楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    漠然とした不安の原因と対処法!心理カウンセラーが解説します!

    呆然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安を感じていませんか?

    誰しも不安はあるものですが、それぞれ原因や対処の仕方は変わってくるものです。

    ここでは、心理カウンセラーの目線から漠然とした不安をテーマに書いていきます。

    Contents

    漠然とした不安はなぜ起こる?

    三重県の片田舎で心理カウンセラーをしております堺です。

    この記事では、昨今の経済状況などを鑑み漠然とした不安を感じている方が多くいらっしゃるということでテーマを絞って書いていきたいと思います。

    私の勤めている病院では、主に精神に障害をお持ちの患者様を対象としたカウンセリング兼治療をしております。

    薬物依存症、ギャンブル依存症、精神障害、鬱、自殺願望、衝動障害など、自分では抑えられない感情や気持ちの揺らぎをお持ちの患者様の悩みや不安を解決に導くことが私の仕事となっております。

    精神病院に入る患者様の世間のイメージは、

    ●危ない人

    ●頭がおかしい人

    ●気がふれてしまった人

    このようなイメージだと思います。

    確かに、ベットで拘束していないと暴れてしまう方や夜中に他の患者様に危害を加えてしまう方、自殺をしてしまう患者様など、世間一般からすると「恐い感情」を抱いている方が多いです。

    しかし、あなたは自殺を考えたことはありませんか?

    人を傷つけたいと考えたことはありませんか?

    誰しもが感情の揺らぎで「負の連鎖」を抱きかねないのです。

    精神病院の患者様はこの負の連鎖のくさびを断ち切れず、自分ではどうにも感情をコントロールできなくなってしまったごく普通の方達なのです。

    また、くさびの数は人それぞれ数が違いますので、同じ病名、診断をしても解決法は異なることが多いです。

    一人一人の思い、見えている物、見ないようにするもの、見ようとするもの、言葉に対しての感情の揺らぎなどは、精神病院の患者様を知らず知らずのうちに見下している世間一般の方でも同じことが言えます。

    漠然とした不安を感じるといった悩みは私共にも毎日のように相談が寄せられます。

    漠然とした不安だけでなく、やる気が出ない、働きたくない、友達関係に疲れた、失恋して辛いなど、日々多くの不安を抱えながら人は生きています。

    この記事を読まれているあなたは漠然とした不安を感じていることと存じます。

    なぜ漠然とした不安を感じるか思い当たることはありませんか?

    あるはずです。

    感情の揺らぎをそのままにしておくと、あなたも精神に疾患を抱いてしまいかねません。

    次の項目にてあなたの深層心理を掘り下げていきましょう。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因と対処法

    あなたは、あなたらしく飾らないように生きていますか?

    感情の揺らぎというものは、理想と現実のギャップから生まれるものが多いです。

    こうしたいのに私はできない。

    我慢したくないけどしょうがない。

    些細な感情の積み重ねが漠然とした不安を招く原因となることが多いです。

    私共に寄せられる漠然とした不安を抱かれた方の感情を掘り下げると、下記の10項目に該当することが不安への原因ならびに対処法だと判断することが多かったので紹介したいと思います。

    漠然とした不安の原因・対処法①【孤独】

    年齢を問わず、あなたのことを深く理解している方はいらっしゃいますか?

    1人で結構です。家族・友達の中にあなたを思う方の存在を認識していますでしょうか。

    人は1人では生きていけません。心につながりがないと感情を乱してしまいます。

    どうしても人は周りと比べてしまう生き物です。

    街を歩いているとカップルが楽しそうにイチャイチャ歩いてくる。

    買い物袋を持った家族が微笑ましく笑っている。

    部活帰りの学生が和気あいあいと話している。

    一方で、私は1人孤独な毎日を繰り返していると考えてはいませんでしょうか?

    漠然とした不安を抱く方は、周りと自分を比べて孤独にさいなまれてしまうことがあるのです。

    若い人や独り身の方であれば友達を作ってください。

    いじめられていて自信がない。単純に面倒くさい。などの言い訳をしないでください。

    漠然とした不安をいうのは感情の危険サインです。

    見逃してしまった方は私と精神病院でマンツーで話すことになりかねません。

    気持ち悪いですよ~おじさんと面と向かってあーでもないこーでもないって話すのは(‘ω’)

    嫌でしょ?そうならないように感情の危険サインを察知して友達を作ることを始めましょう。

    ネットで良いです。好きなゲームで繋がりを作ってください。

    あなたはこれまでいくつもの選択をしてきたと思います。

    何食べよう?何しよう?いつ寝よう?毎日選択の中で生きている我々は、知らず知らずのうちに自分と周りの間に壁を作っていきます。

    あなたの常識というのはあなたが過ごしてきた毎日から作られているものなので、あなたが好きなことであれば、あなたは他者でも受け入れやすくなるものです。

    …好きなゲームなら誰とでも一緒にやれば面白いし、仲良くなれるよね!ってことね☆

    ゲームじゃなくても、リアルで友達を作れるなら良いですし、なんでもいい。ただ、面倒くさいから行動しない。ってのはダメ!

    そんなこと言ってたらもすーぐジジババになるからね!

    好きなことで生きていく。ユーチューバーが掲げてる言葉ですが、私は良いことだと思います。

    Twitter・Instagram・Facebook・TikTokなどSNSはいくらでもあるので、あなたがしてこなかったことにチャレンジしてあなたの世界の輪を広げて見るのも良いですね!

    また、家族があり子供もいる方であっても孤独を感じることは多いです。

    良い父親・良い母親、世間からズレない為に我が子が幸せに暮らせるように今まで幾度となく我慢をしいられてきたはずです。

    その結果、誰にも話せない感情を抱き、1人孤独にさいなまれてしまうことがあります。

    まずね、あなたは頑張ってきたとても偉い人です。

    自分を誇りに思ってください。

    旦那を殺したいと思う人が多い中、あなたは1人耐えて耐えて耐えて耐えて。

    あなた程の人が世の中にあふれていたら、きっと世界は穏やかな素晴らしい世界となることでしょう。

    もう良いのではないですか?

    我慢をしないといけないことは重々分かりますが、少し羽を伸ばすことであなたの視界は広がるように思います。

    友達がいない、作り方が分からない。何をしていいか分からない、面白いかも分からない。

    若くないからと言い訳をして行動しない自分を肯定するよりも、「今だからこそできる」ことを探してみてください。

    先程のSNSでも良いではありませんか。SNSを使用しているのは若い世代に限った話ではありません。

    あなたが抱く漠然とした不安というものは、あなた以外の同じ年齢層の方も抱えている悩みなのです。

    仲間を作り、共有することができれば、気持ちも軽くなると思いませんか?

    また、生涯のパートナーともう一度よく話し合うことも大切です。

    少しずつ、一言二言で結構です。

    溝が深くできているご家庭では、難しいことかもしれませんし、したくないことかもしれません。

    ただ、理由はどうあれ一緒に生活をしている人、心に少しでも存在している人というのは、あなたが存在価値をみいだしている人なのです。

    あの人はああだから。言っても聞かないから。

    こう思うのは、理想と現実のギャップに耐えかねたあなたが線を引いてしまったに過ぎません。

    何言ってるの?と思うかもしれませんが、パートナーのことで悩んでいる方は「怒りの中に寂しさを含んだ目」をしています。

    関係を修復しろとは言いませんが、過去に囚われずに今の現状のパートナーをもう一度見つめ直すことも時には必要なのではないでしょうか。

    世界は暖かいようで冷たく、冷たいようで暖かいものです。

    あなたの感情・行動次第でどちらにでも転んでしまうものが世界です。

    漠然とした不安というのは繋がりがあれば自然と解消されていくものなのです。

    ワクワクメールやブライダルネットのような出会い系アプリやマッチングアプリは単なる出会い目的でなく、メール達や趣味友達を手軽に探せるサイトもあるので、利用してみるもの良いかと思います。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法②【自信がない】

    自分に自信がある!と公に言える人は少数ですが、誰しも1つは自分に自信を持っているものです。

    手先が器用、容姿が優れている、自分の意見をハッキリ言える、行動力がある、なんでも良いのですが、今あなたは自分の良い所、自信に繋がることをみいだせていないのではないでしょうか。

    究極的に言えば、自信さえあれば漠然とした不安を感じることは全くなくなります。

    自信があるので不安を感じるはずがありません。

    ただ、自信の度合いによって不安の度合いも変化するので、漠然とした不安というものはもう一歩自分に自信を持つことで解消されるのではないでしょうか。

    自信を付けることを難しく考えがちですが、今あるあなたの自信を上げてみたいと思います。どれかは該当するはずです。

    ●人の感情を分析するのが得意

    ●人よりも物事を深く考える

    ●空間把握力が高い

    ●集中力がある

    ●愛している

    ●愛されている

    ●うまくいくことが多い

    このようなことは自信になります。

    漠然とした不安を抱いてしまう方は、自信になることを見ることができず、不安になることを見ようとしています。

    なぜなら今までうまくいくことの方が多かったから。

    ただ、これからもうまくいくとは限らない。そう心のどこかで不安を感じていないでしょうか。

    ご家庭を持つ方であれば、愛されていることを自信にするべきですが「そんなんじゃ解決しない!」と不安へ自ら歩んでいってしまいます。

    言い訳、屁理屈、嫉妬、執着などの感情は、あなたが毎日の選択から培ったものです。

    自分に自信を付けたいのであれば、今置かれている状況を把握することがまず一歩目です。

    目で見える人より優れていることだけが自信ではありません。

    私にはこれがある!と思えることを把握する、もしくはこうありたいと願うのであれば理想に近付く行動を起こすことが漠然とした不安の解消へと繋がります。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法③【お金】

    お金がないと不安になります。

    当たり前ですが、お金は感情をコントロールする支えとなるものです。

    稼げば良い。というものではなく、現状稼ぐことが難しく明日の生活に苦しんでいる方が多くいる中、漠然とした不安を抱いているということは現状ではそこまでお金に困っていないにしろ、今後を鑑みるとどうなのか。という不安を抱いているのではないでしょうか。

    日本経済で言えば、今後衰退することは間違いありませんし、AIの発達に伴い仕事を追われる人が急増することは容易に考えられる未来です。

    若ければ若い分お金には苦労しますので、昭和の時代の考えに囚われず自分ができる行動をしていきたいものです。

    主婦層の方であれば、暇な時間を有効活用できるよう、ネットで仕事を探すのも良いのではないでしょうか。

    40・50を過ぎているからと、言い訳をする人は何もできませんし、何も変わりません。

    歳のせい、環境のせい、人のせい、社会のせい、政府のせいと、誰かのせいにし生きていくことでのみ自分を肯定、存在価値をみいだすという愚かな人になりたくはないはずです。

    あなたが未来を見据え、お金により漠然とした不安を抱えているのであれば、今からでも遅くはありません。

    分からないことは調べ、投げ出さず前へ進んでみてください。

    失敗は失敗ではなく成功への道しるべなのです。

    私のように、自分の判断、失敗が相手の生死を左右する訳ではないはずです。

    理解はできるけど行動できない人は、パートナーもしくは他の誰かにお金を工面してもらう他ありませんが、不満が溜まり悪循環に陥りやすいので自分で行動することがどれだけ楽か後々思い知ることでしょう。

    ココナラというサイトがあるのをご存知ですか?

    あなたの持っているスキルを販売するサイトです。

    占い・動画編集・マネジメントなど様々なスキルを販売している人がいる中で、こんなもの仕事になるの?と思うことも実際に販売されています。

    愚痴を聞きます。話し相手になります。相談受けます。など、話を聞いてあげるだけで助かる人は数多くいるのです。

    また、誰かに相談することで漠然とした不安を解消することもできるので、1度ココナラというサイトを覗いてみてください。

    誰にも言えなかった悩みを言える相手の存在というのは、心の拠り所となるはずです。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法④【歳】

    将来のこと、健康のこと、仕事、家族など、様々な事柄を抱える年代になると不安感が募り気落ちを切り替えることができなくなってしまいます。

    若いうちは未来が広がり、できなかったことができるようになる喜びや達成感を味わうことができました。

    しかし、歳を取るにつれ、同じことの繰り返し、同じ感情の繰り返しと、刺激のない毎日を繰り返す生活となってしまうものです。

    また、歳を重ねると今度はできたことができなくなります。

    疲れやすくなる、無理が効かなくなる、怒りやすくなる。

    物事を悲観的に考えてしまうと辛く不安になってしまいますので、あなただけでなく多くの方が同じ悩みや不安を抱えていることを認識してください。

    誰しも人生のどこかで同じことを思い経験するのです。

    歳を取るというのはあなたが誇らしく生き抜いて生きた証ですので、決して悪いことではありません。

    若い人を羨ましく思いますが、数々の経験をしてきたあなたと若い人とでは、物事の判断力は雲泥の差です。

    できなくなることもありますが、あなたが培ってきた経験はあなたの大きな財産となっていることを認識してください。

    同じ悩みを抱えている方が多い中、あなたのあなただけの経験はそのままあなたの自信に繋がります。

    できないことを悲観するよりも、してきたことを誇りに思うことや、これからできることを探す方がよほど有意義だと思いませんか?

    歳を取ることを恐れないであなたらしく生き抜いていきましょう。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法⑤【将来】

    将来というものは誰しも予測できないものですので不安が募ります。

    現状に満足しているのであれば、不安の度合いも少ないものであり、漠然とした不安を抱えることはないでしょう。

    何も不自由はないけれど、この先この状態が続くのかどうか。このように考えていませんか?

    親の介護や病気、子供が大きくなったらなど、現状と違う未来を想像することで不安を募らせてしまうものです。

    そのような時はパートナーとよく話し合い、気持ちを軽くしてください。

    何が起きても大丈夫と考えることができれば、誰にも分からない未来を想像し、不安になることもなくなります。

    また、独り身の人はご家庭がある方よりも不安を感じやすいと思います。

    自分が病気や怪我をしたら誰が面倒をみてくれるのか。

    身体が動く内は良いが、歳を取るにつれて孤独感にさいなまれてしまう。

    このように感じる方は、繋がりを大切にしてください。

    人が嫌いなのは分かります。自由を好むことも。

    ただ、あなた自身違う未来を想像したことがあると思います。

    選択しなかったことを後悔するよりも、あなたらしく生き抜いてきたことを誇りにし今度どうするべきかを慎重に考えてみることで漠然とした不安も解消するのではないでしょうか。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法⑥【コンプレックス】

    誰しも、どんな美男美女であれコンプレックスは持っています。

    容姿が優れていない、ニキビ、赤ら顔、ほくろ、あざなど、外見のコンプレックスは顕著に不安を募らせ精神をむしばんでいきます。

    漠然とした不安を感じる原因がコンプレックスというのは、こういった外見のコンプレックスではなく、内面によるコンプレックスが原因なのではないかと推測されます。

    引っ込み思案、意見を言えない、消極的、ネガティブ思想など、自分の短所を他者と比較することにより不安を抱きやすくなるのです。

    あなたの長所はなんでしょうか?

    誰しも短所と長所を持っています。

    自分のダメなところに焦点を置くのではなく、自分の優れているところに目を向けてください。

    また、自分がダメだと思っていることも他人からしてみれば良い面であることもあるので、コンプレックスというのはあなたが作り出した幻影に過ぎないのです。

    漠然とした不安の原因がコンプレックスなのであれば、自分の良い面を知る努力をしてみてください。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法⑦【人の目】

    人は周りと自分を比較し、優れているか劣っているかを認識することにより精神の安定材料とします。

    人の目が気にならない人は少なく、社会で生きている方であればほぼ100%周りと自分の距離を把握し、ズレないように生きています。

    ただ、このことにより本当の自分を隠し、偽りの自分を演じることに疲れてしまうのです。

    人の目というのは多くを語り、あるべき自分を強制的に作り出させてしまうものです。

    気にしだすと止まらなくなり、不安を抱えやすくなってしまいますので、気にしないで生きることが良いのですが、そうはいきませんよね。

    ならば、気にしながら好きなようにしてみればどうでしょうか。

    例えば、奇抜な服を着る、奇抜な髪形にするなど、街を歩くだけで注目されやすくなることを1度してみてはいかがでしょう。

    1度もいたことがなくて人の目を気にしている人は臆病だと言わざるを得ません。

    周りとズレることは間違いではありませんし、自分の主張をすることはあなたが生きている証です。

    注目されるのも案外良いものです。恥ずかしいですが馴れますし、快感になる方もいます。

    こう思われているのではないか。笑われているのではないか。

    人の目を介して自分の中で勝手に想像し作り上げた現実を「本当の現実」と勘違いしてしまわないようにしてくださいね。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法⑧【世界を知らない】

    ニュースだけを見ていると、今世界がどうなっているのか不安に思う方もいるかと思います。

    世界は広く、私たち日本人では想像もできない程のことが今現状でも世界の各国で起こっています。

    日本は世界からすれば非常に衛生的で安全な国ですので恵まれた環境だと言えますが、この環境下でさえ未来を見据えることができない思考に陥りやすくなっています。

    安心安全に住めることを掲げ、民の生活を支えるはずの国ひいては政治家達が、私腹を肥やすばかりでは日本の未来は絶望的だと言えます。

    ですが、日本は生活保障があり働かなくてもお金がもらえる制度が備わっており、餓死という面からすれば非常に陥りにくい国なのです。

    上を見ればきりがないですが、日本よりも優れた国はそうはありません。

    不平・不満があるのは私も同じですし、本当に民間の企業が日本の舵を取った方がうまくいくと断言しますが、それでも他の国にいくよりは良いのではないでしょうか。

    財布が落ちていたらどうしますか?

    ねこばばしても不安になりますよね?

    そのように考えることができる人間は世界からすれば少ないのです。

    国の舵取りは偉い人に任せるとして、自分の未来の舵取りはできるはずです。

    自分はどうすれば良いのか。何か行動できることはないか。

    国に頼っても損をするだけなので、何かできることを探してみてください。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因・対処法⑨【成長】

    できなかったことができるようになる。これはとても素晴らしいことですが、反対に言えば目標を見失うことに繋がります。

    目標を見失うとやる気がなくなり、疎外感に陥りやすくなってしまうので、成長するということは安易な考えではいけないことなのです。

    また、成長することは年齢関係なく誰しも起きることで、それを素直に捉えるかどうかの違いでもあります。

    歳を取ると自分が成長したことに気付かずに「恥ずかしい」と捉えがちですが、成長することができる環境にいることをまずは誇りに思うようにしてください。

    自分の限界というのは自分が決めるものなので、あなたが限界を決めなければどこまでも行くことは可能なのです。

    自分のかごに収まっている人間と、日々成長する人間とでは、言葉や行動の重みが異なります。

    それはあなたが日々生活している中で幾度となく感じている感情をつまらないと思うか、幸せと思うかの違いになってくるのです。

    あきらめる理由を探すよりも成長できる考えを持つ方が漠然とした不安は解消されるはずです。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安が起きたとしても

    9つの事柄を踏まえ書いていきましたが、あなたに当てはまるものはありましたでしょうか?

    このような事柄以外にも漠然とした不安を感じる原因はあるかと思いますが、全ての事柄において「人との繋がり」があれば解消されるものと私は考えています。

    助け合い、幸せを共有することができる存在が、あなたを強くし幸福に導くのです。

    あなたは孤独なのではありません。

    それを言えば世界全体皆孤独なのです。

    これから繋がりを探せば良いのです。

    繋がりを探す探究者とも言えます。

    行動ができない人は「できないではなく、これからやる」と考えてください。

    何かを考え、自分を律することができるのであれば、もはや行動も不必要となってきます。

    ただ、心のどこかで現状に満足していないのであれば、少しずつでも日常のルーティーンを変化させるように自分をコントロールしていってください。

    漠然とした不安 原因 対処法

    漠然とした不安の原因と対処法まとめ

    長くなりましたが、ここでは漠然とした不安の原因と対処法について書かせて頂きました。

    一個人の意見ですので、絶対ではありませんしあなたが違うと思えばそれが正解です。

    不安は誰にでもあり、あなたや周りの人が幸せに生きられるよう自分の中で最善を尽くす努力をしているからこその不安です。

    それはとても素晴らしいことであり、あなたと関係のある方はなんと幸せなことでしょう。

    自分を誇ってください。あなたは十分に生きています。

    ただ、やりたくないことはやらなくていい、行きたくないならいかなくていい、と自分の感情に素直になれるならどれほど楽なことか。と思いませんか?

    あなたは少し気を張りすぎています。

    もっと周りを信頼し、できることがあるのであれば、少しずつでも行動できるように準備をしていきましょう。

    大丈夫です。どんなことがあってもあなたは大丈夫です。

    真剣に考え最後まで私のつたない記事にお付き合いして頂いたあなたであれば、今後何が起きようと行動できるはずです。

    漠然とした不安 原因 対処法
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents
    閉じる