆずぽんず
生活Journalでは、実際に試した美容・健康商品の口コミや効果を検証するとともに、恋愛相談やモテる方法など、美しい未来を手に入れるための手助けとなるサイト作りを心掛けています!
関連記事