楽天・Amazon・Yahoo!期間限定セール開催中☆彡

    ビーグレンの危険性!ハイドロキノンの副作用を解説!!

    当ページのリンクには広告が含まれています。

    ビーグレンの危険性を解説します!

    ビーグレンにはハイドロキノンを含んだものがありますが、副作用や危険性が気になっている方もいるかと思います。

    ハイドロキノンとはどういったものなのか、ここで簡単に把握していきましょう!

    Contents

    ビーグレンの副作用や危険性は?

    まず先に、ビーグレンを使用したことがある方はどの商品でも副作用が出たという方はほとんど居ません。

    “ほとんど“と言うのは、やはり化粧品系の商品なので肌に合う・合わないがあるからです。

    肌に合わなかった人はビーグレンを使用して肌荒れや湿疹の副作用が出たという方が極稀に居ます。

    ビーグレンには乳化剤が含まれている

    また、ビーグレンの多くの製品には“乳化剤“という添加物が使用されています。

    乳化剤という添加物はビーグレンに限らずどの化粧品にも含まれている添加物になるため危険性があるものではありません。

    ほとんどの化粧品が油溶性という成分と水溶性という成分を混ぜて作り、油溶性と水溶性を混ぜ合わせる時に乳化剤が必要不可欠になります

    そのため、無意味に使用している添加物ではなく必要不可欠の添加物のため危険性はありません。

    ですが、ビーグレンには美白効果の高いハイドロキノンという成分が配合されているものがあります。

    ハイドロキノンとはなんなのか、次の章でお話ししたいと思います。

    ハイドロキノンの危険性を解説!

    シミ消し効果が高いことで人気のハイドロキノンクリーム。

    シミ消し効果が高いゆえに、色々な化粧品メーカーがこぞって発売したりもするわけで

    そこで気になるのが危険性ですよね。

    化粧品は、効果的な成分ほど浸透しにくい!というデメリットがあります。

    そして、効果的な成分ほど使い方や扱い方も大切なんです。

    これは化粧品全般に言えること。

    ハイドロキノンクリームの場合、使い方で一番気を付けたいのは紫外線の影響を受けやすいこと!

    つまり、日中は避けたほうが良い!ということで、こういったデメリットを無視して使うと副作用に悩まされることにもなります。

    ハイドロキノンクリームは皮膚科でも処方される成分です。

    効果があるから皮膚科でも処方されるっていうことです。

    アメリカの皮膚科の場合、患者さんによりハイドロキノンの濃度を変えるドクターもいるらしいです。

    一般的には濃度4%ぐらいのハイドロキノンクリームですが、7%の濃度で処方することもあるんだそう。

    でもこれは、ドクターの管理の元に使う場合の話。

    むやみに高濃度のハイドロキノンクリームを使えばよい!というものではないんです。

    濃度は高い方がいいに決まってるじゃない!濃度が高い方が、早く効くじゃない!

    そう考えるのが一般的だけれど、それはかぶれたり肌荒れしたりがなければの話。

    でも、濃度が高ければそれだけリスクも伴ってくることを忘れずに。

    シミ美白に、1か月続ければ何かしら違いを感じるというハイドロキノンクリーム。

    ハイドロキノンはシミに効果的な反面、扱い方を間違えるとシミに悪影響があることもあります!

    ドクター処方でない場合、濃度が高ければ高いほど肌負担も大きくなる!これもハイドロキノンクリームの特徴です。

    ビーグレンの副作用

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    化粧品は効果的と言われるものほど注意点があります。

    <ハイドロキノンクリームのデメリット>

    ・濃度が高いと肌負担が大きくなる
    ・浸透せず、肌上に残ると肌荒れの原因になる
    ・紫外線の影響を受けやすい
    ・長時間空気に触れると茶色く変色する

    ハイドロキノンを含んだ製品のデメリットはこのようになります。

    また、ハイドロキノンの副作用で気になるのが白班です。

    白班は肌の色素がなくなってしまい、肌が部分的に白くなってしまう減少です。

    しかし、白班になってしまう程のハイドロキノンはビーグレンには配合されていません。

    ハイドロキノンは濃度が5%を超えると白班になってしまう可能性が上がっていきますが、ビーグレンに含まれているハイドロキノンの量は1.9%となっているので安全です。

    ハイドロキノンは配合量が多ければ多い程美白効果は高いですが、それに比例して危険性も高くなってしまいます。

    上記の事柄を踏まえたうえで、人気のハイドロキノンクリームを比較してみました。

    ビーグレンの危険性や効果を比較!

    ビーグレンホワイトプログラムアンプルールラグジュアリーホワイト
    価格1944円(税込) 1890円(税込)
    トライアル内容・クレイウォッシュ
    ・10-YBローション
    ・Cセラム
    ・ホワイトクリーム1.9
    ・モイスチャーリッチクリーム
    ・ローション
    ・コンセンレートHQ110
    ・薬用アクティブフォーミュラ
    ・エマルジョンゲル
    ハイドロキノン配合・ホワイトクリーム1.9・ローション
    ・コンセンレートHQ110
    ・薬用アクティブフォーミュラ)

    アンプルールは、安定型ハイドロキノンを使っているのが特徴。

    シミに効果的だと言われているハイドロキノンは効果が高い反面、光や酸素、熱に対して不安定で取り扱いが難しいのがデメリット。

    アンプルールの「新安定型ハイドロキノン」は、これまでより安定して効果が発揮されるように処方されていて、お肌に対する刺激も少なくすることに成功した成分です。

    ハイドロキノンを配合しているアンプルールのコンセンレートHQ110と、ビーグレンホワイトクリーム1.9を比較してみました。

    ビーグレンホワイトクリーム1.9アンプルールコンセンレートHQ110
     
    美白成分ハイドロキノン安定型ハイドロキノン
    ハイドロキノン濃度1.9%不明 ・記載なし
    使うタイミング夜のみ夜のみを推奨・朝は日焼け止めクリームを塗るように記載あり
    1本の持ち約2か月約1か月半
    塗り方シミの部分・顔全体・目の際まで使えるシミの部分だけ、塗り広げない
    妊娠中ドクター相談を推奨記載なし
    浸透力世界特許取得した浸透技術使用
    価格6480円(税込) 15g10800円(税込) 11g
    パッケージエアレスポンプエアレスポンプ

    アンプルールコンセンレートHQ110に使われている安定型ハイドロキノンは紫外線の影響を受けにくいようになってはいるものの、はやり、夜に使うことを推奨しています。

    ですが、濃度が明記されていないのが気になります。

    ビーグレンホワイトクリーム1.9との大きな違いは浸透技術を使っているかいないか!

    化粧品成分には効果がある成分ほど浸透しにくい!という特徴があります。

    塗った時浸透せず、肌上に残る化粧品が多ければ多いほどかぶれたり肌荒れしたりする確率も↑

    これは、濃度が高くなるほど出やすくなります。

    ビーグレンホワイトクリーム1.9のハイドロキノン濃度は1.9ですが浸透技術を使ってることで、浸透したときの濃度は4~5倍にも!

    私が思うに・・・シミケアが初めての人は、最初はどちらを使っても実感すると思います。

    ですが、アンプルールにはハイドロキノンの配合量が書かれていないので、安全にハイドロキノンを使用したいのであればビーグレンがおすすめです。

    私は、ビーグレンもアンプルールも使いましたけどビーグレンでシミに変化があったので、結果的にビーグレンを使い続けています。

    価格で比較しても、ビーグレンのほうが良心的ですしね☆

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレン以外のハイドロキノンクリームの危険性

    ネットショップでハイドロキノンクリームを検索するとたくさんでてきますね。ちょっとピックアップしてみます。

    ■濃度2%・・・・1080円 42g
    ■濃度2%・・・・1980円 70g(昼用、と記載あり)
    ■濃度記載なし・・2800円 43g
    ■濃度4%・・・・3240円 5g
    ■濃度記載なし・・1874円 5g
    ■濃度10%・・・24300円 45g

    ハイドロキノンの1本の容量チェックをしてみると、かなりばらつきがありますね。

    1個の容量がかなり多いのに驚くほど安いものもあります。

    ハイドロキノンクリームは紫外線の影響を受けやすいので、一般的に夜だけに使うの良いとされています。

    容量が多ければ多いほど酸化やすく、そして茶色く変色してしまうことを考えるとあまり量が多くないほうがいいと思います。

    また、クリームが入っている容器なんですが、酸化しやすいことを考えると一般的なクリームが入っているボトルよりもエアレスポンプが◎。

    濃度10%っていうのも危険性が高い気がします。

    アメリカのドクターでさえ7%でしか使わないのに化粧品で10%!

    確実に浸透する技術を使っていれば肌上に残る成分が少なくなるので肌荒れする心配は減りますケド、特別な技術を使っているとかの記載もありませんでした。

    濃度は確かに高い方が効果はあると思います。が!高くなればなるほど肌負担軽減策は必要になります。

    実は、上記のハイドロキノンクリームに中に昼用・・・と書いてあるハイドロキノンクリームがあったんです。

    ハイドロキノンは紫外線で変質しやすい成分です。

    何かしら対策はしてあるんだとは思いますが、進んで使わないほうがいいかと。

    いくつかのハイドロキノンクリームをチェックしてみたら上記のようになりました。

    効果的な成分ほど浸透しにくく肌荒れしやすい!

    濃度が高ければシミに良さそうに感じますが、濃度の高さよりも大切なのは肌奥まで確実にハイドロキノンが届く!ということです。

    肌奥に届かなければ、シミは消えませんものね。

    ・濃度が高いが浸透しにくい⇒肌荒れしやすく美白効果が低い

    ・濃度が低いが浸透しやすい⇒肌荒れしにくく美白効果が高い

    こういうことだと思います。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    一番効果があるハイドロキノンクリームはビーグレンホワイトクリーム1.9

    ハイドロキノンクリームのメリットとデメリット・副作用などを踏まえたうえで、私がたどり着いたのはビーグレンキューソームホワイトクリームト1.9。

    一般的な美白クリームの場合、1か月の量にしてみたら、30g位が目安・・・とある本に書いてありましたけど、私が使ってるビーグレンキューソームホワイトクリームの場合は少量で効果的!

    1本15gですが夜だけなので、規定量を使って2か月位持つんです。

    空気に触れないエアレスボトルになっているので、酸化しにくく茶色く変色することなく最後まで使えます。

    肝心の濃度ですが、ハイドロキノン濃度は1.9%。濃度だけ見てしまうと、決して高くはないと思います。

    ビーグレンの場合は、肌上に残る部分が少なく、ほとんどの成分が肌奥へ浸透する処方になっています。

    結果、濃度が1.9%でも、浸透技術を使うことで、その効果は4~5倍に匹敵するとも!

    Cセラムだけでも随分薄くなったんですけど、ホワイトクリームをプラスしたら更に薄くなりました!

    透明感が違ってくることに加え、目の下のシミも薄く肌キメもよくなってきています。

    ハイドロキノンクリームは効果的なシミ消しクリームですが、効果的な反面浸透しにくいし短所もあります。

    あらゆる面でチェックし、いいと思うものを選んでくださいね。

    ビーグレンキューソームホワイトクリームは、365日返金保証付きのトライアルでお試しすることができます。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレンは危険性が高く効かない…の口コミを論破!

    ビーグレンは危険性が高く効かないとか、ピュアビタミンCは効果が無い!などの口コミを見た方。

    実はそれ、使い方が間違っていたり勘違いしている場合が多かったりします。

    口コミを見てると結構間違った使い方や逆効果な使い方してる人います。

    ビーグレンのピュアビタミンCは 高濃度で浸透性が高く小さなカプセルが直接ケアしたい細胞に届きます。

    なので、そのまま紫外線を浴びるのは実は危険だったりします。ビタミンCを塗っただけの外出はNG!

    ちゃんと紫外線対策(日焼止めクリーム等)を忘れないのも大切。※わたしはヌーディーヴェールで予防

    効かなかったという口コミだけを鵜呑みせず、ニキビケアについても、洗顔の方法、クリームの塗り方、使い方の説明書は、良く読んだほうが効果をより早く体感出来て良いのかも知れませんね。

    ビーグレンの効果は?

    ビーグレンの効果は個人差がありますが、洗顔料の場合は1度の使用で肌が1トーン程明るくなり、化粧水の場合は乾燥肌の方の方が効果を早く実感でき、1度の使用で乾燥が気にならなくなります。

    美容液の場合は使い続けることで効果が発揮され、毛穴汚れの改善や毛穴の引き締まりが期待できます。

    これらの商品だけではなく、どの商品も使い続けることでより効果が発揮され、ケア方法や使用量などを守ることで憧れていた肌に近づくことができます。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレンのメリット&デメリット

    商品を購入するのであればメリットとデメリットを知っておきたいものです。デメリットは話さず、メリットばかり話している商品は正直信用できないですよね。

    ビーグレンのメリット

    やはり肌に良い成分を使用しているということもあり、使い続けることで↓

    ・肌トラブルの改善

    ・今まで抱えていた肌の悩みが改善

    ・メイク前に使用してもべたつかない

    というのがビーグレンのメリットです。

    実際にビーグレンを使用している方のメリットの意見をいくつか紹介すると、クレイウォッシュを使用した方は「使い始めて3日で肌のザラつきがなくなりました」と話し、Cセラムを使用した方は「毛穴の開きが解消されました」と話しています。

    また、ビーグレンはどの商品も低刺激のモノが多いため敏感肌や乾燥肌の方にはより使いやすい・肌に合っている商品というところが肌に負担がなく使い続けることを考えるとメリットでもあるようです。

    ビーグレンのデメリット

    ビーグレンの商品の中には泡立てずに使用する洗顔料があるため、今までモコモコの泡で洗顔をしていた方からすると物足りなさを感じる洗顔のようです。

    また、低刺激で肌に良いビーグレンの商品ですが、使用後にきちんと落とさないと吹き出物が出るという方が多く居るようで、きちんと落とすことができていない方がビーグレンの商品にデメリットを感じているようです。

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレンの口コミから危険性や効果を調査!

    購入する前にビーグレン使用者の方たちの口コミを知りたいですよね。

    良い口コミだけでなく、悪い口コミも合わせてご紹介するので参考にしてください。

    ちなみに、こちらはビーグレンのCセラムの口コミです。

    ビーグレンの悪い口コミ・評価は?

    全く効果がなかったです。高い商品だったのでがっかりです。

    浸透するのに結構時間がかかります。

    ビーグレンの良い口コミ・評価は?

    化粧品ジプシーでしたが、とうとう納得のいくものに出会えました。今はシリーズで愛用中です。こんなに効果が出るものはほかにあるでしょうか?透明感が出て、吹き出物は全くでなくなりました。

    ビーグレン口コミ・評価からわかること!

    ビーグレンは、人により効果が感じられないという人もいますが効く人にはものすごく効果を感じられるみたいですね。

    危険だと言っている口コミはなく、私自身ビーグレンを使用していて危険性を感じたことは一度もありません!

    シリーズの単体で使ってもあまり効果が出ないかもしれないので、やはり洗顔料からトータルでビーグレンを使ったほうが効果を実感しやすいでしょう。

    化粧水などが浸透するためには、まず顔の毛穴の汚れをきれいに除去することが大切ですから、クレイの洗顔料で毛穴の汚れまで一掃してからがいいでしょうね。

    ビーグレンを3年以上使ってみた正直な感想(わたしの口コミ)

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ・洗顔→気持ち良い!サッパリする!(泡立ちが少ないから慣れが必要)

    ・化粧水→じわっと肌に染み込む

    ・Cセラム→付けた時ちょっと熱を感じたけれど、すっと馴染む

    ・仕上げのホワイトクリームもべたべたしないで良い感じ

    何より、次の日の朝化粧ノリが違います!

    口コミでも多い意見だけどこれは使ってみなくては分からない感覚かも?最近は肌が綺麗と言われる事が増えました!

    年齢よりかなり若く見られます(嬉しい)

    シミは一時期濃くなる時期がありましたが、それがシミが薄くなる兆しのサインでした。その後は本当に日々薄く目立たなくなってきました!

    シミ・くすみ・大人ニキビ・しわ・たるみ・エイジングケア・毛穴ケア・目元ケア…。

    一つ使ったあと、全部試してみたくなりました♪もちろん全部試してもOK!

    良くあるお試し後の営業電話は一切かかって来ませんでしたよ☆

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット

    ビーグレンのCセラムでかゆみ?

    Cセラムで痒くなったという口コミを見ました。

    口コミで、「Cセラムを使ったらかゆみが出た」というのをみたんですが、使ってみてそんな症状はありましたか?

    26歳 女性 全く問題ありませんでした。

    私もビーグレンの口コミを眺めていて気になった部分が、

    「Cセラムを使ったらかゆみがでた」

    っていう書き込みです。いくら効果のある商品でもかゆみが出てしまったら意味がないですよね。

    だから今回の書き込みはかなり不安に思いました。その真相を確かめないとビーグレンを紹介したくても紹介できないなと。

    一応ずっとCセラムを使っていたんですけど、私の肌には異常は出ませんでした。「かゆみって何?」って感じでしたね。特に肌への刺激が強いって感じもしなかったので、大丈夫な商品だと思いますよ。

    ただ、これはCセラムに限った事ではないですけど、どんな化粧品も個人差があるので、実際に使ってみて「肌に合わないな」と感じた時は直ぐに使用をやめた方がいいですね。

    多分、Cセラムでかゆみがでたって書き込んだ人は、Cセラムとお肌の相性が悪かったのだと思います。

    というわけで、Cセラムでかゆみが出たという口コミの真相は基本的にウソとなります。全くのウソではないので三角といったところでしょうか…。

    ビーグレンのCセラムは朝使うと化粧がよれたりしませんか?

    朝使ってお化粧がよれたりしませんか?

    44歳 女性 朝、ニキビケアをしっかりしてからメイクしても化粧に影響はなかったです。

    「女性にとっておすすめの化粧品はない?」って聞かれた時、私は一番にビーグレンをお勧めすると思います。その理由が化粧との相性!

    ニキビケア化粧品は大体朝と晩の2回を使う事になります。夜はメイクを落とした後だから全く問題ないんですけど、朝が困るんですよね。

    頑張ってお手入れをして、いざ化粧…となっら「あれ。化粧がよれる!」ってな具合に(汗)今まで結構そういった事があったので、今ではニキビケア化粧品を使う時に化粧がよれないかのチェックは絶対にします。

    でもまあ…チェックしたところで大体は化粧のよれてしまうアイテムばかりですが。

    でも、ビーグレンは違いました。朝起きてニキビケアをしっかりしてからメイクをしても化粧に影響がありませんでした。ちょっと感動(笑)

    ビーグレンって普通のニキビケアとは真逆な感じの商品だから、女性の化粧の事まで考えていないってイメージがありました。それなのに、実際に化粧をしてみると化粧に影響がないので驚きです。

    「朝に使っても化粧に影響のないニキビケア商品を使いたい!」と思っている方はビーグレンを使うのが一番良いと思いますよ♪

    ビーグレン返金保証つき?どういう場合が対象なの?

    トライアルセット買いたいけど、もしダメだったときの事を思って思いきれません。27歳 女性 

    そうですね。初めてのコスメって勇気いりますよね。

    ビーグレンには返金保証があるので、もしダメでもお金は返してもらえます。

    ちょっと意外だなって思ったのがビーグレンの返金保証なんですよね。

    あれだけ強気にPRしているのだから返金保証ないと思ってたんですよ。でも、ビーグレンには返金保証がついていました。しかも凄いんです。

    普通、返金保証って30日なんですよね。でも、ビーグレンって365日以内なら返金OKなんです!

    これって凄くないですか?商品を買ってから1年間は返金に応じてくれるんですよ?しかも、トライアルセットに限らずビーグレンで販売されている全商品が対象になっています。

    太っ腹と言うかどこまでも強気と言うか…。

    でも、この強気の姿勢もビーグレンを使ってみて納得です。

    これだけ商品の効果が高くて返金保証があっ、てリスクなしで試す事が出来れば多くの人が買うでしょうね。買って使えば効果を実感出来るわけだから返金率も高くないはずです。

    この返金保証は、肌と合わなかった人のことを考えて付けているのではないでしょうか。そう考えるとビーグレンのメーカー姿勢に好感が持てますね。

    コスメのお試しを失敗したときって、う肌のダメージだけでなく、合わなかった・・ムダなお金を払ってしまった・・という精神的なダメージもあるもの。

    ビーグレンの返金保証では精神的・金銭的なダメージは少なくともいくぶんは回避できそうです。

    ビーグレンの危険性まとめ

    ここでは、ビーグレンの危険性について書いていきました。

    ビーグレンにはハイドロキノンを使用したものもありますが、危険性はなく安全性の高い製品となっています。

    ビーグレンは長年多くの方に支持されているスキンケアに特化した製品ですのでお肌のトラブルが気になっている方にぜひ使用してほしいものとなっています。

    返金保証もありますのでこの機会に試してみてくださいね☆

    ビーグレン 口コミ 効果 トライアルセット
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    Contents