楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    ホワイトショットとHAKUを比較!効果の違いを細かく解説!!

    ホワイトショットとHAKUを比較しました!

    ホワイトショットとHAKUの違いはなんなのか?効果やどっちがおすすめかを細かく解説したいと思います!

    Contents

    ホワイトショットとHAKUを比較!違いは何?

    ホワイトショットとHAKUの違いをざっくり言うと、使っている美白成分や美容成分が違います。

    ホワイトショットの美白有効成分とHAKUの美白有効成分を比較するとこのようになっています。

    ホワイトショットの美白有効成分

    「シミ予防(抑制)」

    4-n-ブチルレゾルシン・トラネキサム酸

    「シミ薄く(還元)」

    アスコルビン酸2-グルコシド

    「シミ消す(排出)」

    デクスパンテノールW

    ホワイトショットの美白成分

    「肌全体のくすみ」

    アサガオエキス・オウゴンエキス

    HAKUの美白有効成分

    「シミ予防(抑制)」

    4MSK・トラネキサム酸

    「シミ薄く(還元)」

    3-O-エチルアスコルビン酸

    「シミ消す(排出)」

    4MSK・酢酸レチノール

    HAKUの美白成分

    「シミ予防」

    Zカット複合体

    美白有効成分を比較するとこのようになっていますが、何がどう違うのかを更に比較してみると、

    シミ予防(チロシナーゼ活性抑制)

    ・右から効果が高く刺激が強いです。

    トラネキサム酸<4-n-ブチルレゾルシン<4MSK

    シミ予防(毛細血管に作用)

    Zカット複合体

    シミ薄く(ターンオーバーを促進)

    刺激は両成分ともほぼありません。

    アスコルビン酸2-グルコシド<3-O-エチルアスコルビン酸

    シミなくす(薄く目立たなくさせ消す)

    ・右から効果が高く刺激が強いです。

    デクスパンテノールW<酢酸レチノール<4MSK

    ホワイトショットとHAKUの美白有効成分を比較すると効果の違いや刺激の違いがあることが分かります。

    どちらが良いかと言うと、シミをピンポイントで何とかしたいのであればHAKU、肌全体のくすみを改善しつつシミを改善させたいのであればホワイトショットを使用するのが良いです。

    理由としてホワイトショットとHAKUの1番おすすめな美白商品を比較して解説していきたいと思います!

    ホワイトショットのCXSとHAKUのメラノフォーカスZを比較!

    ホワイトショットCXSとHAKUのメラノフォーカスZは両方とも美容液となっています。

    どちらも美容液がシリーズを通して1番効果が高くなっていますので、ホワイトショットやHAKUで何を使用したら良いか悩まれているのであればホワイトショットCXSとメラノフォーカスZを使用すれば間違いはないかと思います。

    さて、このホワイトショットCXSとHAKUのメラノフォーカスZは何が違うのか比較していきたいと思います。

    ホワイトショットCXSの全成分

    ・有効成分

    4-n-ブチルレゾルシン、アスコルビン酸2-グルコシド

    ・その他の成分

    水、BG、エタノール、グリセリン、PEG-8、グリチルリチン酸2K、アサガオカラクサエキス、水添大豆リン脂質、ビワ葉エキス、フィトステロール、レンゲソウエキス、スターフルーツ葉エキス、海藻エキス-1、オウゴンエキス、モクツウ抽出液、クララエキス-1、シラカバエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ローズマリーエキス、ブクリョウエキス、大豆リン脂質、ショウキョウエキス、マヨラナエキス、ヨモギエキス、ラウロイル加水分解シルクナトリウム液、水酸化K、カンテン末、クエン酸Na、無水エタノール、オレイン酸ポリグリセリル、キサンタンガム、ローカストビーンガム、クエン酸、コハク酸ジエトキシエチル、濃グリセリン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、メチルパラベン

    HAKUのメラノフォーカスZの全成分

    ・有効成分

    4MSK、トラネキサム酸

    ・その他の成分

    オトギリソウエキス、イチヤクソウエキス、トルメンチラエキス、ユリエキス、塩酸グルコサミン、濃グリセリン、ヨモギエキス(2)、ルムプヤンエキス、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、精製水、ジプロピレングリコール、ベヘニルアルコール、エタノール、α-オレフィンオリゴマー、メチルポリシロキサン、キシリット、ピバリン酸イソデシル、N-ステアロイル-N-メチルタウリンナトリウム、ワセリン、マルチトール液、ポリエチレングリコール1000、ミリスチン酸ミリスチル、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、ステアリルアルコール、ポリエチレングリコール20000、1,3-ブチレングリコール、ジイソステアリン酸グリセリル、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、エデト酸二ナトリウム、クエン酸、2-O-エチル-L-アスコルビン酸、l-メントール、水酸化カリウム、クエン酸ナトリウム、イソステアリン酸、ピロ亜硫酸ナトリウム、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、L-セリン、フェノキシエタノール、β-カロチン

    何が違うのかを簡潔に言うと、

    ホワイトショットCXS

    シミ改善(大)刺激(小)+くすみや黄ばみ・肌全体

    HAKUのメラノフォーカスZ

    シミ改善(特大)刺激(中)・スポット使い

    このような認識で良いかと思います。

    ホワイトショットにはスポット使いのSXSという美容液もありますが、SXSには毛細血管に作用してシミを予防するアサガオエキスとオウゴンエキスが含まれておらず、総合評価としてはCXSの方が上回っているのでCXSを比較対象としました。

    刺激に弱い方や年齢を重ねた肌であればホワイトショットCXS、刺激に強く頑固なシミをどうにかしたいのであればHAKUのメラノフォーカスZを試してみると効果を感じやすいかと思います☆

    \超お得な SXS の限定キット発売中/

    ホワイトショットCXSとHAKUのメラノフォーカスZは両方とも毛細血管に作用する!

    ホワイトショットCXSとHAKUのメラノフォーカスZにはそれぞれアサガオエキス・オウゴンエキスとZカット複合体が配合されています。

    両方とも毛細血管に作用する成分なのですが、作用の仕方が異なります。

    ホワイトショットCXSを比較!違いは?

    洗っても取れない茶渋のような肌に効果的

    どんよりしたくすみ、よどみ感、濁り感

    年齢を重ねた肌に

    歳を重ねるごとに老化色素のリポフスチンという成分が出てきてしまいます。

    赤ちゃんの白目は白いが歳を取ると白目が黄色っぽくなるのはリポフスチンが原因と言われているので、ようは老化を促すような成分です。

    お肌はターンオーバーがありますが、血管の内側の血管内皮細胞は生まれ変わりが遅く、血管内皮細胞にこのリポフスチンがこびりついてしまうと血管自体がよどんで見えてしまいます。

    顔には血管が沢山あり、血管を流れている血液もリポフスキンによりどす黒く見えてしまうため顔全体がくすんで見えてしまうのです。

    また、リポフスチンが血管の内側にこびりついてしまうと血流を低下させてしまうことも顔色が悪くなってしまう原因となっています。

    血管の内側の血管内皮細胞にこびりついてしまったリポフスチンを分解して作らせないようにするのがホワイトショットCSXに配合されているオウゴンエキスとアサガオカラクサエキスなのです。

    この2つの成分が血管の内側の血管内皮細胞にこびりついてしまったリポフスチンを除去してくれるので、血管の内側の汚れが取れるだけでなく、毛細血管に血液が隅々まで行くようになるので肌が明るく透明感のある肌に生まれ変わることができます。

    この方にも4-n-ブチルレゾルシンでシミを予防し、アスコルビン酸2-グルコシドでお肌のターンオーバーを促進させるので、肌全体のトーンアップをしながらシミを予防し薄く目立たなくすることが可能となっています。

    しかし、デクスパンテノールWというシミの排出を促す成分は含まれていないので、できてしまっているシミにはHAKUのメラノフォーカスZの方が効果を感じやすいかと思います。

    HAKUのメラノフォーカスZを比較!違いは?

    頑固なシミに効果的

    レーザー後の再発してしまうシミ

    HAKUのメラノフォーカスZも毛細血管に作用するのですが、ホワイトショットCXSと作用が異なります。

    シミのレーザー治療をした後、色素沈着なしにシミが綺麗になる人と、色素沈着がかなり出てしまいシミが再発してしまう人がいるのですが、HAKUの研究により違いはレーザー照射後シミの部位に新生血管が多いかどうかということが分かりました。

    レーザー照射後だけでなく新生血管があるとシミが消えづらかったり濃くなりやすかったりするのですが、新生血管にはウロキナーゼという血管を作ることを刺激する成分が多く、逆に新生血管などの異常血管の多い場所には必ずウロキナーゼも多いです。

    紫外線が当たってしまうと、ウロキナーゼがメラノサイト(シミの元)を活性化するチロシナーゼという酵素を刺激し、それにより更にメラノサイトが活性化してしまうので、シミの原因になるメラニン色素を沢山作ってしまいシミが濃く消えにくくなってしまいます。

    ですので、ウロキナーゼを抑えればシミの再発や色素沈着を抑えることができ、消えやすい薄くなりやすいシミにすることができるのです。

    このウロキナーゼの産生を抑えることができるオトギリソウエキスが配合されている成分の総称としてZカット複合体と呼ばれている成分が作用してくれるのがHAKUのメラノフォーカスZとなっています。

    また、4MSK・トラネキサム酸など様々なアプローチによりシミを撃退してくれる美容液となっているので、HAKUのメラノフォーカスZはシミの予防だけでなく、できてしまっているシミにも効果的に作用してくれる美容液となっています。

    ただ、ホワイトショットCXSと比べると刺激が強いので、敏感肌の方や乾燥肌であれば肌全体に塗布することができるホワイトショットCXSをおすすめします。

    どちらも本当にシミに効果のある美容液ですので、肌全体使用で刺激が少なくゆっくりでも確実にシミ改善ができるホワイトショットCXSなのか、スポット使いで刺激は強いが効果の高いメラノフォーカスZなのかを検討してみてくださいね☆

    \超お得な SXS の限定キット発売中/

    他の化粧品を比較!

    ホワイトショットシリーズとHAKUシリーズで私が1番おすすめの商品を比較しましたが、両方とも美容液でしたので化粧水・乳液も比較していきたいと思いますが、その前に先程ホワイトショットシリーズにはSXSというスポット使いの美容液があるとお伝えしましたので、簡単にホワイトショットSXSを解説したいと思います。

    ホワイトショットSXSを比較!

    有効成分:4-n-ブチルレゾルシン、アスコルビン酸2-グルコシド

    ホワイトショットSXSにはアサガオエキスとオウゴンエキスが含まれていない代わりに、有効成分であるグリチルリチン酸2Kという抗炎症作用(ニキビ・肌荒れ予防)・や収斂作用(毛穴引き締め作用)のある成分が含まれています。

    グリチルリチン酸2Kはニキビケア商品には必ずと言って良い程配合されている成分で、グリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれています。

    シミを予防する4-n-ブチルレゾルシン、シミを薄く目立たなくするアスコルビン酸2-グルコシド、グリチルリチン酸ジカリウムによるターンオーバーを整え促進する作用により、シミの抑制・還元・排出の3つのアプローチを可能にしている美容液となっています。

    ですので、ホワイトショットSXSはホワイトショットCXSよりもシミ単体には効果が高いと思います。

    ホワイトショットCXS

    ・シミ改善(中)+肌全体のトーンアップ

    ・とろみのあるさっぱりとしたテクスチャー

    ・肌全体

    ホワイトショットSXS

    ・シミ改善(中と大の間)

    ・コックリとしたテクスチャー

    ・スポット使い

    メラノフォーカスZ

    ・シミ改善(大)

    ・コックリとしたテクスチャー

    ・スポット使い

    ちなみに、メラノフォーカスZの方がホワイトショットCXSやSXSよりも安いのですが、ホワイトショットシリーズのすごいところは美容成分と沢山配合されている点です。

    ヒメフウロエキス、カッコンエキス、ビワ葉エキス、アロエエキス-2、フィトステロール、クロレラエキス、スターフルーツ葉エキス、海藻エキス-1、アーティチョークエキス、クララエキス-1、シラカバエキス、ローズマリーエキス、ブクリョウエキス、マヨラナエキス、ショウキョウエキス、ユズセラミドなど

    肌に良いとされる美容成分がふんだんに配合されているホワイトショットシリーズは、値段はHAKUよりも高くなっていますが値段以上の美容効果を発揮してくれるシリーズでもあるのです。

    ホワイトショットとHAKUの化粧水を比較!

    ホワイトショットの化粧水であるホワイトショットLXとHAKUの化粧水であるアクティブメラノリリーサーを比較するとこのようになっています。

    ホワイトショットLX

    ・有効成分

    デクスパンテノールW(シミの排出)

    ・その他の成分

    水、DPG、PEG-8、グリセリン、BG、エタノール、グリチルリチン酸2K、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、オレンジフラワー水、水添大豆リン脂質、ビワ葉エキス、フィトステロール、レンゲソウエキス、モクツウ抽出液、ヨモギエキス、ローズマリーエキス、POE水添ヒマシ油、キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、無水エタノール、オレイン酸ポリグリセリル、パラメトキシケイ皮酸オクチル、メチルパラベン、TEA

    シミ(中)乾燥(小)刺激(小と中の間)美容(大)

    アクティブメラノリリーサー

    ・有効成分

    4MSK(シミの予防・排出)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症作用・収斂作用)

    ・その他の成分

    L-セリン、トリメチルグリシン、2-O-エチル-L-アスコルビン酸、精製水、エタノール、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、ポリエチレングリコール1000、 トレハロース、カルボキシビニルポリマー、イソステアリン酸、エリスリトール、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、キサンタンガム、水酸化カリウム、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、エデト酸二ナトリウム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、フェノキシエタノール

    シミ(大)乾燥(中)刺激(中)美容(中)

    刺激が比較的弱く美容成分を多く配合しているホワイトショットLXはシミを改善させながら肌の調子を整えてくれる化粧水となっているのに対し、アクティブメラノリリーサーは刺激が少し強い代わりにシミを薄く目立たなく消す作用を有しており、加えてニキビ予防や毛穴引き締めなどの総合的な肌のケアに向いている化粧水となっています。

    ホワイトショットとHAKUの乳液を比較!

    ホワイトショットの乳液であるホワイトショットMX・ホワイトショットRXSとHAKUの乳液であるインナーメラノディフェンサーを比較するとこのようになっています。

    ホワイトショットMX(ミルク)

    ・有効成分

    デクスパンテノールW(シミの排出)

    ・その他の成分

    水、グリセリン、BG、ジメチコン、PEG(30)、ポリグルコシルオキシエチルメタクリレート液、ジメチルシラノール・ヒアルロン酸縮合液、オレンジフラワー水、水添大豆リン脂質、ビワ葉エキス、フィトステロール、レンゲソウエキス、モクツウ抽出液、ヨモギエキス、エタノール、ジグリセリン、α-オレフィンオリゴマー、硬化油、ステアリン酸PEG、メチルフェニルポリシロキサン、カルボキシビニルポリマー、ステアリン酸ソルビタン、ポリオキシブチレンポリグリセリンステアリルエーテル、ベヘニルアルコール、キサンタンガム、水酸化K、ワセリン、無水エタノール、オレイン酸ポリグリセリル、ビタミンE、無水ケイ酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

    シミ(中)乾燥(小)刺激(小と中の間)美容(大)

    ホワイトショットRXS(ジェルクリーム)

    ・有効成分

    トラネキサム酸(シミの予防)、グリチルリチン酸2K(抗炎症作用・収斂作用)

    ・その他の成分

    水、シクロペンタシロキサン、エタノール、BG、ジグリセリン、グリセリン、ジメチコン、ローズ水、POE・POPジメチコン共重合体、水添大豆リン脂質、サンザシエキス、ビワ葉エキス、ヒキオコシエキス-1、レンゲソウエキス、マヨラナエキス、海藻エキス-1、ローズマリーエキス、タイソウエキス、大豆リン脂質、クララエキス-1、ヨモギエキス、高重合ジメチコン-1、クエン酸Na、濃グリセリン、オレイン酸ポリグリセリル、無水エタノール、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン

    シミ(小)乾燥(中)刺激(小)美容(中)

    インナーメラノディフェンサー

    ・有効成分

    4MSK(シミの予防・排出)、酢酸レチノール(シミの排泄)、グリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症作用・収斂作用)、アラントイン(抗炎症作用)

    ・その他の成分

    酢酸DL-α-トコフェロール、3-O-エチルアスコルビン酸、精製水、エタノール、ジプロピレングリコール、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、メチルフェニルポリシロキサン、キシリット、トレハロース、2-エチルヘキサン酸セチル、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、ベヘニルアルコール、カルボキシビニルポリマー、バチルアルコール、水酸化カリウム、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル、エデト酸二ナトリウム、キサンタンガム、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ヒマワリ油(1)、フェノキシエタノール

    シミ(大)乾燥(中)刺激(中と大の間)美容(中)

    3つを比較するとこのようになっています。

    シミや乾燥、刺激や美容成分などに違いがありますが、シミに効果的な順番はホワイトショットRXS<ホワイトショットMX<インナーメラノディフェンサーとなっています。

    ホワイトショットMXはシミを改善させながら美容効果を得たい方、ホワイトショットRXSはシミを予防させながら肌全体のトータルケアをしたい方、インナーメラノディフェンサーは刺激に強くシミを大きく改善させたい方に向いているかと思います。

    ご自身のお肌に合わせて検討してみてくださいね!

    ホワイトショットとHAKUを比較まとめ

    ここでは、ホワイトショットとHAKUを比較していきました。

    ホワイトショットはCXS、HAKUはメラノフォーカスZとおすすめの美容液がありますが、どちらのシリーズもシミに特化したラインナップとなっていますので、どちらのシリーズを使用されてもシミに効果的に作用してくれることと思います。

    ただ、シリーズの中でも狙っている作用などが異なるので、シミを予防したいのかできてしまったシミを何とかしたいのかによって使用される商品を選ばれると良いかと思います。

    また、年齢を重ねた肌や敏感肌の方でゆっくりでも確実にシミを改善させたい方はホワイトショットシリーズ、刺激があってもできてしまったシミをどうにかしたい方はHAKUを選ばれると効果を感じやすいのではないでしょうか。

    ホワイトショットもHAKUもおすすめできるシミ対策シリーズですのでぜひ試してみてくださいね!

    \超お得な SXS の限定キット発売中/

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents