楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    ケノンは最悪!買わなきゃよかった体験談を赤裸々暴露!!

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    ケノンは最悪で買わなきゃよかった部分があります。

    実際にケノンを使用した体験談を暴露していますので、ケノンが気になっている方は必見です!

    公式サイトはカートリッジが2個無料で付いてくるのでとてもお得です。

    Contents

    ケノンは最悪?買わなきゃよかった理由を暴露

    ケノンを購入してかれこれ7年くらい経ちます。30代男性です。

    この記事ではケノンを使用してどうだったのか、買わなきゃよかったと思っているのかなどを詳しく書いていきたいと思います。

    早速ですが、ケノンは最悪で買わなきゃよかったのかどうか。

    私個人は買ってよかったですし、買わなきゃよかったとは思いませんが、ケノンの口コミであるように、最悪で買わなきゃよかったと思えるような理由はいくつもあります。

    ケノンを検討する前に、まずはそれを確認してください。

    ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由①永久脱毛ではない

    私、山田孝之くらいひげが濃いので、剃った部分は青くなります。

    男性の中でもひげは濃い方だと自負します。

    胸毛や足もモサモサなんですが、私が一番気にしていた「あごひげ」にケノンを使用していました。

    1週間に1度(ホントは3週間に1回やってと説明書に書いてある)1年間続けました。

    そのおかげで私の剛毛ひげも本当に生えなくなったのです。

    徐々に生えなくなるのかな?と思っていましたが、2・3か月たった頃からひげが白いのが生えてきて(年齢のせいではないです。)半年たった頃には部分部分白くなりました。

    ただ、半年たってもひげ自体はビンビンでしたので、めげることなく続けていましたが、使用しだして1年経過するかしないかの時に、いきなりあごの中心部分(一番照射していた箇所)の1㎝角くらいが急に生えなくなり、あごが地図みたいになりました。

    そこからは早く、日に日に生えてこなくなる箇所が増えだし、生えてこなくなってから1ヶ月くらいでひげ全体が全く生えてこなくなりました。

    私の剛毛あごひげで1年でしたので、女性の毛は半年と経たずになくなると思います。

    内の嫁は毛が薄い方だったのですが、ケノンを脇に1度使用しただけで毛が細く薄くなったと言っていました。

    ですので、どんな毛に対してもケノンはしっかり脱毛効果はあるのです。

    ただ、前置きが長くなりましたが、永久脱毛ではありません!!

    私、知らなかった…。ショックです。

    ケノンであごひげが生えなくなってから2年程、(2年間はケノンを使用していません。)再びあごひげが生えてきました。

    この時は私もビックリで、「最悪やん。買わなきゃよかった。」と思いました。

    ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由②超痛い

    ケノンは脱毛レベルを1~10段階で選べるようになっており、照射の仕方も一発ショットと連射ショットの2種類から選ぶことができます。

    効果が高いのはレベル10の単発ショットなので、私はずっとこれでやっていましたが、痛いのなんの。

    首に打つときは針で刺された痛みが走ります。

    口コミでも「痛すぎて最悪」「痛すぎて買わなきゃよかった」との書き込みがあるほどです。

    ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由③価格が高い

    私たしか7万くらいの2年ローンで買ったんですが、7万って普通に高いですよね。

    しかも、ケノンの公式サイトってちょっと怪しい感じの雰囲気がするから騙されているんじゃないかととても不安になりました。

    ケノンの公式サイトはなんであんなに怪しいつくりなんでしょう?やめた方がいいのに…。

    7万という大金を怪しい雰囲気のするサイトで支払うのは勇気がいるので、もっともっと安くケノンが買えたら良かったなと思います。

    ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由④面倒くさい

    私1週間に1度、年間で50回くらいケノンを使用しましたが、継続して行うのはかなり面倒でした。

    普通は3週間に1度のペースとなるのですが、それでも「今日はやめよ…。」「あーケノンやらなきゃなー」的な感じになるんですよね。

    買って満足してしまうたちなので、かなり苦労しました。

    ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由⑤照射範囲が狭い

    家庭用脱毛器全般に言えることなんですが、光が当たる部分が狭いんですよね。

    あごひげと首に生えている毛だけでも1度で30回くらい照射してました。(15分くらいです。)

    これがもし、あご、首、胸、足とやっていたら辛くてやってられなかったはずです。

    ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由⑥眩しい

    セットでゴーグルももらったんですが、どこかにいってしまい「ま、いっかな。」と普通に目を開けたまま行ったんですが、眩しいのなんの。

    ゴーグルってすげー!」ってなりました。

    それからはずっと目をつむったまま行っています。

    目を悪くしない為にもゴーグルがないのであれば目を開けないことをおすすめします。

    ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由⑦コードレスじゃない

    コード普通に邪魔なんですよね。引っかかる引っかかる。

    なんでコードレスの時代にいまだにコード付きなんでしょうかね。

    足とか照射する時はコードが届かなくて足を曲げることになると思うのでけっこう大変だと思います。

    このようなことがあり、ケノンは最悪、買わなきゃよかったと感じました。

    ただ、永久脱毛ではないにしろ、本当に効果があったので私としてはそれでもケノンはおすすめできます。

    今度は上記で書いた最悪の対処法について書いていきますね!

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    ケノンは最悪だけど最高でもあった!

    ケノンについて結構ぼろくそ言ってますし、ここまでだと確かに最悪ですが対処法もしっかりあるのがケノンです。

    先に上げた最悪・買わなきゃよかった理由は次の通りです。

    【ケノンが最悪だと思われしまう要因】

    ① 永久脱毛ではない

    ② 超痛い

    ③ 価格が高い

    ④ 面倒くさい

    ⑤ 照射範囲が狭い

    ⑥ 眩しい

    ⑦ コードレスじゃない

    1つ1つ対処方を説明したいと思います!

    ケノンの最悪の対処法①永久脱毛ではない

    家庭用脱毛器に限らず、脱毛サロンでも永久脱毛はできません。

    一部脱毛サロンでもニードルを使用した脱毛方法がありますが、超痛いしめちゃめちゃ時間かかるし、高額なので続けることは困難だと思います。

    永久脱毛ができるのはクリニックや病院でのみ使用できる医療レーザーが痛みも割と少なくおすすめです。

    ただ、医療レーザーは限りなく生えなくなるだけであって、本当の永久脱毛ではないので医療レーザーでもふたたび生えてくることはあります。

    ただ、ふたたび生えてくるのは限りなく少数です。

    となると、家庭用脱毛器で生えなくなるなら、大まかに言えば家庭用脱毛器も脱毛サロンもクリニックも同じ効果ですよね。

    だったら自宅で好きな時にできる家庭用脱毛器であるケノンがイイ!ってなるんですが、私のようにまた生えたら嫌なので、

    生えなくなってからもペースを落として使い続ける!

    これに尽きると思います。

    私は毛が生えなくなってから使用を中止してしまったのがいけませんでした。

    1週間に1度のペースを3週間に1度、1ヶ月に1度など、ペースを落として使用を継続していれば、今もツルツルだったと思います。

    「勝って兜の緒を締めよ!」ではないですが、「生えなくなっても気を緩めることなく続ける!」これができれば、ずっとツルツルピカピカなのは間違いないです!

    ケノンの最悪の対処法②超痛い

    ケノンに限らず家庭用脱毛器は痛いんですよね。

    針で突き刺されているような痛みがあり、皮膚の弱いところなんかは普通に火傷します。

    ただ、「照射する箇所を十分に冷やせば」全然痛くありません!!

    レベル10・単発ショットの最高出力でも、アイスノンで20秒くらい冷やせばホントに痛くなくなるんです。

    冷やすってすごいんです!

    1回1回冷やすのは面倒ですが、冷やさない痛みに比べれば安いもんです。

    ケノンの最悪の対処法③価格が高い

    7万くらいって普通に言えば高いですが、7万で脱毛できれば安いです。

    脱毛に興味がある読者様はご存知だと思いますが、脱毛サロンやクリニックで脱毛を行うと10万円以上はかかりますからね。

    もちろん箇所にもよりますが、それでも高い。

    それなら7万円で好きな時に好きな箇所を何回でも自宅で脱毛できるのであれば、それに越したことはありませんね。

    ケノンの最悪の対処法④面倒くさい

    頑張って!!それだけです!!

    歯磨きのように習慣化するには、最初面倒くさいと思っても絶対決まった日にケノンを行ってください。

    おのずと面倒くささも薄れてきます。

    後は頑張って続けること。女性で例えば脇を脱毛するのであれば、照射するレベルや種類にもよりますが、12回くらいで毛が生えてこなくなるのではないでしょうか。

    私のように最短で効果を感じたい場合1週間に1度、合計12回程で3か月

    一般的な使用方法3週間に1度、合計12回程で9か月

    程度で毛は生えてこなくなると思います!

    ケノンの最悪の対処法⑤照射範囲が狭い

    握りこぶしくらい照射範囲が広ければ一気に終わるので楽ですが、家庭用脱毛器の照射範囲は狭いです。

    ただ、家庭用脱毛器の中でもケノンの照射範囲は広いと思います。

    私家庭用脱毛器のランキングの記事も書いていますので、家庭用脱毛器は割と詳しい方なのですが、ケノンの照射範囲は最大級の大きさなのでこれはもういたしかたないかと…。

    家庭用脱毛器の脱毛する光の出力をかんがみての照射範囲だと思うので、少しずつでも確実に脱毛していきましょう!

    ケノンの最悪の対処法⑥眩しい

    これもケノンに限らず家庭用脱毛器全般に言えることなのですが、光を肌に照射するので当然眩しいです。

    付属のゴーグルがあるのでなくさない限りそれを使用すれば良いのですが、私のようになくしてしまった場合は目をつむるしか方法はありません。

    ですので、光を照射している時は音楽などを聴きながら「ながらケノン」をすると面倒くささもなくなり一石二鳥です!

    ケノンの最悪の対処法⑦コードレスじゃない

    これはもうどうしようもないです。すみません。

    ケノンはコードレスタイプがないのでなんともなりません。

    コードをうまく手なずけてください。

    ケノンではなく、脱毛ラボさんからコードレスタイプのDatsumo Labo Home Editionという家庭用脱毛器が販売されていますが、レベルは5段階・連射モードのみなので威力は弱いかと思います。

    女性の細い毛であれば全然脱毛ラボさんでも良いかと思いますが、「我こそは剛毛なり!」と思う方はケノンにしておいた方が無難です。(私ジョリジョリのあごひげツルツルになりましたから。)

    このように、ケノンには最悪・買わなきゃよかった理由もしっかりと対処できるんです!

    あなたの毛は太いですか?細いですか?

    最短で脱毛したいですか?ゆっくりでも確実に脱毛したいですか?

    どんな悩みもケノンであれば万事解決します!

    買わなきゃよかったと思う使い方をしないように、私の失敗を糧としてくださいね!

    公式サイトはカートリッジが2個無料で付いてくるのでとてもお得です。

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    家庭用脱毛器・脱毛サロン・クリニックの違い!

    ここまでで、ケノンが最悪で買わなきゃよかった理由と対処法を書いてきましたが、「家庭用脱毛器やめよっかな。」と感じている方もいるかと思います。

    だけど脱毛はしたい!そう考えている方は脱毛サロンがクリニックなどで脱毛をすることになるかと思います。

    では、家庭用脱毛器・脱毛サロン・クリニックは一体何が違って効果が違うのか気になりますよね。

    簡単にご説明したいと思います!

    家庭用脱毛器・脱毛サロン・医療脱毛の違い

    まず、光の威力が高い方が脱毛効果は早いです。

    威力が高い順で言うと医療脱毛>脱毛サロン>家庭用脱毛器の順です。

    家庭用脱毛器の場合であれば威力が弱くても一度購入してしまえば何度も使用できるので問題ありませんが、1回1回費用が発生してしまう脱毛サロンは永久脱毛もできないので正直あまりおすすめしません。

    光の種類は、

    ●家庭用脱毛器  IPL

    ●脱毛サロン IPL・SHR

    ●医療脱毛 医療レーザー

    この種類となっています。

    IPL=威力は高いが痛い・クーリング時間が長い(3か月に1度)

    SHP=威力は普通だが痛くない・クーリング期間が少ない(1・2ヶ月に1度)

    医療レーザー=威力が非常に高く少し痛い(クーリング時間が長い(3か月に1度)

    脱毛サロンではIPLとSHRの2つの光を当てられる機械が置いてあればSHR脱毛は可能なのですが、中々置いてないです。

    SHRを当てられる機械の名前は主にバイマッハとルミクスです。

    このバイマッハかルミクスを置いてある有名な脱毛サロンは正直全然ありません。(銀座カラー・キレイモ・脱毛ラボなどなど、有名なサロンは置いていません。)

    しかし、全国展開しているラココであれば、バイマッハよりも高出力のルミクスが置いてあるので、もし脱毛サロンに行くのであればラココをおすすめします。(予約も取りやすいですからね。)

    また、費用対効果で考えた場合、家庭用脱毛器・脱毛サロン・医療脱毛の中で家庭用脱毛器か医療脱毛のどちらかを選択するのが良いかと思います。

    医療脱毛の場合、一回の費用は脱毛サロンよりも高額になりますが、通う期間が少ないのでその分費用は安くなります。

    家庭用脱毛器の場合は何度も言って申し訳ありませんが、1度購入してしまえば付属のカートリッジを交換する際(ケノンは50万回分くらい使用後)または違うカートリッジを購入する(ケノンは美顔器用カートリッジ7000円)で済みます。

    このようなことをかんがみると、脱毛サロンに通うのであれば、家庭用脱毛器か医療脱毛が良いのですが、半永久脱毛をしたいのであれば、医療脱毛がやはりおすすめです。

    有名なところで言うとTCBクリニックが全国展開していて価格も安くさらに予約も取りやすいのでおすすめです。

    もしもケノンを購入してやっぱり買わなきゃよかった最悪…。と思うくらいであれば、高くても医療脱毛の方が早くて確実だと思います!

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    ケノンなどの家庭用脱毛器は本当に最悪なの?

    私はケノンしか使用していませんが、家庭用脱毛器はしっかりとした使い方をすれば間違いなく目標である脱毛できるので、最悪ではないはずです。

    また、私ケノンの美顔器カートリッジも使用していまして、何故かというと赤ら顔なんですよね。

    酒さともいわれますが、日焼けして赤くなった肌が年中続いているような顔色をしています。

    これも昔からコンプレックスで悩んでいたのですが、ケノンの美顔器を最近購入しまして、1ヶ月に1度くらいのペースでまた脱毛と赤ら顔をカートリッジを交換しながら行っています。

    脱毛はまだ効果は出ていませんが、(謎のひげが白くなる現象は発生しています)赤ら顔の方は少し効果が見えてきました。

    だいたい4か月くらいですかね。見た目で分かるほど赤ら顔の赤い肌が薄くなっています。

    ケノンの美顔器カートリッジは、主にシワ・たるみ・ほうれい線・くすみ・シミ・赤ら顔に効果があると記載されていたので試してみたのですが、正解でした!

    目元のシワとほうれい線も少し薄くなってきているのを感じています。

    ただ、赤ら顔を本気で治したい方は、ケノンではなく病院に行くべきです。

    私は嫁に「お金ないダメ!」と言われてしまい、しょうがなくカートリッジを買いましたが、皮膚科などに置いてあるVビーム(ダイレーザー)というレーザー治療が赤ら顔には最も効果的です。

    このVビームが出る機械は皮膚科でもあまりなく、ネットで検索しないと出てこないと思います。

    2010年にVビーム・2016年にVビーム2・2020年にVビームプリマが出ています。

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    この中でもVビームプリマは早く効果を感じられるので、赤ら顔に悩まれている方はVビームプリマのある皮膚科を地元で探してみてください。

    ケノンでも赤ら顔には効果はありますが、やはり医療レーザーに比べると効果を感じられるまでが長いので、おすすめとしては医療レーザーです。

    ただ、医療レーザーで赤ら顔を改善するには少なくとも13万~20万程費用がかかりますのでゆっくりでも安く赤ら顔を改善したいのであればケノンがおすすめです。

    公式サイトはカートリッジが2個無料で付いてくるのでとてもお得です。

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    脱毛サロンは最悪?通うべき?

    私個人の意見として言わせて頂ければ、脱毛サロンは最悪です。

    ラココのようにルミクスやバイマッハという最先端の機械がある脱毛サロンは良いのですが、有名な脱毛サロン程ホントにしょぼい機械しか置いていないので、「( ゚Д゚)ハァ?」って感じです。

    効果はありますが、予約は取りずらいしお金もかかるしでホントに費用対効果は皆無ですね。

    可愛い・オシャレ・美人になりたい…。そう思う乙女の心をうまく使って商売をしているのが有名サロンのやり方です。

    嫌なのが、どれだけ機械が古くてもしっかりと機能していれば効果はあるので、「自分って毛が濃いのかな?脱毛には時間がかかるからしょうがない。」など自分が悪いと思わせて余計にサロンに通わせて余分なお金をふんだくる脱毛サロンのやり方は気に入りません。

    ラココではないにしろ、地元でルミクスやバイマッハが置いてあるエステサロンや脱毛サロンを探して頂ければまだ有名サロンよりもマシかと思います。(ただ、永久脱毛ではありません。)

    【ケノン体験談】

    永久脱毛を目指すなら医療脱毛!

    医療脱毛は細かく言えば永久脱毛ではないのですが、ふたたび生えてくる人が非常に少ないのでここでは永久脱毛と言わせてください。

    永久脱毛には2種類あり、ニードル脱毛とレーザー脱毛です。

    2つを比べてみると、

    ニードル脱毛

    ●非常に痛い

    ●IPLなどの光治療よりも費用が高い

    ●効果は早いが1回の施術に時間がかかる

    レーザー脱毛

    ●少し痛い(昔は非常に痛かった)

    ●ニードル脱毛よりも費用が高い

    ●効果が早く1回の施術も早い

    このような違いがあるかと思います。

    ニードル脱毛の痛さは針を顔に刺してみるのと同じ痛さです。

    そのまんまニードル脱毛なんです。超絶痛いですよ。私高校生くらいの時にニードル治療で赤ら顔を改善しようとしたことがあるのですが、もん絶しました。

    1回の施術は1時間くらいで、その間ずっと顔を針で刺される痛みがあります。

    ただの拷問ですね。5回セットでたしか18万くらいでしたが、行くのが怖くて2回で断念しました。

    なので、永久脱毛をしたいのであれば、医療脱毛の方が痛みもニードル脱毛よりは少なく我慢できるかと思います。

    昔は医療脱毛も非常に痛かったみたいなのですが、最近の医療機器は効果が高く痛みも少ないのが増えているので永久脱毛をするのであれば、やはりTCBクリニックなどの医療脱毛の方が良いかと思います。

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    結局何がおすすめなの?

    結局のところ私が言いたいのは、「ケノンが安くて確実、でも永久脱毛じゃないから永久脱毛したいのであれば、高いけど医療脱毛の方がいいよ!」ってことです。

    ケノンの他にも様々家庭用脱毛器はありますが、威力・効果・照射範囲を比べるとケノンの方が優れていると思います。

    男性の頑固な毛も女性の細い毛もケノンであればどちらとも脱毛可能です!

    カップルで購入するも良し、父親に「ひげない方がカッコイイんじゃない?」とおねだりして買ってもらうのも良し!

    ケノンをできるだけ安く購入してしまいましょう。

    ちなみに、ケノンはAmazonや楽天などの大手通販サイトやメルカリやラクマなどのフリマアプリでも販売しています。

    メルカリやラクマなどは中古品になるので、価格は安いですが知らない人が顔に当ててたものを使用するのはちょっと気持ち悪いですし、カートリッジの残り回数が分からないのも問題です。

    また、Amazonや楽天では保証がありません。

    もし壊れたらお終いです。

    なので公式サイトから購入するのが保証も2年あって新品なので良いのですが、公式サイトの作りがなんとも怪しいのでちょっと勇気出してください。

    公式サイトで販売されている2021年最新のケノンだと、Amazonや楽天で販売されている旧モデルよりも照射範囲や速度がパワーアップしています。

    さらに、付属の脱毛カートリッジには種類があるのですが、その中でも最高のスーパープレミアムカートリッジが付いてくるので最高レベルで照射し続けたとしても50万回使用できます。

    他にも特典は色々あるので、作りが怪しい公式サイトから検討されるのが最も安全でお得になります。

    ケノン 最悪 買わなきゃよかった

    ケノンは最悪!買わなきゃよかったまとめ

    ここでは、ケノンは最悪!買わなきゃよかったと思う理由などについて書いていきました。

    ケノンを買わなきゃよかったと思っている方はかなりいるはずです。

    ですが、効果を感じる前に使用をやめてしまった方や、効率の良いやり方をしなかった人が大半だと思うのです。

    私のような剛毛でも本当に脱毛できたので、怪しい商品が飛び交う昨今にしてみれば、私は良い買い物をしたと感じています。

    あなたの悩みがなくなりますよう、あなたがストレスから解放されますよう、心から願っています。

    公式サイトはカートリッジが2個無料で付いてくるのでとてもお得です。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents
    閉じる