復縁

元カレ・元カノとよりを戻す方法!修復すべきは恋人関係より友人関係!!

元カレ 元カノ よりを戻す方法

元カレ・元カノとよりを戻す方法について書いています!

元カレ・元カノとよりを戻すには、恋人関係より友人関係の修復が大切です!

別れた元カレ・元カノとよりを戻す第一歩は知ること

好きだった人と別れてしまった時よりを戻したいと思うならば、まずはじめにしなくてはならないのが別れてしまった原因を分析することです。

子供のころにこんなことを言われたことがないでしょうか。

「問題はただ解いても意味が無い。答え合わせをして何で間違えたかを確認し、次には同じ間違えをしないようにすることが勉強なんだから」

実は、これは私の小学校の時の先生の口癖なのですが、これは恋愛にも全く同じことが言える名言だと思っています。

人を好きになるのに理由はないかもしれませんが、人が別れる時にはかならず理由があります。

出会った時あれだけ惹かれあって、あれだけ楽しい時間を過ごした二人なのに、なぜ別れなくはならなかったのか。

それを知らずしてもう一度よりを戻してやり直すことはできないのです。

あなたが愛した人はなぜ去って行ったのでしょうか。

他に好きな人ができたなど、元カレ・元カノに別れのきっかけがあったのでしょうか。

それとも、あなたに不満があったなど、あなたが別れのきっかになったのでしょう。

原因は一つとは限りません。

色々な要因が積み重なり別れるという結論に達していることもあるでしょう。

まずは、2人のこれまでの付き合い方や関係を分析することが大切です。

それができて初めて、別れの原因のきっかけになった不安要素を取り除く努力をしたりといった、具体的な行動に移ることができます。

2人の関係を分析する時のポイトは、あなたの目線ではなく元カレ・元カノの目線で考えることが大切です。

あなたから見たら小さなことでも積み重なって元カレ・元カノにとっては我慢ならないことになっていたかもしれないのです。

例えば、別れの原因が元カレ・元カノの浮気など元カレ・元カノが一方的に悪いと思えるケースだったとしても、よりを戻したいならそこに腹をたてるのではなく、元カレ・元カノが浮気をした原因を考えなくてはいけません。

それが本当に別れた理由なのかどうかではなく、あなたがそうだったかもしれないと思うことを分析して知ることが大切です。

そして、原因が出揃ったら答え合わせをはじめましょう。

間違った原因を確認するのです。

もちろん、あなたが我慢して全て元カレ・元カノに合せろと言っているのではなく、2人がそれからも2人でやっていくためにはどうしたらよかったかを考えます。

それを知り、同じことを繰り返さないよう反省するところは反省することで、よりを戻すためのまず第一歩が踏み出せるのです。

元カレ・元カノとよりを戻す方法は恋人関係より友人関係

別れた元カレ・元カノとよりを戻したいと思った時、その別れがが突発的で衝動的な別れでないのであれば、するべきことは元カレ・元カノに復縁を迫ることではありません。

喧嘩をした勢いで別れを口にしてしまったなど、突発的で衝動的な別れだとすれば、素直に謝って関係を修復するべきでしょうが、完全に一度終止符が打たれているのだとすれば、やみくもに復縁を迫っても、復縁することは難しいでしょう。

あなたがまず目指すところは別れた後でも定期的に連絡をとれる関係でいられるように努力することです。

よりを戻すということは、自分一人の気持ちで出来るものではありません。

2人の気持ちがお互いによりを戻す方向に向かなくてはいけないのです。

連絡が取れなければ、元カレ・元カノの気持ちを復縁へと向かせるためのアプローチをすることもできません。

元カレ・元カノが同じようによりを戻したいと考えてくれることもあるかもしれませんが、お互いが連絡を取れる関係になければせっかくの気持ちがまた冷めていってしまうことだってあるのです。

まずは、別れた後にも友人として連絡が取れるように努力をして下さい。

復縁を匂わせれば、元カレ・元カノを警戒させることになる可能性がありますので、よりを戻したいという気持ちはまずは伏せておきます。

元カレ・元カノに、別れたことへの気まずさや、あなたに対する警戒心がなくなり、よき友人としてたまには連絡が取れるようにしておけば、元カレ・元カノの近況を知ることも出来ます。

ですが、連絡の頻度や、タイミング、方法などは慎重にしなくてはなりません。

よりを戻したいと思う方の気持ちが当然強いので焦りがちになる傾向を踏まえて、タイミングも頻度もあなたが思うよりも少し控えるくらいで丁度いいでしょう。

友人グループで会うことはかまいませんが、2人なら直接会うよりは電話やメール、SNSなどで繋がっているならばそれを利用するのもいいと思います。

定期的に連絡が取れる関係になれたら連絡の内容にお互いしか理解できない表現を使ったり、あなたが元カレ・元カノにとって特別な人だったことを思い起こさせるような内容を盛り込んでいきます。

仕事や人間関係など悩んでいる様子があれば、元恋人という元カレ・元カノのことを友人よりも理解している友人としてよき理解者になることもできます。

こうして、元カレ・元カノとの距離を縮めながらあなたが元カレ・元カノにとってかけがいの無い存在だと元カレ・元カノに再認識されるように努めるのです。

元カレ 元カノ よりを戻す方法

元カレ・元カノとよりを戻すまでは焦らない・諦めない

どうしてもよりを戻したいと思うなら、それが叶うまで「焦らない、諦めない」ということを自分に言い聞かせてください。

焦らず、諦めずに機を待って関係の修復に努めれば、一度は思い会った2人です。

よりを戻せる可能性は十分にあります。

多くの人がよりを戻したいと考えてもそれが叶わないのは、逆に言えば焦ってしまったり、諦めてしまうからなのです。

諦めて別の恋をするのがいいと思うなら、それもいいでしょう。

しかし、あくまで元の元カレ・元カノとよりを戻すことを望むなら、2つのキーワードは必ず守らなくてはなりません。

よりを戻すことは、あなたの気持ちだけでは叶いません。

元カレ・元カノの気持ちをあなたと同じところまで持ち上げなくてはならないのです。

よりを戻したいと思っているあなたの気持ちと、元カレ・元カノの気持ちには当然はじめは落差があります。

そこに焦れたり、なんとかしようと性急なアプローチをすることは全く持って逆効果になってしまいます。

よりを戻すということは、こんなイメージなのです。

昔ながらの桶を想像してみてください。

何枚かの板が組み合わさってできている桶の半分があなたの気持ち、もう半分が元カレ・元カノの気持ちです。

そこに注がれる水が、恋愛のアプローチだと思ってください。桶はあなたの側の板が高く、元カレ・元カノの側の板が低くなっています。

そこにどんどん水を注いでも、水は低くなっている元カレ・元カノの板の高さまでしかたまりません。

水がたまらないからといって、元カレ・元カノ側の板を無理くりに上へ伸ばそうとしたり、無茶をすれば、桶はバラバラになってもう二度と一滴の水をためることも出来なくなってしまいます。

よりを戻すためには、機が熟すまで性急なアプローチは禁物なのです。

諦めずに、地道に元カレ・元カノとの気持ちの落差を埋める努力をしましょう。

あくまで地道にです。焦ってはいけません。

どうしても気持ちが焦ったり寂しい時には、お酒を飲んでみたり買い物をしてみたり、友人とバカ騒ぎをして気を紛らわせてもいいでしょう。

しかし、どんなに寂しくても元カレ・元カノの代わりを誰かに見るようなことは禁物です。

元カレ・元カノから見ればそれはあなたの新しい恋に見えてしまうからです。

よりを戻すまでは、場合によっては長い道のりが待っているかもしれません。

あなたの最愛の人との関係を取り戻すまで、寂しくても、焦らない、諦めないことです。

頑張りすぎず、でも精一杯によりを戻す努力を続けましょう。

元カレ・元カノとよりを戻す方法で絶対にしてはいけないこと

元カレ・元カノとよりを戻す方法に、絶対にしてはいけないことがあります。

それは、よりを戻したいという気持ちや、それが叶わない辛さを一方的に元カレ・元カノにぶつけてしまうことです。

それをやってしまったら最後、よりを戻すことは永遠に叶わないと思ってください。

そもそも、恋愛というのは一人でするものではありません。

また、人間がすることですからどんなに思い合っていても、どんな約束をしていたとしても、気持ちがすれ違ってしまったりどちらかの気持ちが冷めてしまうことは現実問題としてあるのです。

あなたは辛いかもしれませんが、それはそれとして一度受け入れなくてはいけません。

二人でするものである以上、一人の気持ちではどうにもならないこともあることを頭でだけでも理解しないといけないのです。

別れた後に別れて辛い、やり直したいという未練を元カレ・元カノに押し付けてはいけません。

別れを選んだことには何かしらの理由があるわけですから、別れるという選択をした後というのは、追われれば追われるだけ気持ちは離れてしまいます。

未練という言葉が元カレ・元カノに与えるプレッシャーは相当なものです。

よりを戻したいなら、未練は見せてはいけないのです。

ましてや、このままよりを戻せないなら死にたいなどと、脅迫めいたことを言ったり、病気やケガを装って元カレ・元カノの気を引こうとしたりなんていうのは言語道断です。

付き合っている時にはあんなこともしてあげた、こんなに尽くしたのになどと恩着せがましく迫ってもいけません。

こんなことをするのは恋愛ではなく、完全な独りよがりの未練に他ならないのです。

こんなことがあれば、元カレ・元カノの中にあったあなたへの情や、もしかすると元カレ・元カノの中にもあったかもしれない未練まであなた自身の手で叩き潰すことになってしまうのです。

例えそれが別れるという選択肢であったとしても、元カレ・元カノの気持ちを尊重しなくてはなりません。

一度別れてしまったからには、その別れを受け入れ、あなた自身が別れを消化しないことには復縁はないのです。

別れを受け入れたところから、よりを戻すための一歩が踏み出せるのです。

未練は一度置いておいて、元カレ・元カノに臨むこと。それがよりを戻すための近道になるのです。

元カレ・元カノからのよりを戻すサインを見逃すな!

一度別れてしまった二人がよりを戻す時、離れた気持ちを再び近づけるポイントは、元カレ・元カノからのサインを見逃さないことにあります。

私が色々な人がよりを戻したケースを見てきた結果によると、別れた元カレ・元カノのことを思い出すとき、連絡を取ろうと思う時はどんな時かというと、一番多いのが落ち込んでいる時に思わず元恋人を頼ってしまうというケースです。

もし、別れてからは一切連絡を取っておらず、あなたが完全に元恋人への思いを失くしていて新しい道を歩いているのだとすれば、この手の連絡は女々しいまたは未練たらしいと不快に思うかもしれません。

しかし、別れた後にも連絡を取り合える関係を築いており、なおかつよりを戻すことを望んでいる状態ならば、元カレ・元カノからのこのサインは絶対に見逃してはいけません。

元カレ・元カノが落ち込んでいる理由は色々でしょう。

仕事かもしれませんし、家族のことかもしれません。

ただ、悩みの中でも多いケースは新しく付き合っていた恋人と別れてしまった、好きだった元カレ・元カノに振られてしまったというケースなのです。

あなたが好きな元カレ・元カノの恋愛の愚痴を聞くことは苦痛かもしれません。

しかし、それはチャンスなのです。

元カレ・元カノが恋愛で傷ついた時に、元恋人を頼る心理というのは自分のことを思ってくれていた、肯定してくれていた元カレ・元カノに頼って安心したいという心理です。

この時、元カレ・元カノが思い出しているのは別れ際のあなたのことではなく、間違いなく付き合っていたころの楽しかった思い出の中にいるあなたのことです。

別れた元カレ・元カノから落ち込んだ連絡がきたら、積極的に励ますのではなく、元カレ・元カノの話しの聞き役になってあげましょう。

そして、元カレ・元カノのことを肯定し、受け止めて、そして少しだけ励ましてあげればいいのです。

元カレ・元カノは自分を受け入れてくれる存在として、あなたを再認識するはずです。

ここですぐにあなたからよりを戻したいと迫るのではなく、元カレ・元カノからのサインを受け取ったら、あなたの存在がまた元カレ・元カノの中で大きくなるまで、絶妙な距離を保ってください。

そうすれば、元カレ・元カノからよりを戻したいと言わせることすら可能かもしれません。

このサインを受け取るためにも、よりを戻したい元カレ・元カノとは気軽に連絡できる関係を保っておきましょう。

サインを見逃さずにいればチャンスはかならず巡ってきます。

https://trbootstrap.com/archives/71456

元カレ・元カノとよりを戻す方法は距離を置くのが大事

別れた後にはいくら友達に戻ろうとはいっても、一定期間距離をおく必要があります。

そんなことをしていては、よりを戻す機会を失ったしまうのではと不安になるかもしれませんが、付き合っていた時との線引きをすることが一日も早くよりを戻すためにも必要なのです。

もし、その別れが喧嘩などで衝動的に別れてしまったものならば、すぐによりを戻した方がいいでしょう。

また、あなたから別れを切り出したのにいざ別れてみると後悔しているようなパターンの場合でも同じです。

元カレ・元カノの気持ちがまだあなたにあるうちに何らかのタイミングで別れてしまったならば、関係の修復は一日でも早い方が効果的です。

しかし、元カレ・元カノがあなたとこれ以上関係を継続するつもりがないことが決定的な別れならこの距離から新しい関係がはじまるのです。

付き合っている時と別れた後の関係の違いが、ただキスやセックスをしないだけというのでは、いくらなんでもケジメがつきません。

よりを戻したいならば一度は距離をとり、ちゃんと他人としての距離感、距離感から生まれる元カレ・元カノへ敬意を払うという気持ちを取り戻さなくてはならないのです。

これができずになあなあの関係を続けてしまうと逆によりを戻すことが難しくなります。

別れたショックで冷静ではいられずに元カレ・元カノに連絡を取りすぎたり、逆に傷つくのが恐ろしく、連絡出来ななくなってしまう人もいるでしょう。

その冷静でない期間は冷却期間として、二人の線引きをする期間に使ってみてください。

そして、別れを受け止めて冷静な気持ちを取り戻した時に勇気をだして連絡を取ってみましょう。

距離をおいたことで二人には新しい関係がはじまります。

恋人だった頃とは違う他人だからこそ敬意を払い、元カレ・元カノを尊敬する気持ちを持ってこそ、見えてくることもあります。

恋人だと思うから一線を踏み越えて怒ってしまったり、わがままを言ってしまっていたこともあったでしょう。

そういったものから離れてもう一度お互いを見直すことができるのです。

愛の熱は熱いですが、その熱は一過性のものです。

熱が冷めたときに恋愛を長続きさせるものが尊敬の気持ちではないでしょうか。

一度は思いを通わせた二人ですから、尊敬の気持ちを取り戻すことができれば、それはそのままよりを戻すことへと繋げてくこともできるということなのです。

前向きがよりを戻す近道。自分磨きのチャンスと考える

あなたがよりを戻してほしいと思われる立場だったらと想像してみてください。

別れたことを悲しんで、いつまでも湿っぽくいるような後ろ向きな元恋人の姿を見たら、どんな気持ちになるでしょうか。

それを見て、別れて悪いことをした、よりを戻してあげようとと思うでしょうか。

おそらくそんな人はあまりいないでしょう。

自分のことばかりを考えて後ろ向きなままの元カレ・元カノなんて、重いと思われるのがおちです。

別れて寂しくても悲しくても決して自暴自棄になってはいけません。

あなたが魅力的な人でいなければよりを戻すチャンスはやってこないのです。

よりを戻したいなら別れた期間は自分を磨くチャンスくらいに気持ちを切り替えなくてはなりません。

そして、実際に自分を磨いて見ましょう。

外見のことでもいいでしょうし、何か新しいことを始めてみるのもいいかもしれません。

そして大切なのは、その自分磨きの中に恋人と別れてしまった原因を自ら改めることが大切です。

多くの場合、別れの原因は大なり小なりお互いにあることがほとんどなのです。

元カレ・元カノが悪いと思っているケースでも、その原因になったことには自分にも非があったなんて場合もあります。

この自分磨きなしにいつまでもよりを戻すことを望んでいても前進はできないのです。

あなたが前向きで新しい道をすすんでさえいれば、元カレ・元カノも別れてそれきりということではなく、友人関係だったりまたあなたと新しい関係を持ってもいいと思うようになるでしょう。

その時がきたら、あくまで自然にこれまでとは違う自分を元カレ・元カノに見せていきましょう。

時期がきたら直接伝えてもいいかもしれません。

あなたとの付き合いを通してこんなところに気づいて、こんなところを直せたから感謝してる

などといわれれば悪い気はしないものです。

付き合っていた元カレ・元カノならば、あなたの良いところも悪いところも知っているはずです。

その悪いところを直したといわれれば、それだけでも元カレ・元カノはあなたをまた意識するようになるかもしれません。

自分磨きのいいところはよりを戻すということだけではなく、それからの人生においても決してマイナスにならないところです。

別れて寂しかったり悔しい思いをしているなら、それは自分磨きのチャンスと前向きに捉えてください。

あなた自身の魅力をアップして前向きに生活していれば、よりを戻すチャンスはきっとめぐってきます。

共通の友人はよりを戻せるかのキーパーソンになる

付き合っていた元カレ・元カノとの共通の友人が一人もいないという人はおそらくいないでしょう。

元々同じ職場やグループの中から交際に発展した場合でなくとも、付き合っていくうちに元カレ・元カノの友人と知り合い、共通の友人として交流を持つようになっている人が一人くらいはいるはずです。

この共通の友人というのは、別れた二人がよりを戻せるかにとても重要なキーパーソンだということを覚えておいてください。

別れた元カレ・元カノとよりを戻したいなら、別れをきっかけに共通の友人とも疎遠になってしまうことだけは避けたいところです。

別れてしまって寂しい時、よりを戻したいと考える時、一人で悩むよりも多くの人は誰かに相談をすると思います。

この時、やはり元カレ・元カノのことを知らない友人よりも、元カレ・元カノのことを知っている友人に相談をしたいと思わないでしょうか。

別れた恋人と自分、両者をちゃんと知っている元カレ・元カノに話しをした方が相談もしやすく、アドバイスも受けやすいというものです。

また、なぜ別れることになったのか自分ではさっぱり分からないような時でも、近くで見ていた共通の友人の目から見ると、その原因がはっきり見えていたりする時があります。

二人の近くにいて、客観的に二人を見ていた共通の友人の意見というのは、時には自分以上に一番参考になる意見だと私は考えています。

そして、共通の友人は、元カレ・元カノの近況についての情報をもたらしてくれることも多々あります。

共通の友人の仲立ちによってよりを戻せるカップルが多いのはそのためでしょう。

しかし、気をつけなくてはならないのはこの友人はあなたに元カレ・元カノの近況を知らせてくれると同時に、元カレ・元カノにもあなたの近況を伝える可能性がるということです。

あなたの強い未練が第三者の口から元カレ・元カノに伝わることが、マイナスに働くこともありますので、相談する時期や元カレ・元カノには注意をしたいところです。

ただ、その共通の友人が積極的にあなたに協力をしてくれるというのであれば、これ以上強い見方もいません。

もしその共通の友人の目から見て、よりを戻すことが可能に見えるというのならば、その友人の協力でよりを戻せる可能性も高いでしょう。

一度別れた二人がよりを戻すには、例え二人の気持ちが復縁に向かっていても、そのきっかけやタイミングが大切です。

共通の友人の協力があればそのきっかけやタイミングについては、しっかりフォローしてもらうことができるのです。

どうしても復縁したい
どうしても復縁したい人専用【復縁するための方法完全網羅!!】どうしても復縁したい方、復縁するための方法を網羅しています!文章がかなり長いので、どうしても復縁したい方限定で読んでいただければと思います!...

本当の意味で元カレ・元カノとよりを戻したいなら、よりを戻すまでの期間が大切

本当の意味で元カレ・元カノとちゃんとよりを戻したいと思うならば、別れてからよりを戻すのに最適な時期は別れてから1年から3年の間と私は考えています。

別れてしまった今この時が苦しいのに、1年から3年もの期間を耐えることなんてできないと思うかもしれません。

しかし、別れた原因を分析し改めるにも、自分を磨くにも、別れに繋がった根本的な原因を解決することは一朝一夕ではいかないこともあります。

別れてみたらなんとなく寂しくなってしまったり、別れたつもりが情だけけの惰性でよりを戻してしまう人もいます。

しかし、そのような形でよりを戻しても、再び別れを繰り返すだけの結果に繋がる人が多いのです。

私が見てきた中では、別れてから1年から3年という期間でよりを戻した二人は、その後はよい関係を築いて、長く付き合いを継続したり結婚したりしている人が多いように思います。

一度別れた二人が同じことを繰り返さないのは、よりを戻すことに時間をかけたからに他ならないでしょう。

焦って同じことの繰り返すのではなく、別れていた時間がお互いの大切さを二人に実感させたのです。

本当によりを戻したいならば、思いを寝かせて成熟させることも一つの方法だと思います。

また、3年以上別れていた期間が長くなると、思い出がいつの間にか風化して忘れられてしまったり、反対に美化されていざよりを戻した時に現実とのギャップで結局うまくいかなくなってしまうことが多いようです。

よりを戻すための気持ちの成熟期間は、ワインや日本酒と同じでおいしい時期を逃してはいけません。

私はその期間が1年から3年と思っています。

もちろんただ寝かせておけばいいわけではありません。

その期間にできることは、できる限り努力をしてください。

場合によってはそれが別の恋をするという選択肢になることもあるかもしれません。

お互いがまた誰かに恋をして、その恋が終わった時にお互いの大切さに気が付くこともあります。

忘れられない恋があるなら、短期的な視点ではなく長期的な視点を持ってあなた自身とあなたの気持ちを成熟させてみてください。

そうすれば、一度別れてしまった元カレ・元カノと、本当の形でよりを戻すことも可能なはずです。

元カレ 元カノ よりを戻す方法

元カレ・元カノとよりを戻す方法は待つと作る

未練は隠し思いは寝かせてよりを戻すためのチャンスは、ひたすら機が熟すのを待つ日が続きます。

しかし、この機が熟したと思った時には、そこからのチャンスは待っていてもやってきません。

二人が、別れる以前のように自然に連絡をとったり、会話ができる状況でお互いの気持ちのわだかりもなく別れることになってしまった原因への不安も取り除かれているならば、そこからは行動しなくてはならない時です。

よりを戻したいと思っていても、元カレ・元カノの気持ちが分からなければ、せっかく友人にもどれた関係を壊すことになるのでは不安になるかもしれません。

しかし、そうして待っていてもよりを戻すチャンスはやってきてはくれないのです。

この段階にきたら、よりを戻すチャンスやきっかけは告白をする時の心境やコツと似たものがあります。

元カレ・元カノにこちらの気持ちを少しでも気づかせて、自分を意識してもらわなくてはなりません。

二人が付き合いはじめたきっかけはなんだったでしょうか。

元カレ・元カノから告白をされたなら、気持ちを匂わせてもう一度告白してもらえるように促すのもいいかもしれません。

自分から告白をしたのなら、その時と同じことをもう一度すればいいのです。

もちろん、付き合った時には元カレ・元カノから告白された人が今度は告白をしてもかまいません。

よりを戻すという気持ちではなく、もう一度好きな元カレ・元カノに一からアプローチする気持ちで挑戦することが大切です。

そんなやり取りのなかで、付き合う前のドキドキ感や新鮮な気持ちを思い出して、よりを戻すことへ気持ちが加速することもあるでしょう。

元カレ・元カノが好きだったこと、場所、二人にしか分からないような言葉や思い出、そんなものを全て動因して元カレ・元カノにアプローチする方法を考えましょう。

元カレ・元カノとよりを戻す方法まとめ

ここでは、元カレ・元カノとよりを戻す方法について書いていきました。

アプローチのコツは初めて気持ちを伝える告白と同じです。

元カレ・元カノのことを考えて、元カレ・元カノに敬意を払い、自分の気持ちを押し付けるだけではなく、重すぎず、軽すぎず、等身大の気持ちを伝えればいいのです。

一度は成功して付き合っている二人ですから、その成功体験を参考にしてまた付き合っていた頃の元カレ・元カノのことをよく思い出してアプローチすれば、実際には一からアプローチするよりもずっと成功率は高いはずです!

ABOUT ME
ゆずぽんず
ゆずぽんず
生活Journalでは、実際に試した美容・健康商品の口コミや効果を検証するとともに、恋愛相談やモテる方法など、美しい未来を手に入れるための手助けとなるサイト作りを心掛けています!
関連記事