脇の悩み

ワキガ手術のメリット・デメリット!再発するの?知っておいて!!

クリアネオ

ワキガ手術のメリット・デメリットとは!?再発するの??

ワキガ手術を受ける前に良い点、悪い点だけは知っておいてくださいね!

もくじ
  1. ワキガ手術のメリットとデメリット
  2. ワキガ手術のメリット
  3. ワキガ手術のデメリット
  4. ワキガ手術のメリットとデメリットまとめ
  5. ワキガ手術のデメリット解説!再発の可能性
  6. 手術後にワキガが再発する理由
  7. ワキガ手術の費用・料金・値段や保険適用について
  8. ワキガ手術の費用と保険適用額の相場
  9. ワキガ手術は料金や値段で決定しないことが大事
  10. ワキガ手術のメリット・デメリットまとめ

ワキガ手術のメリットとデメリット

「ワキガ手術を受けたい・・・!」

ワキガに悩む人は、このように一度はワキガ手術を考えますよね。

ですがワキガ手術がどんな感じなのかわからず、怖くて不安になる人もたくさんいます。よくわからないから、ワキガ手術を躊躇してしまうんですよね。

ワキガ手術にはいったいどんな良い点と悪い点があるのか、ワキガ手術を受ける前には知っておきたいものです。

今回は、そのワキガ手術のメリットとデメリットについてまとめてみました!

ワキガ手術のメリット

ワキガ手術のメリット①完治出来る可能性がある

ワキガ手術を受ける最大のメリットは、

「ワキガが完治出来る可能性がある」

ということです。

ワキガを完全に完治させるには、ワキガ手術しかありません。

とは言っても手術をしたから必ず完治するわけではないですし、完治しにくい手術や治療法もたくさんあります。

しかしワキガを完治させるには、手術しかないのが現状となっています。

デオドラント製品を使ってもそれは一時的な対処法であり、何もしなくてもワキガの臭いがしない!という完治状態にするにはやはりワキガ手術しかないのです。

クリアネオ

ですが、ワキガ手術には様々なリスクがあります。

そのため、「完治したいならワキガ手術を受ければいいじゃないか!」と安易に勧めることもなかなかできません。

それくらい、ワキガ手術のデメリットはたくさんあるんですよ。

後々に起こるかもしれない副作用や後遺症のことを考えると、ワキガクリームなどのデオドラント製品を使う方がより良い選択だったりします。

それでもワキガ手術を受けるなら、カウンセリングを受けたり病院や医師選びを事前にしっかり行い、納得してから行いましょう。

ワキガ手術のメリット②永久脱毛が出来る

これは男性にとってはデメリットになりますが、女性にとってはとても嬉しいメリットです。

女性だったらワキガじゃない人でも脇の永久脱毛をするくらいなので、ワキガ治療と一緒に脱毛が出来ればラッキーですよね。

クリアネオ

全ての手術や治療で永久脱毛が出来るわけじゃないですが、永久脱毛が出来る手術や治療法を選べば、永久的に毛が生えなくなります。

永久脱毛もしたいという人にとっては、かなりお得になる手術・治療ですね。

また永久脱毛したらワキガの臭いが軽減したという人は多いので、ワキガだったら脇の毛はなくしておくのが一番ベストです。

男性はわき毛を残しておきたいかもしれませんが、気にならない人は脱毛してしまうというのも一つの方法ですね。

ワキガ手術のデメリット

ワキガ手術のデメリット①様々な副作用や後遺症が発生する

ワキガ手術は、下記のような副作用や後遺症が起こる可能性があり、失敗のリスクが伴います。

傷跡・手術跡が残る

皮膚が引きつれたり、ケロイド化したりする

血腫が出来たり、皮膚が壊死したりする

肌が色素沈着する

ワキガの臭いが消えない

ワキガの臭いがさらに強くなる

術後臭が起こる

すそワキガになる

代償性発汗が起こる

腕や手のしびれが起こる

皮膚の知覚低下が起こる

テープかぶれが起きて酷いかゆみに襲われる

体温調節がうまくできなくなる

肩こりが異様にひどくなる

このような様々な副作用や後遺症が発生してしまうのが、ワキガ手術の大きなデメリットとなっています。

ごくたまに起きるというわけではなく、多くの人がこのような症状に悩まされてしまうので、本当に安易にワキガ手術を受けることをおすすめ出来ないのが現状です。

もちろん完治さえすればワキガの臭いに二度と悩まなくて済むので、受けるなとも言えません。

ですが、手術を受けるならこのような副作用や後遺症が起こる可能性がある、ということを頭に置いておくことは大事です。

リスクを背負ってでも、それでも完治を目指してワキガ手術を受けたいと考えるなら、実行する価値はあるでしょう。

ワキガ手術の後遺症や副作用は上記の通りですが、それ以外にも手術には痛みや費用の面で負担がかかるというデメリットがあります。

「ニオイが消えた!手術が成功した!」と喜んでも、ワキガがまた再発する可能性すらあるのです。

ワキガ手術のデメリット②手術後の痛み・ダウンタイム

ワキガ手術中はもちろん、手術後の痛みやダウンタイム(施術してから回復するまでの期間のこと)もかかるのがワキガ手術です。

手術中は麻酔を打つからそんなに痛みは感じないですが、麻酔があまり効かなかったりして痛みを感じる人も中にはいます。

そして手術後に麻酔が切れたら、多くの人が痛みを感じているのです。

クリアネオ

切る手術はもちろん、切らない手術でも痛みを感じることはあるので、術後の痛みはどんな手術・治療でも覚悟しておかなくてはなりません。

その痛みはかなりひどく、再手術したくてもこの術後の痛みが恐怖で出来ない・・・と思う人もいるほど。

また術後のダウンタイムは普通だと1週間、長いと2週間くらいかかる場合があります。

その間は

仕事や家事に支障が出て、普通に生活をすることができない

腕が固定されて動かしにくくなり、日常生活を送りづらい

なんてことになってしまいます。

家族がいる人は手伝ってもらえますが、いない人は日常生活自体が不便になってしまうのです。

また仕事がある人は、休まざるを得なくなる場合もあります。

長期間休むことが出来る人ばかりではないので、手術後のダウンタイムの時間が長いということは、ワキガ手術の大きなデメリットとなりますね。

また効果の高い手術ほど術後ケアが大変で、復活までに時間がかかります。

痛い

動けなくなる

・・・というのが、ワキガ手術後の大きなネックとなっています。

ワキガ手術のデメリット③高額な手術費用がかかる

ワキガ手術は、それなりに高額な費用がかかるのが大きなデメリットとなっています。

保険適用になるものもありますが、多くのワキガ手術は保険が適用されません。10~15万円かかる手術が多く、さらに高いものだと30~50万円くらいかかります。

一度で完治すればまだいいのですが、再発して再手術をすることもあるので、そうなればまたお金がかかることになりますよね。

実際に、手術を受けたけど効果が感じられずに、何度も手術を繰り返し受ける人もたくさんいるのです。

高額な費用がかかるのも、ワキガ手術の大きなネックとなってしまいますね。

ワキガ手術のデメリット④再発する可能性がある

ワキガ手術は、再発する可能性があるというのが一番のデメリットです。

いったんはワキガの臭いが消えても、その臭いがまた復活する可能性があるのです。

ワキガ手術の中でも完治率が高い手術を受けたとしても再発する可能性はあるので、大きな不安要素の一つとなっています。

剪除法のように目視で行う手術は、アポクリン腺の取り残しが少ないため完治しやすいです。

ですが医師の腕には差があり、あまり腕の良くない医師の手術を受けると、取り残しが発生して再発する可能性があるんですよ。

その他の手術はアポクリン腺を目視で除去しないため、さらに取り残しが多く発生します。手術を受けてもワキガの臭いが再発してしまう可能性は、どの手術でもあるのです。

つまり、

「ワキガ手術を受けたとしても、必ず完治するわけではない」

ということです。

ワキガの臭いがなくなった!と思っても、その後しばらくしたらまた臭いが復活する可能性はあるのだということは、ちゃんと覚えておきましょう。

ワキガ手術のメリットとデメリットまとめ

ワキガ手術のメリット

完治出来る可能性がある

永久脱毛が出来る

ワキガ手術のデメリット

様々な副作用や後遺症が発生する

手術後の痛みがあり、ダウンタイムが長い

高額な手術費用がかかる

再発する可能性がある

ワキガ手術のメリットは、ほぼ「完治出来る」ということに尽きます。

ですがデメリットはたくさんあり、いろんな副作用や後遺症のリスクを背負うことになるのです。

他にも強い痛みや高額な手術費用、そして再発の可能性まであるため、気軽に手術を受けることは避けた方が無難ですね。

ワキガ軽度から中度の人は、ワキガ手術よりもワキガクリームなどのデオドラント製品をまず使ってみることをおすすめします。

それだけでワキガの臭いが薄くなり、気にならなくなるケースもたくさんありますからね。

ワキガ重度の人もワキガクリームで臭いが軽減されるので、ぜひ一度使用してみてください。

それでもどうしても臭いがあって辛いと感じるくらいワキガ重度なら、ワキガ手術を検討してみてもいいと思いますよ。

ワキガ手術のデメリット解説!再発の可能性

ワキガ手術のメリット・デメリットは把握して頂けたかと思います。

更に知識として、デメリットである再発について深堀していきます!

希望をもってワキガ手術を受けても、

ワキガの臭いがまだ残っている

ワキガの臭いがまたしてきた

ワキガの臭いが今までより強くなった気がする

こんな結果になってしまう人も意外といるのが現実です。

「ワキガ手術を受けたのに、ワキガがまた再発してしまった」

こういう結果になってしまうこともあるんですよね。

つまり、

ワキガ手術をしたからといって100%完治するわけではない

ということなんですよ。

それくらいワキガ手術は、非常に難しい手術なんです。

とはいえ、

完治するためにはワキガ手術を受ける以外に方法はない

というのが現状です。これではワキガで悩んでいる人は、どうしたらいいかわからなくなってしまいますよね。

完治したいのに、ワキガ手術を受けても100%完治するかどうかわからないのですから。。

でもどうせワキガ手術を受けるなら、出来るだけ完治したい・再発させないようにしたいものです!

手術後にワキガが再発する理由

手術後にワキガが再発するのは、こんな理由があります。

アポクリン腺を完全に除去できていない

アポクリン腺が新しく生まれている

アポクリン腺が再生する

このような理由で、手術をしてもワキガ臭が再発してしまうんですよ。

「せっかく手術したのに・・・なんでワキガ臭がまた出てくるの?!」という状態になってしまうのは、こんな理由からだったんですね。。

全ては、ワキガ臭の原因であるアポクリン腺の”取り残し”や”再生”にあったんです。

クリアネオ

アポクリン腺を完全に除去できていない

ワキガ手術をしても、アポクリン腺を完全に除去できていない場合は再発します。

完全に除去できていれば再発することはないのですが、取り残しがあると、残ったアポクリン腺から臭いが発生するのです。

この場合再発というより「アポクリン腺の取り残し」というわけで、手術が完全に成功していなかった、ということになりますね。

また取り残した部分が成長して再生し、ワキガ臭が出てしまう、ということもあります。これは完全に再発ですね。

アポクリン腺が新しく生まれている

ワキガ手術を受けてアポクリン腺を除去しても、新しいアポクリン腺が体の中で生まれている場合は再発します。

これは、子どものうちにワキガ手術を受けた場合に起こることが多いですね。若いうちはアポクリン腺が未発達なので、新たに生まれることが多く、再発しやすいんです。

アポクリン腺は、第二次性徴期に発達していきます。その前にワキガ手術を受けても、その後体が成長するにつれてアポクリン腺がまた体内で生まれてしまうのです。

そうするとせっかく手術を受けたとしても、またワキガの臭いが感じられるようになってしまいます。

アポクリン腺が再生する

ワキガ手術を受けていったんアポクリン腺を取り除いても、また再生してしまい、ワキガが再発するということがあります。

手術でアポクリン腺を除去しても、少しでも残っていたら半年から1年くらいで再生してしまうのです。

アポクリン腺が再生してしまったらワキガの臭いが復活するので、再発してしまうというわけです。

少しだけ再生するという人もいますが、今までと同じくらいのたくさんのアポクリン腺がまた再生してしまう人もいます。そうなると、完全に再発ですね。

ワキガが再発しやすい手術と再発しにくい手術

ワキガ手術にはいろいろな種類がありますが、ワキガが再発しやすい手術と再発しにくい手術があります。

ワキガが再発しやすい手術:アポクリン腺を取り残している場合。少しでも残れば再発の可能性がある。

 

ワキガが再発しにくい手術:アポクリン腺を完全に除去している場合。完全に取り除けば再発はしない。

どの手術を受けたら再発しやすいのか、再発しにくいのか、というのはかなり気になるところですよね。

再発を避けるためにも、ワキガ手術を受ける前には必ずチェックしておきましょう!

ワキガが再発しやすい手術

ワキガ手術の再発率が最も高い手術は、「吸引法」です。この手術は、アポクリン腺の取り残しが発生しやすいのです。

脇の上部を数mm切って「カニューレ」という細い管を差し込んで、アポクリン腺やエクリン腺や皮脂腺を吸い出すのが吸引法です。

この手術法だと、医師がアポクリン腺を目視して除去しないので、どうしても取り残しが発生してしまうんですよね。

吸引法での再発率はとても高く、専門書にも30~40%の再発率と書かれているほどなんです。

治療費用も高額だし、高い再発率があるとなると、あまり有意義な手術法とはいえないですね。

吸引法よりさらにワキガが再発しやすい治療

またその他にも再発率が高いのは、「切らないワキガ治療」です。吸引法よりも、さらに再発率が高くなります。

電磁波

レーザー

超音波

これらの治療だと皮膚を切らないで済みますが、アポクリン腺を完全に破壊することが出来ず、破壊したとしても再生してしまう可能性があります。

アポクリン腺はすべて破壊されなければ臭いは残ったままですし、再生してしまう可能性も高くなります。

切る手術よりも体に負担はかかりませんが、その分再発率が高く、施術を受けた人の50%は不満を感じていると言われているほど。

費用も決して安くはないし、それで再発の可能性が高いなら、「切らない治療」はあまりおすすめ出来ませんね。

吸引法

切らないワキガ治療

これらが再発しやすいワキガ手術&ワキガ治療だということは、手術を受ける前にぜひ頭に入れておきましょう。

ワキガが再発しにくい手術

ワキガ手術の再発率が最も低い手術は、「剪除法」です。

剪除法は脇の下を数cm切って反転させ、医師が皮下組織にあるアポクリン腺を目視で確認しながら除去していくという手術です。

医師が目で確認しながらアポクリン腺を1つずつ取り除いていくので、取り残しの可能性がとても少なく、再発の可能性も低い手術となっています。

剪除法は、

保険が効くから費用が安い

完治率が高い

という特徴があり、ワキガを確実に治したい人に人気があります。

完治しやすいので、ワキガ重度の人には向いている手術ですね。

クリアネオ

ただ医師の腕によって結果に差が生まれてしまうことも多く、アポクリン腺を取り残して再発してしまう可能性もあります。

アポクリン腺は非常に再生力が強いので、剪除法を受けても1本でも取り残しがあれば、数カ月後から数年後にアポクリン腺が再生して増えて、ワキガが再発することもあるんです。

そうなると剪除法でもワキガの臭いがまた復活してしまうので、絶対に再発しない手術であるというわけじゃないってことなんですよね。

なので剪除法を受けるなら、信頼できる腕の良い医師の元で受けることが何よりも大事になります。

ワキガ手術を受けてもワキガを再発させない方法

ワキガ手術を受けても絶対に再発しない、という手術は存在しません。どんな手術を受けても、再発のリスクはやはりつきまといます。

ですがその中でも、出来るだけワキガを再発しない手術を選びたいですよね。中には完治している人も、ちゃんと存在しているのですから。

ワキガを完治させたいなら、最も高い完治率を誇る「剪除法」を受けるのが一番ベストです。

そして、その中でも

実績があり信頼できる腕の良い医師に手術を依頼する

というのが一番大事になりますね。

ワキガ手術を頼む医師

ワキガ手術を受けても再発しない方法は、

剪除法を選ぶ(ワキガ重度の場合)

実績があり経験が豊かな病院を選ぶ

信頼できる腕の良い医師を選ぶ

ということになります。

ワキガ手術を受けたら絶対に再発しない、ということはありません。再発したり、ワキガ手術の副作用や後遺症に悩まされることもあります。

それでも完治させるためには、ワキガ手術を受けるしかありません。

デオドラント製品を使えばワキガの臭いをかなり抑えられますし、それで充分な人もいますので、まずはワキガクリームなどのワキガ臭を強力に抑えるものを使ってみるといいでしょう。

それでも臭いが抑えられなかったり、完全にワキガを治したい!と考えるなら、出来るだけ再発しないような手術・医師を事前にしっかりと選び抜いてください。

そうすれば、再発の可能性がグンと低くなるでしょう。

クリアネオ 口コミ 効果
クリアネオの口コミや効果は?効かない人の3つの特徴とは!?クリアネオの口コミや効果について調べました!クリアネオを使い続けるとどうなるのか気になりますよね。ここでは、効かない人の3つの特徴を口コミを参考にしながら書いていきたいと思います!...

ワキガ手術の費用・料金・値段や保険適用について

ワキガ手術は、高額な費用がかかります。

保険適用が可能な手術・可能な病院やクリニックはありますが、美容要素が強いという理由で保険適用が効かないことも多いんです。

そのため、あまり気軽に手術を受けられないというのも事実。

また一度治療を受けても完治するとは限らず、再発して何度も手術を受けて、高額な費用を何回も支払うというケースもあります。

もしワキガ手術を受けるなら、費用がどれくらいかかるか事前にしっかりとチェックしておきたいものですよね。今回はワキガ手術の費用と、保険適用額の相場を調べてまとめてみました。

【補足】

保険適用なしの手術も、病院によっては保険適用となっているところもあります。

また下記費用額はあくまでも相場なので、病院・クリニックによって値段は違うということだけはご了承ください。

ワキガ手術の費用と保険適用額の相場

剪除法

自由診療:20~40万円

保険適用:4~5万円

剪除法は脇の下を4~5cmほど切って肌を反転させ、医師が直接目で確認しながらアポクリン腺を除去していくという手術です。

治療法としては最も効果が高く、再発の可能性も低いため、重度のワキガの人に向いている手術ですね。

費用は自由診療なら20~40万円とそれなりにかかりますが、保険適用されれば4~5万円とかなり安く済ませることが出来るため、経済的負担はあまりかかりません。

ただし切る手術のため、ダウンタイムにかなり時間がかかってしまうのがデメリット。完治する可能性は高いですが、傷跡もしっかり残るし、それなりにリスクも伴う手術だといえます。

皮下組織削除法

自由診療:20~30万円

保険適用:なし

皮下組織削除法は、皮膚を抑えるローラーのもう片方に皮下組織を削る刃がついている器具を使います。

皮膚を1cmほど切ってこれを挿入し、刃の部分で皮膚組織をそぎとっていくのです。多汗症にも効果があり、ワキガの完治率も高い優れた手術です。

ただし保険適用がなく、自由診療となり20~30万円とそれなりに高い費用がかかります。

完治しやすいですが、ダウンタイムの時間もかなりかかり体への負担も大きいため、一長一短がある手術と言えますね。

マイクロリムーブ法

自由診療:25~30万円

保険適用:なし

マイクロリムーブ法は、脇の下を数mm切ってマイクロシェービングコンソーラーという医療器具を挿入し、アポクリン腺を壊して吸い取る手術です。

傷跡もとても小さく、術後の回復も早いという画期的な手術ですね。しかし保険適用がなく、費用も25~30万円とかなり高額です。

目視ではないのでアポクリン腺を100%除去することは出来ないですが、再発の可能性が低く傷も小さいのでかなり優れた手術です。

皮下組織吸引法

自由診療:15万円前後

保険適用:なし

皮下組織吸引法は、脇の皮膚を数mm切って脂肪吸引に用いる「カニューレ」という細い管を差し込み、アポクリン腺等を吸い出す手術です。

手術時間もあまりかからずダウンタイムも短いですが、目視でアポクリン腺を取り除くわけではないので、再発の可能性があります。

費用も保険適用がないので、15万円前後とそれなりにかかってしまうのがネックですね。

体にはあまり負担がかからないですが、料金は意外と高額で、ワキガが治らない可能性もある手術となっています。

超音波吸引法

自由診療:15万円前後

保険適用:認められているが、治療に手間がかかり美容目的が大きいので自由診療として扱われることが多い

超音波吸引法は、脇に数mm穴を開けて器具を入れて汗腺を破壊する超音波を発生させ、アポクリン腺を吸い取る手術です。

傷跡もあまり残らず体にも負担が少ない手術ですが、超音波でアポクリン腺を破壊しきれなかったり、アポクリン腺を吸い取りきれなかったりするデメリットもあります。

費用も保険適用されず15万円ほどかかってしまいますし、完全に臭いが消えない可能性があるため、重度のワキガの人にはおすすめ出来ません。

ミラドライ

自由診療:40~50万円前後

保険適用:なし

ミラドライは、マイクロ波を利用して皮膚内部のアポクリン腺やエクリン腺の汗腺を破壊する治療法です。切らないため傷跡が残らないし、ダウンタイムの時間も短いのがメリットですね。

ただし治療前の麻酔注射が痛いという人が多いうえに、術後に脇の痛みを感じている人も少なくはありません。それでいて、再発の可能性も低くはない治療法なんです。

また費用は保険適用がなく、40~50万円とかなりの高額です。高額な費用を払ううえに、再発の可能性もあるというのがミラドライのネックですね。

ボトックス注射

自由診療:5~10万円前後

保険適用:なし。ただし「重度の原発性腋窩多汗症」には保険適用が可能で3万円程度。

ボトックス注射は、ボツリヌス菌の毒を脇の下に注射する治療法です。

発汗時の伝達物質の分泌が注射で抑制されるので、打つだけで汗の量が減っていきます。ワキガの原因である汗が減るので、注射するとワキガ臭が軽減されていくという仕組みですね。

傷が残らず治療時間も短いのがメリットですが、半年くらいしか効果が持ちません。またボトックス注射を継続して打たないと、ワキガ臭が復活してきてしまいます。

しかし繰り返しボトックス注射をすると、アポクリン腺やエクリン腺の汗腺が委縮していくことがあります。

そうすると効果は続きやすくなるので、軽度のワキガの人や子どもには向いている治療法ですね。

費用は通常は保険適用されず、1回5~10万円かかります。ですが「重度の原発性腋窩多汗症」なら保険が適用されて、もっと安い3万円程度で済むようになりましたよ。

電気凝固法

自由診療:3~12万円

保険適用:なし

電気凝固法は、脇の毛穴に電気の針を刺して電流を流してアポクリン腺等を熱凝固する治療法です。

熱を加えることでアポクリン腺が破壊されるので、ワキガ臭が軽減されるという仕組みです。術後の回復期間も短く、傷も出来ないし、永久脱毛も一緒に出来るので女性には嬉しいですね。

費用も3~12万円と安いため、受けやすい治療となっています。

ですが完治することは少ないので、ワキガ軽度の人には向いていますが重度の人にはあまりおすすめ出来ませんね。

レーザー治療

自由診療:15~30万円

保険適用:なし

1mmのカニューレという細い管を毛穴に挿入して、レーザーを照射してアポクリン腺を破壊する治療法です。傷跡もあまり残らないし、治療時間も短いため、体にはそんなに負担がかかりません。

しかし両脇で15~30万円かかるので意外と高額だし、汗腺が残っていて再生する可能性もあります。

軽度のワキガの人には効きますが、重度の人にはあまり効果がないワキガ治療と言えますね。

クリアネオ

ワキガ手術は料金や値段で決定しないことが大事

ワキガ手術の料金は、

高ければ良い

安ければ悪い

というわけでは決してありません。

料金が高くても効果を感じられなかったり、安くても完治することは普通にあります。

また病院やクリニックによって費用は変わりますし、医師の腕によって手術の結果は変わってしまうのです。

もし手術を検討するなら「費用が安いから・高いから」、という理由で決めることだけはしないでください。

手術をするならちゃんとカウンセリングを受けて、医師や病院が、

自分に合っているかどうか

信頼できるかどうか

ということを確認することが、何よりも大事ですよ!

ワキガ手術のメリット・デメリットまとめ

ここでは、ワキガ手術のメリット・デメリットについて書いていきました。

ワキガ手術は安易に受けると失敗する可能性もあるので、メリット・デメリットはちゃんと頭に置いておかなくてはなりません。

ですが成功さえすればワキガの臭いに2度と悩まなくて済むので、ちゃんと調べて自分に合った手術を受けてくださいね。

費用が高いから、安いからという理由で手術を決めることはなく、自分が信じられる医師の元で手術を受けること。

これが何よりも大事だということを、ぜひ覚えておいてくださいね。

ABOUT ME
ゆずぽんず
生活Journalでは、実際に試した美容・健康商品の口コミや効果を検証するとともに、恋愛相談やモテる方法など、美しい未来を手に入れるための手助けとなるサイト作りを心掛けています!
関連記事