片思い

職場の気になる人と話せない…。相手の心を掴むにはリサーチが大事!!

職場恋愛 既婚者

職場の気になる人と話せないあなた。

なぜ職場の気になる人と話せないと思いますか?勇気が足りない??

違います。

相手の心を掴むにはリサーチが大事なんです!

職場の気になる人と話せないなら【情報を集めて会話のネタを作る】

恋愛だけに限らず、相手の心を掴むには、まず相手のことをよく知る、つまりリサーチが大事です。

社会人になって人付合いがより複雑になったり、また仕事上の接待をするときには、相手の趣味や、興味のあることを下調べして、あえて相手が乗ってくるような話題を振ることも一つの人付き合い、または仕事をスムーズに進める上で必要なことになってきたりするものです。

職場の気になる人と話せないのは圧倒的にリサーチ不足が原因です。

相手の情報を集めるのには、SNSなどもありますし、相手がもしそういったツールを利用しているのであったら、共通の友人を通じて趣味などを探ってもらって、自分が招待を受けられるまでに仲良くなることも考えましょう。

そうしたツールがなくても、さりげなく相手の動向や会話の節々をよくチェックしておくことがそうした話題作りの大きなヒントになります。

好みのタイプだとか、普段どのようなことをしているのか、などの情報はまずは友人として、知人として知り合うのに必要な情報でしょう。

そして趣味や、普段のなにげない会話でも話が続くようになったら、どんどん相手との距離が縮まっていくことでしょう。

そして相手があくまで友人として話しているのか、もしくは少しは気があるのかどうかを普段の接し方から推察して、タイミングを見計らって態度にだしてみたり、自分の好意をほのめかしたりして相手の出方をみてみましょう。

その結果によってはそれからの進展も有り得ます。

まずは相手と言葉を交わし、それなりの印象、そして友人、知人として付き合えるようにしてみましょう。

職場の気になる人と話せないなら【上手な会話のやり取りをする】

人と人が知り合うキッカケ、相手のことをよりよく知ることが出来るのは、会話というのがその切り口になります。

上手な会話、話術がある人はそれだけでも人付合いを円滑に活かせる方法を知っているわけですので、それは大きな財産です。

またその人にあった話題を振る事が出来る話題の豊富さも大事です。

普遍的な話題だけではなく、そのとき流行っている事、話題のトピックなどもしっかり押さえておいて、相手を退屈させないというのは必要なことです。

職場で起きていること、気になる人の行動にあった会話など、話す前からすでに答えが分かっている会話であれば気になる人に話せないなんてことはありません。

しかし本当に相手と気持ちを分かち合うことが出来れば、特に会話が必要ないという場面もあることですし、そうした時は、ムダな口をきかない事も大事です。

いつも会話が上手な人もそれは諸刃の剣でもあり、ともすれば軽い印象を与えてしまうこともあるので気を付けてください。

上手な会話をしよう、やりとりをしようとして、本来のあなたらしさ、あなたの良さを消してしまうようではいけません。

もし自分が気の利いた会話が出来ないタイプであったら、それはそれで認めて、自分の良さが伝わるような会話術を身に付けることが大切です。

何も、流暢に次から次へと話題を出していくことが会話ではありません。

相手としっかり意志の疏通が出来れば良いのであって、変に自分を繕おうとすると、かえって失敗の元ともなりますので注意したほうがいいかもしれません。

上手な会話術は、年を重ねるごとにどんどん身に付くものですから、焦る必要はないと思います。

職場 気になる人 話せない

職場の気になる人と話せないなら【女性は話す・男性は聞く】

それぞれの人によって、元々話し好きな人、そして寡黙な人などがいるものです。

大体カップルを見ていると、片方が話し好きの場合、もう片方が寡黙というのは良くあるパターンです。

でも基本的に恋愛の最初には、女性が話して男性が聞くという形を持っていたほうが上手くいきやすいものです。

そのことで、女性が男性に安心感、信頼感、この人なら自分のことを分かってくれると思うからです。

まずは話すよりも聞く、というが人付き合いにおける鉄則ですが、あまり話が好きではない、またどちらかというと話ベタな人の場合は、こちらが話を振ってあげて、興味を持っていることを突き止めてあげるとより話の糸口が掴みやすくなると思います。

女性でも人との会話が苦手な人、あまり話したがらない人がいたら、話し過ぎにならない程度にこちらから話をするのも大事です。

話を上手に引き出してあげるということが、一番のコツと言えばコツです。

これは異性関係だけではなくて、仕事の面でも同じです。

話を聞くといってもただ黙っているだけでは、相手は困惑するでしょう。

ですから、いかにも自分が話しているように見えて、相手に話して貰うように、相手が気持ち良く会話が出来るようにすることがポイントになります。

話をよく聞いてくれるというだけで、かなり女性にモテるという男性もいるようですから、そういった人の話術を参考に、自分も真似してみてはいかがでしょうか。

女性でも、男性をよく褒めて、楽しい場を作りだすのが上手な人もいますね。

職場の気になる人と話せないなら【時にはお酒の力も借りてみる】

酔った勢いという言葉もある通り、特に普段シャイであまり人と上手に話すことが出来ないとか、また好きな人の前だと緊張してしまうとか何らかの難ありの場合は、職場の飲み会などでお酒の力をかりてほどほどにリラックスすれば、気になる人と話せないでいても自然と話せるようになるものです。

普段職場の気になる人と話せない程シャイな人でもお酒が飲めれば、その酔いの力で少しは積極的になれるかもしれません。

ある意味、限度を弁えていれば、お酒でよりお互いのコミュニケーションをスムーズにする、そしてお酒の席で意気投合するというのもあり得るでしょう。

もし自分が密かに好きな人、狙っている人が飲み会に出るようなことがあったら、なんとしてもその飲み会に出席してお近づきになるチャンスを伺わないといけません。

普段職場の気になる人と話をしたことがなくても、お酒が入っていればより開放的になっていますし、皆と打ち解けやすくなります。

今まで話したことがない、ちょっと取っ付きにくい人であっても、実際お酒の席で話してみたら良い人だった、それは同性、異性ともにありがちです。

好きな人がいてもいなくても、よりお互いの事を知る機会、お互いの親睦を深めるのに、多いにお酒の力を利用しましょう。

そしてその勢いで、普段話すこともできない憧れのあの人と会話するチャンスでも生まれたらしめたものです。

お酒の量をコントロールして、相手に悪印象を残さない程度にしておきましょう。

人それぞれですからもちろん一概には言えませんが、女性の飲酒は、控えめな方が異性ウケが良いというのは、間違いないようです。

職場 気になる人 話せない

職場の気になる人と話せないなら【趣味や興味に共感する】

自分か好きなものを相手も好きだと、話が盛り上がりやすいです。

それは友人間でも同じ事です。

そうした人とは、趣味や価値観も近い場合があり、付き合いやすいし、より多くの共通項を見出すことができます。

もし運良くあなたの好きな人とあなたの趣味が一緒だったら、それはかなりラッキーです。

もともと趣味仲間で知り合った場合、有利に話を進めることができます。

また、もしまったく趣味の違う人同士であっても、相手に歩み寄ることによって、お互いの趣味、考え方などを理解し、刺激を与え合うことが出来るでしょう。

相手との会話を楽しみ、そして趣味の時間を楽しみ、共感し合ってより良くお互いの関係を深めることが出来そうです。

相手との会話があってコミュニケーションが盛んならいいのですが、もし友人でも会話不足になるような、話題が見つからないようになったら困ってしまいます。

自分が大好きなことを相手が理解してくれる、またその趣味や興味の方向性が似ているから価値観も似てきますね。

ときにまったく異質な人と付き合いがあるのもいいですが、普段は気の置けない自分と似たような人達と一緒にいたい、そしてその中にいるのが楽しいというのが普通の人ではないでしょうか。

相手との共通点がない場合は、まず相手の趣味趣向から調べて、その話題をふるようにすれば、相手とも打ち解けやすいでしょうね。

どうしても好きな人がいて、その人と仲良くなるには、まずは趣味辺りから近付いていくのが良いでしょう。

男友達 好きかもしれない 男女の友情
男友達が好きかもしれない…。男女の友情と愛情表現!!男友達が好きかもしれないあなた。男友達が好きかもしれないではなく、好きなんです!ここでは、男女の友情や好きな女性に見せる男性の愛情表現について書いています。きっとあなたの役に立つはずです!...

職場の気になる人と話せないなら【共通点を見つけよう】

友人でも、異性関係でもそうですが、まず話の糸口としては、お互いの共通点を見つけて盛り上がるという方法があります。

初対面の人とも何か共通する話題があればその場を上手く盛り上げる事が出来ますし、そのまま気の合う相手として長い付き合いになるかもしれません。

異性同士、なんとなく気になる相手でも、話のきっかけは何でもいいですから、職場の気になる人と話せないならお互いの共通点を見つけて同調することです。

まずは親近感を持ってもらえば、そう緊張感なしに相手に近付くことが出来ます。

そしてそうした共通の話題を向けているうちに、私たちって似てるねということになり、付き合い始める事もあるし、そのまま趣味の仲間や話がまあまあ合う人、一緒にいて疲れない人、と認識してもらえるかもしれません。

相手の反応がいまいち、自分は一生懸命共通点をアピールしているのに、相手はどうも迷惑そうだ、というのであれば、ひとまず引きあげてみて様子を見ることも必要です。

もし相手に良い印象を与えていないときは、しつこい人、出来れば話したくないような態度を取られますから、もしそうであれば、共通項探しはやめてまたチャンスを待ちましょう。

話をしていて相手が乗ってくるようであれば、嫌われていることはなさそうです。

それから先はまたあなたの話術、持っていきかた次第と言えると思います。

下調べをして、何かさりげなく話を振ってみましょう。

そこからが全ての関係のスタートになります。

職場 気になる人 話せない

職場の気になる人と話せないなら【わざと恋愛相談を持ちかける】

わざと恋愛相談を持ちかけて相手の反応を見る、というのがありますが、それも相手がその本人だということを上手にほのめかす必要があります。

友人関係を続けていたりすると、そうしたことを本気で別の人だと勘違いして、真剣に相談に乗ってくれたり、また好きな人が他にいたんだな、と誤解されるか、もし自分のことをほのめかされていることがわかっても、わざと分からない風に装うということも考えられますね。

モテる人ですと、自分のことだと分かりながら、逆に相談者がドキドキするような回答をしてきたり、思わせぶり、またはまったくその気なし、という態度を取られることがあるので覚悟しましょう。

一番良いシナリオというと、相手もそれとなくその相手が自分であることが分かって、お互いを意識し始めるということです。

それは告白以上にテクニックがいることですが、察しのいい人、すでにいいムードになっている場合は効果的でしょう。

しかし、この作戦はとんでもない的外れで終ってしまうリスクも含んでいます。

ですから、せっかく相談を持ちかけても、相手に悟られ、まったく気のない返事をされたりする可能性があります。

わざと恋愛相談を持ちかけるというのはかなり古典的な方法ですから、いまはあまり使わない人が多いのではないでしょうか。

大体は悟られて、それで何?という冷たい態度を取られたらどうしようもありません。

テレ隠しならまだいいですが、本気で興味なさそうだったらショックです。

職場の気になる人と話せないなら【一緒にいて楽しいと思わせる】

恋愛が上手くいくコツは、「一緒にいて楽しい」と相手に思わせることです。

最初の第一印象や付き合うまでのプロセスに紆余曲折があったとしても、最終的には一緒にいて楽しい人をお互いに選ぶものです。

男性の場合、ココが分かれ道で、相手と付き合いたいと思うなら、まずは一緒にいて楽しい人になることを心がけてみてはいかがでしょうか。

職場は正直あまり面白い場所ではないので、少し楽しませてあげるだけで気になる人が好意を抱いてくれるかもしれません。

友人として付き合うのも、まずは相手の事が嫌いでないかどうかによります。

恋愛関係になるのに、友人として好きというのは大事なステップであると思います。

そのまま友人で終わってしまうケースも当然ありますが、一緒にいて楽しい人とは、また会いたくなるのが普通です。

最初はお付き合いすることなど全く考えてもいなかったのに、一緒にいるうちに楽しくなって、友人としてではなく、お付き合いをすることになったという展開は意外に多いものです。

最初は恋愛感情などまるでないようでも、人の気持ちというのは変わってくるものです。

多く会うようになればそれだけ親近感も増すし、知らないうちに好きになってしまうこともあるでしょう。

一緒にいて楽しければ、自然と会ったりすることが多くなります。

相手の趣味や興味の嗜好などを調べておいて、話題を振るのも良いですし、もし元々趣味が同じなどであったら、趣味の話題で盛り上がっているうちに自然とお付き合いに発展することもあります。

まずは何よりも、一緒にいて楽しい事が大切なのです。

特に男性は、女性を楽しませることこそ恋愛成功の秘訣です。

職場 気になる人 話せない

職場の気になる人と話せないなら【褒められて嫌な気分になる人はいない】

特に男性の場合は、相手に対して褒め上手になることが、モテる秘訣ともいえます。

そうした口の上手な人はちょっと、というタイプもいますが、だいたい、自分のことを褒められて嫌な気分になる人はいないはずです。

そしてこの人は自分のことをよく分かってくれる、見ていてくれるのだ、と思わせることが出来たら、相手に対するあなたの印象はうなぎ上りなはずです。

普段あまり自分に自信がないようなタイプ、そして人から褒められるようなことがないタイプは人から褒め言葉をかけられるだけで相手が好きになってしまうことも。

特に男性は、女性から褒められるとそれだけで嬉しくなるところがあります。

実際に、褒め言葉というのは、人々の関係を円滑にする上で欠くことができないものです。

そうした褒め言葉がすらすら出てくる人は要注意、ということもありますが、人との交際の上ではそうした言葉が潤滑油になるのは当然のことです。

人の欠点ばかり指摘して気を引くようなタイプの人間は、こと「恋愛」においてはなかなか受け入れられません。

皆が大げさに相手を褒め合うくらいでも、実際のところちょうどいいのかもしれません。

出来れば誰にでも通用するような言葉ではなく、その人が褒められたいところを褒めてあげる事が大切です。

そうしたことが自然に出来る人もいますが、苦手な人もいますから、もし苦手な場合は無理をしないで、テレながらでも優しい言葉を時にはかけてあげる事も大事でしょう。

片思いってどうしたらいい?自分が気持ち悪いなら体験談を見てみる!片思いってどうしたらいい?自分が気持ち悪いなら体験談を見てみるのがおすすめです!片思いをしているのはあなただけではありませんので、参考になるかと思います!...

職場の気になる人と話せないなら【沈黙の時間もたまには必要】

あなたは二人きりのデートの時沈黙や無言の時間を作ることが出来ますか?

デートをしている最中って普通「何か話をしなくてはいけない」「相手を楽しませる話題を考えなくてはいけない」と常に思っている人がいますよね?

それって確かにデートをしている最中には必要なことではあるのですが、デートを何度も重ねて行くうちにお互いの気持ちも近づいてきているはずですよね?

それなのにまだそういうデートをしているのですか?

お互いの気持ちが近づいてくればくるほど、だんだんと口数も減ってきて、目と目を見れば何を考えているのかわかるようになってきます。

このまま友達関係でいたいのならしゃべり続けて楽しい時間を過ごせばすみますが、それでは辛すぎますよね?

もしあなたが、それ以上の関係になりたいと思うのなら、沈黙の時間と言うものを作ってみる必要があります。

なぜなら、この沈黙の時間は、お互いの気持ちを素直に表現出来る時間だからです。

この静まりかえった時間がどうしても落ち着けない、気に入らないと思っている人は、まだ、相手に対して心を許していない証拠で、すぐに話をし始めたり、場所を移動して出来るだけ沈黙の時間を作らないようにしています。

でも、もし、沈黙の時間が居心地よく感じられればもうお互いの気持ちは同じ方向を向いていて、あとはあなたが告白するだけになっています。

特に黙ったまま見つめあっていられればOKしてくれていると思って間違いないでしょう。

職場 気になる人 話せない

職場の気になる人と話せないなら【好感を持ってもらう会話】

女性も男性も話がうまい人って誰からも好感を持たれやすいですよね?

どうして話がうまい人は、そんな風に好感を持ってもらえるような会話ができるのでしょうか?

それは、あんがい簡単な方式で成り立っているのです。

まず、気になる相手のいいところ、髪形や服装など、日頃とちょっと変ったかなと思うところに注目してみましょう。

例えば、女性の場合だと、髪をアップしていたり、身につけているものが変っている時、「今日は髪をあげているんだ、色っぽいなあ、見違えたよ」など日頃気付いていないかのように話をするのもいいでしょう。

そうすれば、相手は自分のこといつも見ていてくれるんだと嬉しいと思ってくれるはずです。

その次に同じような趣味であれば一緒になって話をする。

つまり、共感を得るような会話をして行くうちに相手のことを知りたい場合、共感できることをきっかけに色々と聞きたいことが見付かるはずです。

そうしてプライベートのことを聞き出すように会話をするようにしましょう。

好感を持ってもらうためには、褒める、自分も同じ意見だというように共感する、そして、質問をし、その答えに対して褒めてあげる最後に「今度教えてもらえますか?」などと次回会う約束をそこですると言った順番が1番好感を持ってもらえる方法です。

でも、ここで肝心なのは、相手が男性の場合、女性が好きな噂話、人の悪口などを極端に嫌いますので、出来るだけそういう会話はしないように心がけましょう。

職場の気になる人と話せないなら【話している時が気持ちを伝えるチャンス】

片思いの人の前では、恥ずかしいから下を向いてボソボソ話をしているあなた、それではあなたの気持ちは相手に伝わりません。

片思い人の前だからこそ、笑顔でちゃんと相手の目を見て話を聞いたり、話しましょう。
相手は、あなたの表情であなたの心の中を読み取ってあなたの気持ちを理解しようとしてくれるはずです。

人と言うのは、相手の目を見ながら話すことが苦手です。

また、見られると言うのも苦手な人種です。

見つめられてしまうと自分の心の中を探られてしまわれそうなそんな気持ちになってしまいます。

でも、片思いの人に見つけられるとドキドキしませんか?

目を見つめながら話が出来るということは、それだけ、自分のことをわかって欲しいと訴えることが出来るのです。

相手もドキドキしながらあなたと話をしているはずです。

もっともっと積極的になりましょう。

でも、優柔不断な言葉や否定的な言葉は出来るだけ避けて会話をすることも大切です。

否定的な言葉使うのではなくあくまでも「自分はこう思うよ」と言うようにしましょう。

そういう言い方なら相手の言葉を否定することにはなりません。

また、自分の話ばかりするのではなく、相手の話を聞くことも重要です。

話をする場合は相手の反応を見ながら話をするといいでしょう。

話をしていてこの人は面白いな、楽しいなと思ってもらえるような会話をするともっと話をする機会が増えてきます。

相手の気持ちを考えながら話をするといいでしょう。

職場 気になる人 話せない

職場の気になる人と話せないなら【キャッチボールをうまくなる】

男性と2人きりで話をしていて、女性が1番嫌う男性の行動って何か知っていますか?
それは一方通行の会話なんです。

あなただけが主役で女性が脇役、脇役に話を持って行かすことは絶対にしないという行動を女性は1番嫌います。

また、話を自体しないで黙って聞いていると言うのもダメな行動です。

ここで言う言葉のキャッチボールと言うのは、相手に対して答えることが簡単な質問をしたり、相手から質問を投げ返してもらってそれを投げ返す、これを繰り返すことで、相手との距離がだんだんと縮まって、相手の情報を深く知ることが出来るのです。

ここで気をつけなければいけないことは、相手に質問を投げかける時、質問自体あまり好ましいものでなかったり、自分のうんちくを持ち出したり、嫌味に聞こえるような質問を投げかけてはいけません。

一方的に話をする人は、相手を全く尊重していませんし、自分は相手より優位だということを認めさせようとする気持ちが先にたって話をしていると思われても仕方がありません。

言葉のキャッチボールを長く続けるためには、主役は相手であって、脇役があなたであるということを日頃から心がけることです。

そうすることによって、一方通行の会話になることもなく、相手も気持ちよく話をすることが出来ます。

そして、あなたはもっと相手のことを知ることが出来るわけです。

常に相手とうまく言葉のキャッチボールが出来るように色々な情報を収集しておきましょう。

職場恋愛 社内恋愛 片思い
職場・社内恋愛で片思い。好きになってもらう【本気の心構え!!】職場・社内恋愛で片思いをしている方、好きになってもらうための本気の心構えについて書いています!職場・社内恋愛を成功させたい方は是非参考にしてくださいね!...

職場の気になる人と話せないなら【聞き上手になる】

よく、聞き上手は男性にも女性にもモテると言われていますよね?

でも、ただ何も言わずに相手の話を黙って聞いているだけで異性にモテると思っていてはいけません。

何も言わずに話を黙って聞くと言うのではなく、相手を楽しませながら、相手のことを引き出すという気持ちで話を聞きましょう。

つまり、あなたの方から相手が話している内容に対して、積極的に質問をしたり、相手に話をさせやすい状況を作るということです。

質問を投げかけることによって、相手が答える、相手の答えに対してさらに話が深まるようにして行くと言うように持って行くと相手はもっと自分の話をしたくなると言う状況になります。

話が弾んでくると自然に話も弾みますし、話の内容も濃くなり、相手のことをもっと深い部分まで聞き出すことが出来るのです。

でも、ここで気をつけておかないといけないことは、相手に対して質問を次から次へとしてしまうと相手は質問攻めにあっているような圧迫感を感じてしまいます。

また、話すことがなくなってしまい、会話が途絶えてしまいますから、1つ1つの話題に対して質問するようにしましょう。

聞き上手になるためのポイントは、興味や関心に対して、共感し、感情を込めて話をすること、話の間にあいづちを入れ、次につながる話しに持って行ってあげることです。

そうすれば、相手もあなたと話をしていると楽しいと思うようになります。

それが聞き上手と言うものです。

黙って聞くだけが聞き上手だ何て思わないようにしましょう。

職場 気になる人 話せない

職場の気になる人と話せないなら【話せないなら聞き上手になる】

職場の気になる人と話がしたいけど口下手で話せないと言う人もいるのではないでしょうか?

そういう人は話す方に神経を尖らすのではなく、聞き役に徹するようにしましょう。

自分から話をするのは、相手から質問されたり、同意を求められた場合だけ、あとは、聞き役になるのです。

この役目ほど効果的なアプローチはありません。

ほとんどの人は好きな人に自分のことをわかってもらおうと必死になって話したがるものです。

でも、そういう人は、相手の話に耳を傾けるといった行動をしません。

一方的に話をしてしまいます。

あなただけは、好きな人が話をしている時は黙ってあいづちを打って、話をきちんと聞いているという意思表示をしてあげましょう。

それと相手が話したことを繰り返すように話してみましょう。

そうすると相手が男性の場合、あいづちを打たれると本当に話を真剣に聞いてくれているんだと言う意識になってきますので、話が盛り上がってくるのです。

話が盛り上がると相手は楽しい時間を一緒に過ごせたと言う安堵感を味わうことが出来るのです。

聞き役になるということは一見簡単そうですが、そうではありませんよね?

無口な人ほど聞き役に回るとツキが回ってくるということです。

無口であることを恥ずかしがらず、相手の話を真剣に聞くと言う役に徹してみませんか?

そうすると会話が弾み、あなたといると自然に話が出来る相手、もっと話をしたいと思える

相手に思ってもらえるようになるはずです。

聞き役もこういう時には大事なのです。

きっとこれから2人きりで会う機会がどんどん増えてきますよ。

職場の気になる人と話せないまとめ

ここでは、職場の気になる人と話せない方に向けて書いていきました。

職場の気になる人と話せないなら聞き上手に徹して雰囲気を良くすることを心掛けてください。

また、全く話すことがないという方は、まずはきっかけを作り、どうにか話すようになる努力をしてみることから始めてくださいね!

恋活アプリのおすすめランキングはこちら

私が実際にいい人と出会えた恋活アプリをランキング形式にて発表しています!

あなたにもいい出会いがありますように♡

♡恋活アプリランキング♡

ABOUT ME
ゆずぽんず
ゆずぽんず
生活Journalでは、実際に試した美容・健康商品の口コミや効果を検証するとともに、恋愛相談やモテる方法など、美しい未来を手に入れるための手助けとなるサイト作りを心掛けています!
関連記事